何かあったときに表示します。

表示が早い日の丸サッカーおでん(携帯版)へ

今日の運勢 :今日も運が良い。

サッカーおでんの秘密基地(YouTube)開設。
君が登録してくれると私は嬉しい。

食べ放題で学ぶ正常な指導者と異常な育成環境

  1. TOP
  2. 心のお手入れ
  3. 食べ放題で学ぶ正常な指導者と異常な育成環境

刺激の強い表現が含まれるため、精神面に不安がある人や体調が良くない人は読むのを避けてください。

また、刺激的な表現を避けた方が好ましい人(子供が生まれる予定の人や子供が生まれたばかりの人等)は読むのを避けてください。(読まないという選択肢をおすすめします)

入学試験やサッカーの試験がある等、精神が安定している方が好ましい人は、読むのを避けてください。(精神の安定を優先して読まないという選択肢をおすすめします)

子供、罰、洗脳、破壊という単語が出てきます。読んでいて少しでも気分が悪くなった場合は、読むのを中止してください。続きを読むのは避けてください。

不幸や負傷、命を失うことも扱っているため、何か不安がある場合は読むのを避けてください。

人によっては過去の出来事を思い出す可能性があるため、「読まない方が良い」と感じるなら自分の直感を信じて読むのを避けてください。

ここで触れる内容は「精神や肉体が健康で知識があり心の回復力が非常に高い人を対象としています。気分が悪くなったら、速やかに読むのを中止してください。

「頭がおかしい人が、変なことを言っているだけ」です。

無理に読む必要はありません。

読み終わるまで5時間から8時間必要かもしれません。

今回扱う内容を簡単に紹介
(問)日本人の不幸を望む人が、日本人選手の成長を助けることはあるのか
(答え)邪魔することはあっても、助けることはないだろう。

選手が順調に育つには正常な指導者と素晴らしい育成環境が必要です。指導者と環境に恵まれるといいのですが、運が悪い選手もいるでしょう。指導者や環境に恵まれなかった人でも才能を伸ばせるように、食べ放題で上達が早くなる条件を確認するといいです。

苦しい状況でも希望を失っていない選手に、サッカーおでんが上手くなるコツとエールをおくります。サッカー以外のことでも活用出来る知恵なので、他の競技を行っている人や保護者にもおすすめです。(ただし、気分が悪くなったら読むのを中止してください)

食べ放題とは何か、食べ放題を正しく楽しむ方法を確認して、正常な指導者と異常な指導者の違いを説明します。異常な環境では才能がある選手も潰れてしまう。正常な指導者と健全な育成環境が選手を伸ばす。食べ放題で学ぶ正常な指導者と異常な育成環境を読んで正常な早さで成長してください。

  • 目的
  • 食べ放題を使って正常な指導者と異常な指導者、正常な育成環境を確認する
  • 理由
  • 異常な指導者に妨害されずに正常な早さで上達するため

1、食べ放題とは

「食べ放題」とは何か。
食べ放題とは、決められた時間内なら様々な注文が出来る食事法のこと。
飲食店の利用方法の一つと考えるといいでしょう。

食べ放題の簡単な説明をしておきます。
「食べ放題」とありますが、「利用出来る時間」が決まっています。
一度食べ放題を利用したからといって、いつまでも注文が出来るというわけではありません。

食べ放題の流れを説明した絵

食べ放題は「決められた時間内」なら色々な注文が出来ます。
「注文出来る時間」は「食べ放題を利用出来る時間(お店にいる時間)」よりも短いことが少なくありません。(上の図の「注文(注文出来る時間)」と「食事(食べ放題を利用出来る時間)」の矢印の長さの違いに注目)

食べ放題の簡単な流れを紹介すると次のようになります。

  1. 食べ放題の流れ
  2. 食べ放題を利用する(開始)
  3. 好きな料理を自由に注文する
  4. 最後の注文(いわゆる、ラストオーダー)が出来る時間
  5. 食事のみ出来る時間(注文は出来ない)
  6. 食べ放題が終わる時間

「食べ放題」を利用するときは、「最後の注文が出来る時間(下の図イ)」を意識する必要があります。
「料理を注文出来る時間」が「食べ放題を利用出来る時間(お店にいる時間)」よりも短いのは、「注文した料理を食べる時間が必要だから」と考えるといいです。(下の図2の本番に注目)

食べ放題の流れを説明した絵

「最後の注文(上の図イ)」から少しして、「食べ放題」が終了します。

ここまでは簡単ですね。
細かい部分は気にしなくて良いです。
流れを簡単に確認するだけで問題ありません。

「食べ放題」の知識を使って、サッカーが上手くなる理想的な環境を説明します。
ここで扱う内容は、他のスポーツや習い事(趣味も含む)、人間関係でも利用出来ます。

スポンサーリンク

2、食べ放題を正しく楽しむ方法

食べ放題を正しく楽しむ方法を知っていますか。
「正しく楽しむ」と言うと、大げさかもしれませんね。
上手に利用する方法と考えてください。
難しいことは考えず、一般的な注文方法で構いません。

  • 食べ放題を正しく楽しむ方法

食べ放題を楽しむには、「注文出来る時間」を意識する必要があります。
「注文出来るとき」に食べたい料理を頼む。
これが「食べ放題を正しく楽しむ方法」です。

食べ放題の流れを説明した絵

難しいことは全く言っていないでしょう。
食べたいものがあるなら、「決められた時間(上の図イ)」までに注文する。

「スポーツをしたことが無い人」も理解出来るでしょう。

スポンサーリンク

3、正常な指導者と異常な指導者

世の中には「正常な指導者」と「異常な指導者」がいます。
サッカーを始めるときに「正常な指導者」と出会えるといいのですが、残念ながら指導者に恵まれないこともあるかもしれません。

「異常な指導者」だと本来得られるはずだったものが得られません。(例、成長や自信。「正解」が指導者の気分で変化する環境では成長出来ない)

「正常な指導者」と「異常な指導者」という言葉の意味は理解出来ても、具体的にどのような違いがあるか想像出来ない人も多いはずです。

「正常な指導者」と「異常な指導者」の違いを明確にするために、「食べ放題」を使います。

  • 正常な指導者とは

「正常な指導者」とは「選手に敬意を払える人」のこと。
「相手の考え」を尊重出来るので、「選手が食べたい料理」を注文しても全く問題ありません。

「遠慮している選手」がいたら、「好きな料理を頼んで良い」と言うでしょう。
「控えめな選手」でも「正常な指導者」と一緒なら、好きな料理を楽しめます。

食べ放題の流れを説明した絵

「正常な指導者」は「食べ放題」を理解しているので、「選手」に「食べ放題の楽しみ方」を教えてくれる。
「自分の考えを言わない選手」には「考えを伝えること(注文)は正しい」と教えてくれる。

「遠慮がちな選手」も「自分の意見(好きな料理)」を言えるようになる。(自分に自信が持てる)

正常な指導者は選手に敬意を払えるので、選手の意見(好きな料理)を否定しない。

正常な指導者は、選手の話も聞く。
声を出すのは指導者だけでは無い。選手も自分の意見を言葉にする。

  • 異常な指導者とは

さあ、お待ちかね。「異常な指導者」について。

「異常な指導者」とは「日本人選手に敬意を払わない人」のこと。
「相手を服従させよう」とするので、「選手が食べたい料理(選手の意見)」は存在してはいけない。

食べ放題の流れを説明した絵

「好きな料理を選手が注文する」と説教されるため、「自分の意見」を言えなくなります。
「食べ放題を理解している選手」でも「異常な指導者」と一緒なら、食べ放題を楽しめない。

「食べ放題を理解している選手」が食べ放題を楽しめないのは、「好きな料理を注文する」と「異常な指導者」が激怒するから。
たとえ「選手」が正しくても、「指導者が異常」なら「選手の正しい行動が間違った選択」になる。

「正しい行動(注文)をした選手」を「異常な指導者」は何度も何十回でも否定するでしょう。
「選手の心」を完全に破壊しても、徹底的に攻撃するはずです。
「食べ放題」に行く前は正しい判断が出来た人でも、食事が終わったら選手としての判断力を失うでしょう。

なぜならば、「異常な指導者」が「選手に判断力を放棄することを強制するから」です。(いわゆる「考える力」を要求するから。言われなくても「指導者だけが気持ち良くなる答え」を出せという意味)

「異常な指導者」は「食べ放題」を利用して、「選手を自分が気持ち良くなるための道具」にする。
「異常な指導者」は「食べ放題」を理解していないので、「選手」から「食べ放題の楽しさ」を奪う。

悪質な指導者だと、「食べ放題の楽しみ方」を知っているのに、「日本人選手を不幸にするため」に「苦痛」を与え続ける。(気に入らない選手には注文をさせない等

「積極的な選手」でも「自分の意見(好きな料理)」を言えなくなる。

異常な指導者は日本人選手に敬意を払わないので、選手の意見(好きな料理)を否定する。
「指導者の意見」を受け入れるように「選手に強要(きょうよう)」する。
選手が自ら考えて行動すること(注文)を禁止する。
「異常な指導者」は「ルールをねじ曲げて正解を不正解にする」

強要(きょうよう)
無理やり相手にさせること。

異常な指導者は、選手の話を聞かない。
声を出すのは指導者だけ。選手を包む指導者の罵声。

今まで活発だった子供が暗い表情をしているなら要注意。
元気だった選手が急に明るさを失い、世界に絶望したような顔をしているなら非常に危険です。
子供達が「死者が出てもおかしくない環境」でサッカーをしていないか、周りの大人達が速やかに確認すべきです。

  • 食べ放題は好きな料理を注文して良い

「食べ放題」は好きな料理を注文して良いのですが、「指導者の質が悪い」と食べたい料理が禁止されてしまう。
「行動したい(注文)」と思っても、毎回「異常な指導者の許可」が必要。

「異常な指導者」が一緒だと「食べ放題」が「お腹を満たす時間」ではなく、指導者の顔色をうかがう時間になってしまう。

「異常な指導者」が一緒だと、メシがマズくなる。

「食べ放題」で「注文」をしないで何をするのか。

スポンサーリンク

4、異常な環境では才能がある選手も潰れてしまう

「異常な環境」では「才能がある選手」も潰れてしまいます。
「才能がある」では説明が難しいので、「好きな料理を注文出来る」なら「才能がある」としましょう。

これから扱う「才能がある」とは、好きな料理を注文出来ること。

  • 正常な環境で食べ放題

「正常な環境」なら「食べ放題」を楽しむことが出来ます。
「好きな料理」を自由に注文出来ると考えるといいです。

食べ放題の流れを説明した絵

「才能がある選手」は「好きな料理」を注文出来るので、お腹だけでなく「心」も満たされるでしょう。

次の「食べ放題」が待ち遠しくなるはずです。

「正常な環境で育つ選手」は、「食べ放題が上手(注文が上手)」になる。

「正常な環境」では「選手の表情」が明るい。

「次に何を食べるか」を考えるのが楽しくなり、自分から「注文出来る料理」を調べるようになる。

食べ放題が中止になると選手は悲しむ。

  • 異常な環境で食べ放題

「異常な環境」では「食べ放題」を楽しむことが出来ません。
「好きな料理」を選ぶ(注文する)と「罰」を受けるので、「注文しない選手」が増えます。

「指導者側が許可した料理」なら「罰」を受けることはありません。

食べ放題の流れを説明した絵

「異常な環境」で「失敗」すると「罰」を受けますが、「成功」しても「良いこと」は無い。
「行動する(注文)」と「罰を受けるか何も無いか」になるため、「冷静な判断力」で「行動しない方が得だ」と考えるでしょう。

  • 異常な環境で得られる2つの結果
  • 失敗すると罰を受ける
  • 成功しても何も無い

「異常な指導者が激怒している時間」に勝手に行動したら「罰」に巻き込まれる可能性があります。
たとえ自分が「罰」を受けていなくても「行動しない方が安全」です。(他人の罰に巻き込まれるから)

「異常な環境」は正解が変化するため、「昨日は問題が無かった行動」が「今日は大間違い」になることがあります。
「正解が指導者の気分で変わる」と何が正解か判断出来ないため、「行動するのが怖くなる」

「正解が指導者の気分で常に変化する環境」だと、「正解」を目指すより「失敗を避ける」ことを優先します。

「ルールが隠された環境」だと何が問題になるか分からないため、行動するのが怖くなる。

食べ放題が中止になると選手は喜ぶ。


「何をしたら罰を受けるのか」と「どの程度の罰を受けるか」が分からないと、何をして良いかが判断出来ないため、「一番良い生き方」が「何もしないこと」になるでしょう。

例として「卵料理を食べると罰を受ける」とします。
「卵料理」には様々なものがあるため、「何を食べると罰を受けるか」が判断出来ません。

「玉子焼きを食べた人」は何も罰を受けなかったのに、「目玉焼きを食べた人」は罰を受けたとします。
多くの人が見ている前で「目玉焼きを食べた人」が罰を受ける。
「与えられる罰」が大きいほど「目玉焼きを食べない人が増える」でしょう。

「目玉焼きを食べると罰を受ける」と考えて「ゆで卵」を食べたとします。
残念なことに「ゆで卵を食べた人」も罰を受けた。

このようになると「過去に罰を受けなかった玉子焼きを食べる」か、「卵料理を全く食べないか」のどちらかになるはずです。(冒険をしない生き方)

「玉子焼き」を食べても問題無いといいのですが、「何をしたら罰を受けるか」が明確ではないため、「本当に玉子焼きを食べても良いのか」判断出来ません。

昨日までは「玉子焼き」を食べても問題が無かったのに、「急に罰を受ける」ようになったら、「何が正解か」全く分からなくなるでしょう。
ここまで来ると「何もしないことが正解」になります。

「卵を食べる」ことよりも「自分の命を守ること」を優先するからです。(リスクを恐れる、チャレンジしない、積極性が無い選手の作り方。完全に指導者の責任です。)

例えば「国」が「国民を罰する」とき、「何が問題か」を知らせないと「罰に怯えた国民」が「何もしない」という選択肢を選ぶでしょう。
「罰が重い」ほど、「慎重に生きる」はずです。
「慎重に生きる国民が増える」と「悪い行為」だけでなく「良い行いも減る」でしょうね。

なぜならば、「国民が良い行いだと思って行動しても罰を受けるかもしれないから」です。

「国民の活動が減る」と「国」の状況が変化します。
「国を発展させる(良いものを生み出す)」のは「国民」なのですから、「国民に積極的に活動してもらう」必要があります。
「国は国民に動いて欲しい」が、「国民は罰を受けたくないので動かない」

「国の希望」と「国民の希望」を同時に叶えるには、「何をしたら罰を受けるか」を知らせるといい。
「何が悪いことかを理解した国民」は「自分が良いと思う行いをしても罰を受けない」と分かるので安心して行動出来るようになり、「自信を持って別の国民のため」に活動するでしょう。

「国民」に積極的に活動して欲しいなら、「何がダメなのか」を知らせる必要があります。
「何が罪になるのか」、「どのような罰を受けるのか」を隠したままだと、「健全な生活は出来ない」

「気に入らない相手」を「好きなとき」に「好きなだけ痛めつけたい」なら、「何が悪いことか」を知らせてはいけません。
また、「正しい行い」を教えるのもいけません
「罰を与える基準を知られてしまう」と「その日の気分で相手を罰することが出来ないから」です。

「独裁者」は「気に入らない相手」を「自由に罰する」ために、「正解と不正解」を教えない。
「異常な指導者」が「正解を教えない」のは「日本人選手を自由に罰するため」(恐怖で人を支配しようとする)

「どんなに言い訳」をしても、「異常な指導者の醜い欲望」は隠せない。
「死なない程度に選手を痛めつける」のが「異常な指導者」でしょう。

「死者が出る」と「警察官(外部の人間)」等に悪事が知られてしまうので、「死者が出ないように罰を調整する」でしょうね。(外部とのつながりが無い環境は非常に危険な状態になりやすい)

「異常な指導者」が「外部の人間が入ることを嫌う」のは、「外部から正常な価値観」が持ち込まれると「育成環境が異常だと選手に気付かれてしまうから」

「選手のためだ」と主張するなら、「選手に正解を教えても全く問題無い」はずです。(試験の答え合わせや、採点等)
「選手の判断で行動して欲しい」なら、「何をしたら罰を与えるのか」、「罰を与えるべきだと思う理由」、「罰を与えられる法的な根拠」を「選手の保護者」等、外部の人間も含めて最初に説明すべきでしょう。(「罰を与えるな」という意味です)

一般的なルールでは「罪になる行為」でも、「指導や教育だ」と主張すれば「罰を受けない(逮捕されない)」のなら、「異常な指導者」にとって「指導者という立場」は「絶対に辞めたくない最高の環境」ですよね。

「サッカーおでん(本家を含む)」は「サッカーの専門家」であって、「法律等の専門家では無い」ので、詳しいことは「詳しい人(プロ)」にお聞きください。

「罰」について興味があるなら「罪刑法定主義(ざいけいほうていしゅぎ)」で検索すると面白いでしょう。

  • 積極性を潰すことで興奮する殺人犯

例えば、負傷者がいるとします。

他者に優しく出来る人が負傷者を助けようと全力を尽くしたが、残念ながら負傷者は命を落とした。
このとき、負傷者を助けた人は罪に問われるのか。

負傷者を助けようとした人は、相手の命を大切にする性格です。
医学等の専門知識は無くても、自分が出来ることを行ったのならば、問題が無いように思えます。
人を助けようとしたが結果的に助けられなかったことは、罰を受けるようなことなのでしょうか。

日本人が持つ価値観では、負傷者を助けようとした人は殺人犯にならないでしょう。
しかし、日本人と価値観を共有しない東アジア系(日本国籍取得者も含む)は、罰を与えろと言うはずです。

なぜ、東アジア系(日本国籍取得者も含む)は、負傷者を助けようとした人に罰を与えたがるのか。
答えは簡単です。
日本人の不幸で興奮したいから。

この異常さに気付くでしょうか。
体育会系は分からないでしょうね。
人の心が分かるスポーツ選手なら気付けるかもしれません。

人の死で興奮したい殺人犯は、負傷者が助かると困ります。
負傷者が命を落とすところが見たい指名手配犯は、負傷者を助けようとする人が邪魔です。
異常な指導者は、負傷者を助けようとする行為に腹を立てるでしょうね。

この意味が分かりますか。
サッカーや他のスポーツでも、全く同じことが起きていますよ。

誰かを助けようとする人は、悪い人でしょうか。
違いますよね。日本人の価値観で考えると、困った人を助けようとする人は良い人でしょう。

しかし、日本人の不幸で興奮したい異常な指導者は、人助けをする人は悪人だと考えるでしょう。
その理由は何か。
なぜだか分かりますか。

なぜなのかは、負傷者を助けようとした人が何をしたのかを考えると理解出来ますよ。

負傷者を助けようとした人は何をしたか。
まず、負傷者を発見しました。
負傷者を発見するとは、周りを見るということ。
周りを見るとは、周りに興味を持つということです。

周りに興味を持っているから、負傷者の存在に気付けます。

では、負傷者の存在に気付いたあとに何をしたのか。

負傷者の存在に気付いたあと、実際に助けようと動きましたね。
単純に考えても、これだけのことをしています。

  • 負傷者を助けようとした人がしたこと
  • 周りを見る、周りに興味を持つ
  • 負傷者を発見する
  • 負傷者を助けるために行動する

ここで注目して欲しいのが、負傷者を発見したあとの出来事。
負傷者の存在に気付いたあとに何をしたのか。
自分の判断で行動しました。
誰かに命令されたのではありません。
自分の意志で判断し、行動しました。
これを、自分で考えて行動したと言うでしょう。

一般的には、判断力があり積極的に行動出来る人と呼ぶでしょうね。

人を助けようと、自分の判断で積極的に動くことは悪いことでしょうか。
悪いことではありませんよね。
負傷者を助けようと努力したが、残念な結果になってしまった。
これは、責められるようなことでしょうか。

違いますよね。
責められるようなことではありません。

自分の判断で負傷者を助けようとし、実際に行動した。
この行為は、褒められるべきことでしょう。

当たり前のことを言っていると感じるかもしれませんが、何が問題なのか。
どこが問題か分かりますか。

一般的に考えると褒められるべきことでも、サッカーや他のスポーツ等では、負傷者を助けた人が罰を受けていないか。

自ら判断し行動出来る選手は積極性があると評価されるはずですが、日本人が本来の積極性を発揮しようとすると罰を与えようとする指導者が多い。

人助けをしても負傷者が死亡したら罰を受けるなら、見殺しにするのが正解になりますよね。
この考え、どれだけ異常か分かりますか。
これを理解すれば、サッカーだけでなく他の競技の指導者達が日本人と価値観を共有していないことが分かります。

負傷者の存在を知っていながら放置した人は罰を受けず、助けようとした人が罰を受ける場合、どのようなことが起きるか。

誰も人を助けない。
人助けは悪いことだと学習しますね。
助けないことが正しいと判断するでしょう。

負傷者を放置した人が実は殺人犯だった場合、犯人は罰を受けず、助けようとした人だけが罰を受ける。
これでは正義はありませんよね。
社会が混乱するでしょう。
日本人の不幸を望むなら、混乱を引き起こす状況を増やそうとするでしょうね。

異常な指導者が人助けをする人を悪人だと考える理由は、日本人の不幸を減らすために行動するから。社会を混乱させた方が悪いことをしやすいため。

異常な指導者が、指名手配犯を支援していないか。
先生達が、逮捕された人達と一緒に行動していなかったか。
サッカー以外のこと、日の丸や君が代のことも勉強していますか。

言葉では積極性を要求するが、積極的に動こうとすると罰を与える。
このような指導をしていないか。
殺人犯が自分で子供の命を奪っておきながら、最近の子供は死亡しやすいから困ると言ったらおかしいですよね。
異常な指導者がしていることは、これと同じですよ。

味方を助けようとした選手を罰するのは、「誰も生き残るな、お前ら全員命を落とせ」と言っているのと同じ。
日本人の不幸で興奮するために指導者をしているのかもしれません。

変なことばかり言う人は、周りから相手にされません。
自分の指導者が外部の大人から相手にされているか確認するといいでしょう。

教師や報道関係者、政治家等が日本国民からどのような扱いを受けているか調べるのもいいかもしれません。
まともな人は、まともな扱いを受けます。
犯罪者を歓迎するのは同じ犯罪者集団ぐらいでしょう。

人助けをするな、他人は見殺しにしろと教育されて、まともに育つ方がおかしいと思います。
相手が日本人と価値観を共有しているか、一度考えた方がいい。

指導者を無条件で崇拝するのはおすすめ出来ません。

負傷者を助けた人ですら罰を受けるなら、負傷者を助けようとしなかった人は、より重い罰を受けないとバランスが取れませんよね。
指導の現場では、どうですか。
おそらく、見殺しにする人ほど罰を受けないでしょう。

たとえ、残念な結果になったとしても、誰かを助けようとした人は守られるべきではないか。
味方を救うため、チームを勝たせるため、シュートを撃つ。
味方を助けるため、チームを守るため、ゴール前で身体を投げ出す。

誰かを助けようと思っても、実際に行動するのは非常に難しい。
誰かを助けようと行動した人は、たとえ望むような結果が得られなかったとしても素晴らしいものだと思います。

誰かを守るために行動する。
シュートが外れても、オウンゴールをしたとしても、誰かのために行動した事実は変わりません。

その場で行動に移すこと、味方が助けを必要としているときに遅刻せずに駆け付けることの難しさを考えると、誰かのために振り絞った勇気は、称賛に値するものだと思います。

もしも、私が誰かを罰するならば、指導者でしょうね。
日本人が生まれ持つ勇敢さを十分に発揮出来るような環境を用意しなかった罪。
私が独裁者なら指導者は死刑。選手は無罪。

負傷者を助けようとした人に関する詳しい話は、「善きサマリア人の法(よきさまりあびとのほう)」で調べると面白いでしょう。
詳しい内容は専門家にお聞きください。

  • 異常な環境の恐ろしさ

「異常な環境」の恐ろしさを理解するために、2組みの家族を用意します。
2組みとも食べ放題を利用するのですが、「親のルール(正常か異常か)」を変えて子供の反応を考えます。

「食べ放題を楽しむ」のが「正常な家族」、「食べ放題を子供を痛めつけるための道具にする」のが「異常な家族」とします。

  • 食べ放題の使い方
  • 正常な家族「食べ放題は楽しむもの」
  • 異常な家族「食べ放題は子供を痛めつけるための道具」

支払いは親が行うので金額は無視出来るものとします。
2組みとも注文が出来る時間等、利用時の条件は同じ。

「正常な家族」は「子供の幸せ(満腹)」を願い、「異常な家族」は「子供の不幸(空腹)」を望むという条件で比べます。

  • 楽しいはずの食べ放題

「食べ放題」では制限時間内なら「好きな料理」を注文出来ます。
これは「食べ放題のルール」

  • 食べ放題のルール
  • 制限時間内に注文する
  • 注文した料理を食べる
食べ放題の流れを説明した絵

「正常な家族」は「食べ放題のルール」で食事を楽しむ。
ここまでは簡単ですね。
問題は「異常な家族」

「異常な家族」は「子供に罰を与えることを優先する」ので、「子供に罰を与える理由」を探します。(悪いところばかり探そうとする)
例えば、「注文時の声が小さい」、「店員を呼ぶときの姿勢が悪い」、「料理の読み方を間違った」等。

「注文は大きな声で行う」、「良い姿勢で店員を呼ぶ」、「料理の読み方を間違ってはいけない」というのは「異常な家族のルール」であって、「食べ放題のルールではありません」

  • 異常な家族(指導者)のルール
  • 注文は大きな声で行う
  • 良い姿勢で店員を呼ぶ
  • 料理の読み方を間違ってはいけない

「子供が失敗」したら「罰」として「手を叩く」とします。

子供は「親」を怒らせたら「痛い思い」をする。
何度も「罰」を受けていると「注文するのが怖くなる」でしょう。
「真っ赤にはれあがった自分の手」を見て、「また注文したい」と思う子供はいないはずです。

子供が「何もしない」という選択肢を選ぶと「罰」を与えられないため、「子供が失敗する」ように「どうでも良いこと」を言い出す。(異常な家族のルールを追加)

「食欲(やる気)が無い」、「料理を食べるときの手首の角度が悪かった」、「軸足の位置が悪い」等、「親からの要求」が増える。
「罰を与える理由」が無いならば作ればいい。

  • 異常な家族(指導者)のルール
  • 注文は大きな声で行う
  • 良い姿勢で店員を呼ぶ
  • 料理の読み方を間違ってはいけない
  • 食欲(やる気)が無い
  • 料理を食べるときの手首の角度が悪かった
  • 軸足の位置が悪い

「親からの要求」が増えても、全て叶えたら問題無いと考える人もいるかもしれません。
最初は頑張るかもしれませんが、すぐに「親のルール」に気付き「悲しくて正しい判断」をするでしょう。

「あたりが無いクジ」は楽しめない。

「異常な家族」は「子供に罰を与えるために食べ放題を利用する」ので、「子供は何をしても否定される」
このことに気付いた瞬間、どうでもよくなる。

「食べ放題」が始まる前は「大好きだった料理」も、「食べ放題が終わる」ころには「自分に苦しみを与える存在」になってしまい、いつの間にか「嫌いな料理」になるでしょう。

「子供を傷付ける」のは「異常な親」なのですが、「親を嫌いになる」のではなく「好きだった料理を嫌いになる」
「親を嫌いたくない」という「子供の優しさ」が、そうさせるのでしょう。

  • 周りが子供を助けたら

「異常な家族」を見た人が、「親」に注意したとしましょう。
「食べ放題は楽しむためのものであって、子供を傷付けるためにあるのではない」
このように発言して、「子供への罰」が無くなったとします。
これで問題は解決するでしょうか。

残念ながら状況は良くならないでしょう。
「注意した人」が近くにいるときは「親」は静かにしているかもしれませんが、「親を注意する人」がいなくなったら「子供への罰」が再開されるでしょう。

「罰」が減るといいのですが、おそらく増えるでしょうね。
「お前のせいで恥をかかされた(恥をかいた、ではないことに注目)」等、「罰を与える理由」が増えるはずです。
「注意されたこと」に腹を立て、「子供への攻撃」がより激しくなるでしょう。

「異常な家族」と一緒にいる時間が長くなると、「自分を助けてくれる人」を迷惑に思うかもしれません。
「親が注意される」と「自分への罰が増える」ので、「正しいことを言う人」を嫌うかもしれません。

周りから見れば「子供を助ける良い人」なのですが、「子供」から見たら「罰を増やす原因を作る悪い人」になるでしょう。

ここまで来ると、「正常な状態」に戻すのが難しいはずです。

なぜ、難しいのか。
答えは、簡単です。
「異常な環境に染まった子供」は「自ら不幸になることを求める」からです。

自分の命を奪おうとする加害者を守り、犯人を捕まえようとする警察官を攻撃するような異常さ。
被害者が加害者を守り、味方を攻撃するようなもの。

「不幸な状態で育った子供」にとっては「不幸なことが正常」です。
人は「知らないこと」よりも「知っていること」の方が安心することが珍しくありません。
その「知っていること」が小さい頃から続いているものであるならば、「例え罰であっても安らぎを覚える」でしょう。

何が言いたいか分かりますか?
「異常な状態」に染まってしまうと「幸せを求める」のではなく、「不幸を望む」ようになる。
「異常な環境で育った子供」にとっては、「不幸であることが幸せ」になる。

「何をしてもムダだ」と思ってしまうと、「怒られないために生きる」ようになる。
「怒られないように生きる」とは、「自分の意見を捨てる」ということ。

「食べ放題」なら「料理を注文しない」で「時間切れ」を待つのと同じ。
「サッカー」なら「シュートを撃たない」のと同じ。
正常な判断ではありませんよね。

「食べ放題で注文しない人」や「シュートを撃てる場面で撃たない人」は、何をしに来ているのか分かりません。(選手の育った環境を想像すると、自分を守るための知恵だと理解出来ます)

「選手が正常な判断をしない理由」は、「選手の育ち(指導者の質)」を確認すると理解出来ます。(リスクを恐れる選手の育ち方には共通点があるはずです)

危険な環境で育った選手が多いのでしょうね。

「あたりが無いクジ」を何度も引く人はいない。
選手が「クジを引かない」のは「やる気が無いから」ではなく、「あたりが無いから」

「ダメな選手がいるのではなく、選手を破壊した下手で無能な指導者がいるだけ」

あたりが入っていないと思う人は、お祭りのクジを引かない。

  • 環境が変わっても……

「異常な環境」で長期間過ごすと「異常な状態を求める」ようになるでしょう。
「進学」等で「正常な環境」になっても「異常な環境」に変化させようとする。

「異常な環境で育った選手」が影響力を持つと、他者に「罰」を与えるようになる。
「罰」で苦しむのが当たり前だと主張し、「選手を助けようとする人」を排除する。
最初は「正常だった環境」も「異常な環境で育った選手」が偉くなるにつれて「異常な環境に変化する」でしょう。

「異常な環境」が当たり前になると、「選手同士で潰し合い」を行う。(「異常な指導者」が選手同士で潰し合うように教育するため)
「異常な指導者」と一緒になって「選手を壊す道」を選択した人が「次の異常な指導者」になるでしょう。

「選手」が「別の選手」を潰そうとするのは、「自分や周りの命を奪おうとする加害者」に協力して、警察官の捜査を妨害するようなもの。
苦しんでいる味方を背後から撃つような異常さ。

次の犠牲者は自分かもしれないのに。

スポンサーリンク

5、正常な指導者と健全な育成環境が選手を伸ばす

「サッカー」は「選手の発言力(判断力)が求められるスポーツ」

「食べたい料理を注文」して「お腹と心」を満たすことが「成長」につながる。
「正常な指導者」と一緒なら、「食べたことの無い料理」を頼んで失敗しても、「良い想い出」になる。

食べ放題の流れを説明した絵

「正常な指導者」と「健全な育成環境」がそろうことで、はじめて「正常な早さ」で成長出来る。
選手は「自分が成長することに集中するため」にも、「正常な指導者」と「正しい育成環境」を探す必要がある。

「成長が早い選手」と「成長が遅い選手」がいるのではなく、「成長を妨害する指導者がいるかいないか」の違い。
「気に入らない選手の成長を邪魔する」ことで、「お気に入りの選手」を「才能がある」ように見せかける。

「育てる能力が無い指導者」は「邪魔者」を排除することで「お気に入り」が成長しているように見せようとする。

植物を育てるときは「雑草」を取り除き、「お気に入りの植物」に「栄養と光」等を独占させる。

「選手を差別している」と気付かれると反撃されるので、「才能が無いお前が悪い」、「努力が足りないお前が悪い」等、「選手が指導者に怒りをぶつけない」ようにする。
「選手が自分自身を攻撃する」ようにすることで、「安全に日本人選手を不幸に出来る」

「悪い方の知恵」は、まわるのでしょうね。

「人間を壊す」のは非常に簡単だ。
最初に数回、「ダメだダメだ」と強く否定すれば良い。
「どこが悪いか」を教えず、質問されるたびに「ため息」をつけば完璧。
あとは勝手に壊れる。

「選手」が簡単に壊れるように、「指導者」も簡単に壊せるだろう。
どちらかというと、「下手で無能な指導者」の方が「選手」よりも壊れやすいかもしれない。

「お気に入りの選手の注文」は認めるが、「気に入らない選手の注文」は認めない。
「好きな選手には料理」を、「気に入らない選手には苦痛」を与え「差」をつける。
「食事出来る選手」と「食事抜きの選手」、どちらが活躍するか分かるでしょう。
「栄養が不足している選手」は「立ち続ける」ことすら難しい。

「成長しないのは才能やセンスが無いから?」
いいえ、「栄養不足にしようとする指導者のせい」です。

「腹」が減ったら「成長出来ぬ」

「宗教」や「新人研修」で「洗脳」のようなことを行うこともあるでしょう。
「食事」と「睡眠」を「制限する」ことで、「染め上げたい相手」を「衰弱(すいじゃく)」させます。

「衰弱(すいじゃく)」
弱くなること。

「健康」なら「相手の攻撃を跳ね返せる人」でも、「弱った状態(サッカーなら足が止まった状態)」では難しい。
「支配したい相手を弱らせる」ことで「過去の生き方を否定(サッカーなら後半で逆転する)」しやすくなり、「本来の人格」等を簡単に「破壊」出来る。
「人格を破壊した」あとは、「支配者に都合の良い人格」を植え付ける。

「支配者に従う人格」を植え付けたあとは、「新しい人格が育つ」ように「保護」する。
「支配者に全てを捧げる人格」を強くするために、「貯金やその人の時間」を奪うと、より効果が出やすいでしょうね。(こんなにお金を払ったのだから、いまさら後戻りは出来ない等)

「抜け出したい」と思ったとしても、「失ったものが大きすぎるから抜け出せない」と「本人の心に制限をかける」ことで「生贄(いけにえ)の足」を潰す。(サッカーなら飛び込んだら抜かれると思わせて守備側の一歩目を遅らせる等)

「生贄(いけにえ)」
他の選手を支配するために「苦しみを押し付けられる選手」のこと。

本人が「おかしい」と感じても、「自分が洗脳されていた過去を受け入れられない状態」にすれば、「信者」が逃げないでしょう。(自分の過去を否定するのは非常に苦しいため)

「日本人」に「悪意」を持って近付いてくる人間は非常に多いので、「進学先」や「所属先(チーム等)」、「就職先(仕事や結婚相手)」等は「しっかり調べてから選ぶ」ようにしてください。

付き合う相手は選びましょう。

「異常な指導者」は「支配したい相手を安全に弱らせるため」に「味方を呼べない環境」に誘導するでしょう。(正常な価値観に触れさせないため)
「外部との接触を禁止する」ことで、「破壊」が、より速く進みます。

「味方を呼べない環境」には、「選手同士の連絡禁止」もあります。「選手」だけでなく「学生」や「利用者(消費者)」、「社員(アルバイトも含む)」同士での連絡を禁止することで、被害者同士の情報共有を防ぎます。

「被害者を一人にする」のは「加害者側が数的有利なまま攻撃し続ける」ためです。サッカーの試合で、「一人で複数の相手と戦う」のは非常に難しいですよね。それと同じです。

「攻撃側が有利になる」ように「被害者を必ず孤立させようとする」でしょう。(孤立させようとする言葉の例。「親に言うな」「警察に通報するな」「賛成しないのはお前だけだ」「このままでは世界から孤立する」「バスに乗り遅れるな」等)

(動物の狩りを素人なりに観察すると、群れから離れた個体を狙うことが多いようです。集団の中にいる個体は狙うのが難しいですからね。動物の狩りを知っていると、攻撃側が何をしたいか予測出来るかもしれません。)

見る角度を変えると、「誰かを孤立させようとする相手(集団)」は非常に危険だということです。「周りに言うな(お前は孤立しろ)」と言うのは、「周りに知られたら不利になると理解しているから」です。

「被害者同士(将来被害者になる人も含む)の連絡を禁止する」ところは悪質であることが少なくありません。可能ならば付き合うのは避けた方がいいでしょう。(当たり前のように相手を孤立させようとするのは、過去に同じようなことを何度も繰り返している証拠です。悪い方の実績があるので非常に危険。素人がどうこうするのではなく警察官等、専門家に任せましょう)

被害者同士で協力しないように、憎しみ合うように嘘を教えることもあります。被害者Aには「被害者Bが君を馬鹿にしていた」と嘘を言い、被害者Bには「被害者Aが君の悪口を言っていた」という作り話を伝え、被害者Aと被害者Bが近付かないようにする等。(仲良くなると本当に悪口を言ったか確認されるため)

「サッカーおでん」は「精神や洗脳」等の専門家ではないので詳しいことは分からないため、「何かおかしい」と感じたら、信頼出来る「複数の人」に相談してください。

インターネット等、個人情報を出さなくても相談出来る場所で相談するのも良いでしょう。(相談相手が多いほど正常な意見と触れやすくなります。なぜその意見になるのか質問するといいです。相談相手が増えると「変な意見」とも出会いやすくなるので注意)

「命を落とす前」に「逃げましょう」

「私」が簡単に調べた範囲では、「洗脳」は「本人が育てた人格の破壊」、「白紙に戻した精神に都合の良い人格を植え付ける」、「都合の良い人格を育てる」の3段階でしょうか。

  • 本人が育てた人格の破壊
  • 白紙に戻した精神に都合の良い人格を植え付ける
  • 都合の良い人格を育てる

「相手に敬意を払う指導者」は「洗脳」を行わない。
「相手をリスペクトしていない」から「相手の人格を破壊」し「新しい人格」を植え付ける。
「異常な指導者」が「日本人選手に敬意を払わない」のは「邪魔な性格を破壊するため」でしょうね。

「選手の過去に敬意を払わない」から「罵倒する」のでしょう。
「指導者選び」は大事ですからね。
「サッカーに向いている性格」でも「異常な指導者」に「破壊」されたら意味がありません。
「サッカーが上手くなりたい」なら「自分の心を守ること」を最初に覚えてください。

「日本人選手をリスペクトしない指導者」は危険ですよ。

  • 新しい何かを植え付ける方法
  • 大木を切り倒す(相手を否定する)
  • 育てたい種を植える(都合の良い性格になるように仕向ける)
  • 都合の悪い草を排除(助けようとする人を攻撃しないと罰を与え、誰からも助けてもらえない孤立した状態にする)

ある程度育った「一番目の被害者」に「新しい大木(二番目の被害者)」を切らせることで、「被害者側」から「加害者側」にし、逃げられないようにする。(お前も加害者だと言い、冷静さを取り戻した一番目の被害者の抗議を潰す)

被害者が被害を訴えないようにする方法
例、指導者から殴られるが、被害者に後輩を殴らせることで被害者と言えないようにする。
いわゆる、服従関係。(日本人と価値観を共有しない人達は、上下関係や伝統と呼ぶ。人殺しが好む言葉)
スポーツ選手(人の心を持った人達)ではなく、体育会系(通り魔)の作り方ですね。

「大木を切らせる」ときは「指導者の命令ではなく本人が自ら選択した」と強く思わせることで、「問題が起きた」ときに「責任」をなすりつける準備(攻撃する準備)をする。(自分から「したい」と言ったのだから途中で止めることは許されない、等)

落ち着いて考えてみると分かるが、何かを始めるかを決定する権限が自分にあるならば、それを終わらせる権限も自分にあるはずだが、悪意を持った人間は終わらせる権限は存在しないような言い方をする。(欠けたルール)

問題が起きたときは「一番目の被害者のせい」にして「異常な指導者が逃げる時間」を作る。
そして、逃げた先の「新しい環境」で「三番目の被害者」を作る。(以下、繰り返し)

  • 正常な指導者と異常な指導者

正常な指導者
「正常な指導者」は「選手の過去(努力)」を認めて伸ばすようにする。
「目の前の大木」に「敬意」を払い、「より成長する」ように「伸び悩む原因を生み出す不要な枝」を切り落とす。「剪定(せんてい)」と考えるといいでしょうか。

「剪定(せんてい)」
枝を調整すること。日光を届けるためや風通しを良くして病気を防ぐ場合もあるようです。

異常な指導者
「異常な指導者」は「新しい木」を植えたいので「大木を切り倒す理由」を強引に作る。
「目の前の大木」を「リスペクト」せず、「根っこごと切り刻む」
そして、「育てたい種」を植える。

「根っこ」
隠れている部分。ここでは「過去の努力や選手の家族(親を攻撃することが珍しくない)」のこと。

出来の悪い集団に属すと、新人研修等で死に追い込まれることがあります。
自分達で新人を育てることをせず、外部に頼むところは注意。
日本人と価値観を共有している人なら「しないこと」を行うところもあります。(本人の人格だけではなく、親の人格等を否定されたときに壊れる人が珍しくないようです)
ブラックと呼ばれることもありますが、私は東アジア的教育だと思っています。(日本人を死に追い込むことが正しいかのように振る舞うから)

スポンサーリンク

6、食べ放題で学ぶ正常な指導者と異常な育成環境

「正常な指導者」と「健全な育成環境」が得られないなら、選手の成長が妨害され上達が遅くなる。
「才能が伸びない」のは、「異常な指導者」が「選手の成長(注文)」を「妨害する」から。

「食べ放題」で「注文する才能」を伸ばせないのは「指導者が悪い」から。
「指導者の妨害」に対抗するために「貴重な時間と体力」を使っていたら、「成長が遅くなる」のは当たり前です。

本来なら「自分を成長させるために使う時間と体力」を「指導者のおむつ交換」に使うのですから。
「指導者用のおしゃぶりとミルク」を探している間に、「他の選手達はサッカーの練習をしている」なら、「差」がつくのは当たり前ですよね。

「サッカー」が上手くなりたいなら、「異常な指導者の面倒を見てくれる人」を探した方が良い。

「怪我をしている選手」よりも「健康な選手」の方が練習出来る。
「心を何度も傷付けられた選手」よりも、「敬意を払われ大切にされる選手」の方が「自信と明るい未来」を手に入れやすい。

  • 指導者用のおしゃぶりとミルク探し

「自分を成長させるために使う時間と体力」を、「自分のため」に使えないなら「成長出来ない」

「成長出来る選手」と「指導者用のおしゃぶりとミルク探しをする選手」を「食べ放題」で比べます。

食べ放題の流れを説明した絵

「成長出来る選手」は「食べ放題」で注文出来ます。
注文出来るので、「食事から栄養」を摂ることが可能です。
「手に入れた栄養」で「身体」を大きく「成長」させることが出来ます。

「食事から得られるもの」は「栄養」だけではありません。
上手に注文出来たことから、「自信」も得られるでしょう。

「食べ放題」で「注文出来た選手」は、「最後の注文が出来る時間」までに、「食べたい料理を注文」します。
「最後の注文」をしたあとは「料理を追加出来ない」ので、「残っている料理(食べ終わっていない料理)」を楽しみます。

「食べ放題を理解している人」は、「食事しか出来ない時間」が来るまでに「食べたい料理」を「注文」します。
「食事しか出来ない時間楽しむ」ために、「注文が出来る時間」に「注文」をします。

ここまでが、「成長出来る選手」の説明です。
では、「指導者用のおしゃぶりとミルク探しをする選手」は、どうでしょうか。

「指導者用のおしゃぶりとミルク探しをする選手」
「指導者用のおしゃぶりとミルク探しをする選手」は、「おしゃぶりとミルク」を探さないと「指導者」に怒られるため、「食べ放題」が始まっても「注文出来ません」
料理を注文出来る時間」でも「注文出来ない」ため、時間だけが過ぎていきます。

食べ放題の流れを説明した絵

「食べ放題」では「注文出来る時間」が決まっています。
「最後の注文が出来る時間」になっても、「指導者用のおしゃぶりとミルク探しをする選手」は「注文出来ません
なぜならば、「指導者」が「注文よりも、おしゃぶりやミルク探しの方が大事だ」と激怒するからです。

「最後の注文が出来る時間」になっても「注文出来ない」ため、「一度も食事をしない」まま「食べ放題」が終わります。

「最後の注文が出来る時間」を過ぎたら「食事しか出来ない時間」になるのですが、「料理を注文していない」ため「残りの時間」は非常に退屈で苦痛になるでしょう。

「異常な指導者」は、「栄養不足の状態こそが選手を成長させる」と「日本語でもフランス語でもないような不思議な言語(英語でもない)」で興奮気味に語るかもしれません。

「周りは楽しく食事をしているのに、自分だけが食事出来ない悲しい時間」が繰り返されると、「食べ放題」を嫌いになる人が増えます。
これは、「心がある人間」ならば当たり前のことでしょう。

本当は注文を禁止する指導者が悪いのですが、食べ放題が嫌われてしまう。

注文を禁止された選手」は「食事から栄養」を摂る(とる)ことが出来ないため、「身体」が「成長する」ことはありません。
「成長しない」のは「心」も同じです。
「成功体験」を増やすどころか、「周りと比べて悲しい体験」しか味わえないため「自信を失う」でしょう。

「食べ放題」を利用すればするほど「自信が無くなる」
自然と、「食べ放題」から遠ざかります。

食べ放題の流れを使って成長する方法を説明した絵

「異常な指導者」は「日本人に食事をさせず苦しめることが教育だ」と主張するでしょう。
「日本人を苦しめることが教育だ」と「殺人犯」は言いますが、「自分の命が危険になる」と「しつけのつもりだった。殺すつもりは無かった」と言います。

「日本人の命を奪うこと」は「教育ではなく殺人」です。
「日本人の選手生命を奪うこと」は「指導ではなく殺人」です。
「日本人の命を奪うことが正義だと信じる東アジア系」は非常に多いですからね。

「自分が何をしたいのか」を一度考えた方がいい。
「自分が求めているもの」は「不幸になる方法」か、それとも「成長する方法」か。
「体育会系は日本人の不幸を求めている」ようですね。
「スポーツ」が「通り魔養成所」ならば、「サッカーごと滅ぼした方がいい」

「サッカーおでん」は、「体育会系」は「通り魔養成所」だと思っています。
「まともでは無い人」が「体育会系」になることが多い。
「まともな人」は「体育会系」にはならない。
「人の心を理解出来る人(まともな人)」は「スポーツ選手」

「体育会系」という言葉が使われるときは、だいたい「犯罪等、悪いことをしたとき」ですよね。
「体育会系」とは「異常な指導者」のことであり、「殺人犯」として逮捕される直前の状態だと思います。

「サッカーが大事にしている人権やリスペクト」を破壊するのが「体育会系」ですよね。
「サッカーおでん」では、「体育会系」という言葉は「通り魔」と同じような意味で使います。

もう少し賢いと思っていたが、私の勘違いだったようだ。
「体育会系」は存在しない方がいいのではないか。
「体育会系」を良い意味で使う人は非常に少ないと思います。
「人の心を持っているのがスポーツ選手」で、「日本人の命を奪って喜んでいるのが体育会系」
私は、このように考えています。

「体育会系」の相手はしたくないので、さっさと終わらせましょう。

「食べ放題」で注文しないのは「おかしい」ですが、「体育会系」は正しいと考えていますよね。
「日本人の食事を妨害して日本人の死者を増やそうとする」のが「異常な指導者(体育会系)」でしょう。

「スポーツ選手(人間)」は異常な指導者に滅ぼされるためか、「ほとんど存在しない」のではないか。(なんとか生き延びる人もいるようです)

下の図で簡単に確認します。

「食べ放題」で「日本人の命を奪おうとするのが体育会系」
「注文することを禁止された選手」は「成長」出来ません。
下の図(ロ)が、「指導者用のおしゃぶりやミルク探しをする選手」です。
全体的に「表情が暗い」でしょう。
おそらく、「食べ放題」を嫌いになることが多いはず。

食べ放題の流れを使って成長する方法を説明した絵

上の図(ハ)が、「食べ放題」で「何回か注文出来た選手」
「指導者の機嫌が良いときだけ注文出来る」
「たまたま注文出来たとしても食事は出来ない」
「指導者の機嫌」に左右されるため、「指導者の機嫌ばかり気にする選手」になるでしょう。
「精神的にも不安的な選手」になると思います。

食べ放題の流れを使って成長する方法を説明した絵

上の図(ニ)が、「食べ放題」で「お腹と心を満たせる選手」。
正常な判断が出来る人が「サッカー選手」と呼ぶのは、この立場にいる人。
「人権やリスペクトを大切にする指導者」と一緒だと「次の食べ放題が楽しみになる」でしょう。
上の図(ニ)が「正常な環境でサッカーをする選手」です。

「異常な指導者」は上の図(ニ)にいる「日本人選手」を憎むでしょう。
上の図(ニ)にいる「日本人選手」は「敬意を払われる」ため、「東アジア原産の日本人差別が大好きな指導者」に嫌われるはずです。
「体育会系(通り魔)」に「命や選手生命」を狙われます。(気に入らない相手の手足を折る等)

下にある「食べ放題を説明した図」を使い「日本人の不幸を望む指導者(死刑囚)」と「体育会系(通り魔)」を解説します。

食べ放題の流れを使って成長する方法を説明した絵

上の図(ロ)は、「食べ放題に全く参加出来ない選手」です。
「指導者のせいで不幸になる選手」
上の図(ハ)も、「食べ放題に参加出来ない選手」です。
「指導者のせいで不幸になる選手」
上の図(ニ)だけが、「食べ放題に参加出来る選手」
「人の心が分かり、殺人はいけないことだと理解出来る非常に高度な知性を有した生命体」が想像する「サッカー選手」

「日本人を不幸にすることが教育だと考える指導者」ほど、「日本人の命や選手生命」を奪うことに全力でしょう。
「日本人の命を奪うため」に、「異常な指導者」は「日本人選手」を「下の図(ロ)」の環境に追い込みます。

食べ放題の流れを使って成長する方法を説明した絵

「日本人の命を奪う指導者を崇拝する選手(体育会系)」も、周りの選手を「注文出来ない立場(上の図ロ)」に追い込みます。
「注文出来ない立場(上の図ロ)になる」とは、「選手としてだけでなく、人間としても終わること」を意味します。

「異常な指導者」だけではなく、「体育会系」も「日本人選手の不幸(死)」で興奮していますよね。
「サッカーは敬意を大切にしている」が「異常な指導者や体育会系」は「日本人の不幸」を大切にしたいようだ。

「何を言っているのか分からない」
こう主張する「異常な指導者や体育会系」は多いでしょう。

「サッカーおでん」が「異常な指導者(体育会系も含む)」を「死刑囚」と考える理由をサッカーで説明します。
「異常な指導者」が日本人と価値観を共有しているのか、考えるといいでしょう。
たぶん、共有していない。

「食べ放題で注文を禁止する人」は正常ですか。
正常ではありませんよね。異常だと思います。
日本人と価値観を共有していない異常な指導者や体育会系は「正常だ」と言うでしょう。

「食べ放題で周りが注文すると激怒する人」は正常ですか。
正常ではありませんよね。日本人以外の人も、同じように考えるでしょう。
しかし、日本人と、いや、人類と価値観を共有していない異常な指導者と体育会系は「激怒するのが正常である」と言うでしょう。

「東アジア原産の日本人差別が大好きな指導者や体育会系」の迷惑なところは、「日本人のふり」をするところ。
まるで「日本人の命を大切にする人間であるかのように振る舞う」から困ったものです。

では、サッカーの解説を始めましょう。
「なりすまし」が、たくさん見つかるでしょうね。

下の図(ロ)を見て、サッカー経験者なら何か感じませんか。(サッカー以外でも同じ)
下の図(ロ)は「食べ放題で注文を禁止された選手」です。
「異常な指導者や体育会系」は「日本人が食べ放題で注文したら激怒すべきだ」と主張するでしょう。

「体育会系歴が長い人」ほど、「日本人が食べ放題で注文することは悪いことだ」と主張するはずです。
「え、何を言っているか分からない?」
分かりました。「異常な指導者や体育会系」でも理解出来るように説明しましょう。

食べ放題の流れを使って成長する方法を説明した絵

上の図(ロ)は「食べ放題への参加を禁止された選手」です。
「新入生はボールに触れないのが当たり前だ」と考えたことはありませんか。

「一年生はボールを蹴ることすら許されない」、「一年生からサッカーを取り上げることこそが教育だ」と言われたことや、言ったことはありませんか。

「お前らは一年だから、周りがサッカーをしているのを見ていろ」
こう言われたことや、言ったことはありませんか。

「食べ放題で注文を禁止する人」は正常ではありませんが、「異常な指導者や体育会系」は正常であると言うでしょうね。
日本人と価値観を共有していない集団は、日本人の不幸を望みますよね。
「一年を痛めつけて興奮している」
これが「サッカーおでん」が想像する「異常な指導者や体育会系の姿」です。

「日本人を不幸にすること」が「指導である」といいながら、「日本人選手から死者」が出たら「殺すつもりは無かった、教育のつもりだった」と「言い訳」をしますよね。

「仲間が痛めつけられているところ」を見て「素晴らしい指導だ」と思うのが「体育会系」でしょうか。
「殺人犯」を「優れた教育者」だと考える「体育会系」の人間性を疑います。

理不尽とは
「理不尽」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
「理不尽」とは「道理に合わないこと」と説明されることが多いです。

「道理」とは、「物事の正しい道筋、あるべき道筋」と考えるといいでしょう。
「道筋」は、「通る道や、進む道」

「道筋」を「通る道や、進む道」とすると長くなるので、「道」に変換して、「道理」の説明をします。
「道理」とは「物事の正しい道、あるべき道」のことである。

「理不尽」とは「道理に合わないこと」でした。
上の「理不尽の説明文」にある「道理」という言葉を「物事の正しい道、あるべき道」に置き換えると次のようになります。

「理不尽」とは「物事の正しい道や、あるべき道に合わないこと」

「物事」を「サッカー」に置き換えると、より理解しやすいでしょう。
「理不尽」とは「サッカーの正しい道や、あるべき道に合わないこと」

「サッカーの正しい道や、あるべき道」とは、「サッカーが正しいと考えることや大切にしているもの」を思い出すといいです。
「サッカー」は「人権やリスペクト」を大切にしています。

「人権を大切にし、周りをリスペクトすること」が「サッカーの正しい道、あるべき道」と言えるでしょう。

「サッカーの正しい道や、あるべき道」を「道理」だとしたら、「理不尽」を次のように説明出来そうです。

「理不尽」とは「サッカーの道理に合わないこと」
「サッカーが大切にしている人権やリスペクト」を大切にしないことが、「理不尽」です。

「サッカー」は「差別や暴力」に反対しています。
当然、日本人差別や日本人への暴力にも反対です。
「誰かを痛めつける」のは「サッカー」ではありません。

「サッカーの道理に合わないことを大切にするのは、サッカーを否定するのと同じ」
「サッカーを否定することは、指導ではなく冒涜です。」

「サッカー選手」とは「サッカーをする人」のことですよね。

「サッカーを禁止すること」が「サッカーの練習」ですか。
「サッカーを奪うこと」が「サッカー指導」でしょうか。
違いますよね。

「サッカーへの参加を禁止すること」は「サッカー教育」ではありません。
「サッカー選手からサッカーを奪うこと」は「サッカー指導」ではありません。

一般的な知能を有しているならば、「食べ放題で注文を禁止する人」は正常では無いと考えるでしょう。
「食べ放題がどのようなものか理解している人」ならば、「食べ放題で注文を禁止すること」は間違いだと分かるでしょう。

「サッカーを理解している人」ならば、「サッカー選手からサッカーを奪うこと」が間違いであると、教えられなくても分かるはずです。

「理不尽は教育でも指導でもありません」
「最大の理不尽は殺人である」

「理不尽」は必要ありませんよ。
「日本人の不幸(死)を望む異常な指導者(死刑囚)」ほど「理不尽(殺人)が正義だ」と泣き叫ぶ。

東アジア(3チーム)では、日本人の命を奪った殺人犯を英雄と呼ぶことがある。

「理不尽が人を成長させる」と考えるなら、まず、指導者がお手本を見せろ。
指導者の身内で実験し、指導者の命で安全性の最終確認をすべきでしょう。
最後ぐらい日本人の役に立て。

「元死刑囚」は、「サッカー界」から「成仏」すべき。

勉強が出来ない生徒に、「お前は成績が悪いから授業を受けるな」と言うでしょうか。
言いませんよね。
「勉強が苦手な生徒」には、追加で授業を行うこともあるでしょう。
「成績が悪い生徒を叩き出すことが教育だ」と主張する教師はいないはずです。

出来ないから出来るようにする。
これが教育でしょう。
成績が悪い生徒は教室から叩き出されるでしょうか。
私の周りでは、そのようなことはありませんでした。
成績が悪い生徒、試験の点数が低い生徒には補習をする学校もあるでしょう。

授業の妨害をする生徒や、周りの邪魔をする生徒は教室から出されることがあるかもしれませんが、成績が悪いからという理由で排除されることはないでしょう。

生徒の能力を伸ばすことが、教育であり指導です。
昔、サッカー部(少年団でしょうか)に勉強が苦手な同級生がいましたが、教室から排除されることはありませんでした。

理解を深める授業で、私が、その同級生に勉強を教えたこともありましたが、出来ない子を排除する空気は全くありませんでした。
理解している子が、出来ない子に勉強を教えて能力を伸ばすのが学習だと考えています。

もしも、出来ない子の人格を否定し、居場所を奪うことが教育だとしたら、私の行動は非常識だったのかもしれません。
勉強が出来ないサッカー部やその他スポーツ選手を、私は追い込むべきだったのか。
人間の心を全く理解出来ない体育会系の話を素直に聞くならば、小さいときにスポーツ選手を潰しておくべきだったのでしょう。

人を潰すことが教育や指導だというならば、サッカー部をはじめとした体育会系の存在ごと消し去るのが、スポーツではなく、勉強の道を選択した人の使命なのでしょう。
私が見たサッカー部や、その他スポーツ系は、まだ常識があったが、サッカーと深く付き合うほど、サッカー選手を助けたことが間違いだったのではないかと思うことが増えました。

体育会系にとって人を追い込み命を奪うことが教育や指導ならば、私も同じサッカー選手として仕事をすべきではないかと考えています。
サッカーは日本人差別や日本人選手への暴力に反対しているが、異常な指導者や体育会系は、日本人差別や日本人への暴力を楽しんでいるようにしか見えない。

私は、犯罪行為を正当化するために利用されるスポーツの名誉を守るためにも、サッカーから滅ぼすべきだと考えています。
はっきり言いますが、価値は無いと思います。
勉強が出来ないサッカー選手は授業を受けられるのに、サッカーが出来ない選手はサッカーから叩き出されるなら、そのような競技は存在する価値が無い。

日本人のために働かない異常な指導者を教育するためにも、サッカーから潰した方がいいでしょう。
敵国の工作員か、それとも宇宙人なのか。
劣ったものを叩き潰すのがスポーツ教育ならば、優れている相手に滅べと言われたら素直に従うべきだが、異常な指導者や体育会系は従わないだろう。
日本人を痛めつけて興奮したいだけだろう。

親の価値観が子の人生を左右するように、指導者の思想も選手に影響を与える。
体育会系の話を聞くと、人間とは思えない。(ただし、人の心が分かるスポーツ選手は除く)
人ではない、何か別の生き物だと思う。

人間とは思えない象徴的な出来事が、南米のプロ(ただし、南米が生んだ偉大な選手は除く)の暴力プレー。
相手が気に入らないから足を折ってやるというプレー。
暴力を認めない日本国で行われた、暴力に反対しているサッカーという競技で、相手が日本人の足を折りにきた。
この通り魔を擁護するサッカー関係者。

ああ、日本人が殺されても、相手を怒らせた日本人が悪いと言うのだろうなと感じた。
これを正す人がいないならば、サッカーには価値が無い。意味が無い。する必要も無い。
ただ、唯一の救いは、同じ南米から暴力行為を認めない意見が出たこと。

日本人を見殺しにするようなサッカー関係者が、日本人のために働くわけが無い。
日本人の不幸を喜ぶ異常な指導者を、素晴らしいと褒め称える体育会系も共犯者でしょう。
死者を多く出した方が優れた指導者だと言うならば、死刑囚を指導者にすればいいのではないか。

体育会系の思考が理解出来ない。
何がしたいのか。
日本人の不幸で興奮したいという願望は伝わってくるが……。

今のサッカーは失敗作だ。
日本人選手が積み上げてきたことがムダになるのは残念だが、過去の頑張りよりも、子供達の明るい未来を守る方が正しいと思う。
他者に敬意を払い、サッカーのルールを守る日本人選手が幸せになる未来を準備するのが、私を含めた大人の仕事なのだと思う。

殺人犯は変わらない、思想も変わらない、人間の質も変わらない。体育会系を見るたびに強く思います。

日本サッカーを、また赤ん坊から育てた方が、明らかに早いだろう。
サッカー以外も含めて、スポーツの治安を良くしてから、子供達に遊んでもらうべきだ。
殺人犯が野放しにされているような環境に子供を放置するのは、子供に命を落としてくれと願っているとしか思えない。

おそらく、人の心を持った選手ほど、サッカーやスポーツから去るのではないか。
サッカーや、その他スポーツの名誉を回復出来ないまま終わってしまうのは、あまりにも残念だと思う。
選手達が、この世を去る前に一度だけでもいいから、サッカーやスポーツの本来の楽しさを知って欲しい。

選手達がサッカーや、その他スポーツを選んだことを誇りに思えるような、そんな環境を準備するのが大人の役割だと思う。

サッカーからの愛情を、サッカーに込められた敬意を感じ取って欲しい。
サッカーが守ろうとしているのは子供達の幸せだと思う。
サッカーの試合を見るたびに、ルールを作った人達の深い愛情を感じます。

サッカーの愛情を受け取れ。
ルールから自信をもらえ。
サッカーのルールとボールには、選手への愛情と敬意が詰まっている。

なぜ、サッカーからの深い愛情と敬意を受け取ろうとしないのか。

  • 食べ放題で注文出来ない立場とは

「食べ放題」で「注文出来ない立場」とは何か。
「食事」をするには「食べるための料理」を手に入れないといけません。
「料理を手に入れるため」には「注文」しないといけません。
「食べ放題」では「注文するのが当たり前」ですが、「異常な指導者と体育会系」は日本人と価値観を共有していないようです。

「注文出来ない」と「料理が来ない」ため「食事」が出来ません。
「食べ放題の楽しみ」は「食べること」なので、「注文が出来ない」とは「食べ放題の楽しみ」を味わえないということ。

「食べ放題の楽しみ」を味わえないなら、「食べ放題に参加する意味」がありません。
「お金だけ払う」なら意味がありませんよね。
「お金を払うだけの価値がある」から「食べ放題に参加する」わけです。

「お金を払っても料理を味わえない」なら、「食べ放題を利用する意味」がありません。
「価値が無いと感じるもの」に「お金を払い続ける人」は、いませんよね。
おそらく、「食べ放題」から遠ざかるでしょう。
「食べ放題から遠ざかる」とは、「選手生命を奪われる」という意味です。

「お金だけ出す選手」は「食事出来ないなら食べ放題に参加する意味が無い」と考えます。
これは、「保護者」も同じでしょう。
「我が子に使うはずのお金」が「自分の子供ではなく他人の子供」に使われている。

支払いは我が家、料理を味わうのは他人の子供なら、「食べ放題にお金を出す意味が無い」

「異常な状態を正しい環境にするのが指導者の仕事」なのですが、「異常な指導者は日本人のためには仕事をしない」

「なぜ、他人の子供のために我が家がお金を負担しないといけないのか」

こう考えるのは当たり前です。
「食事出来ない選手の保護者」も「食べ放題から離れること」を考えると思います。

「我が子の食費を他人に支払わせる保護者」は「お金だけ払うことにも意味がある」、「食べられないことで成長する」と言うかもしれません。
これは、「我が子が食事出来るなら、他人の子供など、どうでも良い」という文章を綺麗に表現しただけです。

「お前に私の子供の食費代を支払わせてやる」と言っているだけです。
「お金を支払うだけの方が成長出来る」と考えているなら、食事出来る我が子に「食事出来ない方が良いよ」と言うはずです。

「食事出来ない方が成長出来る」と言いますか。
言いませんよね。

お金を払うだけでも成長出来るとは、お前の子供が犠牲になれという文章から、トゲと骨と毒を丁寧に取り除いただけです。

食事出来る方が成長出来ると理解しているからこそ、我が子が不幸にならないように、 他人の子供を不幸の椅子に縛り続ける。

「保護者は我が子を優先するのが当たり前」です。
「保護者同士の意見の対立(我が子にも食事をさせろ)」を解決するのが「指導者の仕事」です。
「指導者の仕事は選手全員が食事出来る環境を準備すること」

「仕事をしない指導者」を「素晴らしい指導者だ」と褒め称える「体育会系」を、全く理解出来ません。

「我が子を守るのが保護者の仕事」
「選手や保護者同士の衝突を防ぎ、安心で安全な環境を作るのが指導者の仕事」
「日本人の死者(選手生命を奪われることも含む)を増やすことが仕事だと考えているのが異常な指導者」

食べ放題の流れを使って成長する方法を説明した絵

「食べ放題の楽しみ」は「料理を味わうこと」でした。
「料理を味わう」ための準備として「注文」があります。
「注文する」ことで、「注文の先」にある「料理を食べる」という「食べ放題の楽しみ」を味わえます。

ここで確認したいのが、「注文の先」に「食事」があること。
「食事」をするには「注文」しないといけない。
「注文出来ない」とは、「食事が出来ない」ということです。(注文しないと料理が来ないから)

「料理を味わう」には「注文」という「準備」が必要です。
この意味が分かりますか。

注文した料理しか来ない
「食べ放題」で「料理」が運ばれてくるのは「注文」したからです。
「食べ放題」では「注文した料理しか来ない」(ただし、お店側が勝手に出す料理等は除く)
「注文した料理しか来ない」、これは非常に面白い発見ですよね。

「注文出来ない立場」だと「料理」が来ません。
周りの人が「料理」を分けてくれるといいのですが、「異常な指導者の嫌がらせで注文出来ない」なら難しいでしょう。

「食べ放題」は「料理を食べること」が「本番」です。
「本番(料理)を楽しむ」には「注文」が必要です。
「本番を楽しむためには注文が必要」だとしたら、「注文」は「練習」と言えるかもしれません。

「注文した料理しか来ない」
この文章から「サッカーの楽しみ方」が分かりますね。

理解しやすいように、「注文した料理しか来ない」を別の表現にします。
「注文した料理」を「練習で出来たこと」に、「来ない」を「出来ない」に変えると、次の文章になります。(注文した、とは注文が成功したという意味だから)

「練習で出来たことしか出来ない」
どこかで聞いたような気がしますね。

注文と練習を禁止される選手
「食べ放題」では「注文しないと料理を味わえない」
「料理を味わうこと」が「食べ放題の本番」です。
「注文」とは「本番までに行う練習」のこと。

「食べ放題」には、「注文と食事が出来る時間」と「食事しか出来ない時間」がありました。
「食事しか出来ない時間」では「注文出来ない」ため、「それまでに手に入れた料理」しか楽しむことが出来ません。
「本番(食事しか出来ない時間)」とは、「練習(それまでに手に入れた料理)」の成果を味わうためにあります。

「食べ放題の本番」では「練習(注文)」が出来ません。
「本番で必要なもの(料理)」があるなら、「最後の注文が出来る時間(下の図イ)」までに「必要なものを得る(注文する)」必要があるでしょう。

食べ放題の流れを説明した絵

「練習で得たもの」を試すのが「本番」です。
「本番」で「足りないもの」を見つけたら、「次の本番」で満足するために「注文(練習)する内容を見直す」のが正常な判断です。

「本番で満足するために練習内容を常に見直し、得意なことを増やすのが指導や教育である。」
「日本人の命や選手生命を奪い、部員を減らすことは、指導や教育ではなく殺人である。」
「部員の減少を恥だと思えない指導者は、指導者としてだけではなく、人間としても失格である。」

日本人の不幸を望む者
「日本人の不幸を望む者」とは、「異常な指導者(死刑囚)と体育会系(通り魔)」のことです。
下の図を見て何か感じませんか。

食べ放題の流れを使って成長する方法を説明した絵

上の図(ロ)は「注文を禁止された選手」
上の図(ハ)は「注文は出来るが食事は出来ない選手」
上の図(ニ)は「注文も食事も出来る選手」

本当は今の試合が練習で、次の試合が本番と言いたいところですが、理解しやすいように練習は練習、本番を試合とします。
「サッカーの練習」は「練習」とします。(本当は今の試合)
「サッカーの本番」は「試合」の方が意味が伝わります。(本当は次の試合)
「練習」と「試合」を使って、下の図を説明します。

食べ放題の流れを使って成長する方法を説明した絵

上の図(ロ)は「練習すら禁止された選手」
上の図(ハ)は「練習に参加出来るが試合には出ることが出来ない選手」
上の図(ニ)は「練習だけでなく試合も味わえる選手」

「大学からサッカーを始めた私」よりも、「体育会系」に囲まれて育った選手の方が、上の説明を理解出来るのでは。
もう少し説明を加えましょう。

下の図(ロ)は「練習すら禁止された選手」(一年生は一年間球拾いだけ等)
下の図(ハ)は「練習に参加出来るが試合には出ることが出来ない選手」(二年生になり、やっとボールに触れるようになる等)
下の図(ニ)は「練習だけでなく試合も味わえる選手」(引退する学年(高校なら三年生、大学なら四年生だろうか)。ただし、引退試合にも出場出来ない選手もいるかもしれない)

食べ放題の流れを使って成長する方法を説明した絵

「食べ放題では注文するのが当たり前」ですが、「サッカーや他のスポーツ等」では「注文(練習)」すら禁止されるかもしれない。
日本人選手が「注文したい」と思うことすら許さない「異常な指導者(死刑囚)」が多い印象。

「異常な指導者(死刑囚)や体育会系(通り魔)」は「日本人とは価値観を共有していない」ことが分かります。

虐待を教育や指導と呼ぶ死刑囚
自分の子供に食事を与えるとき、全員分購入するのが一般的な親でしょう。
特定の子供にしか食事を与えないのは虐待と言われます。
子供の命を預かっている自覚が無いと言われるでしょう。

子供に食事を与えず餓死させた場合、素晴らしい教育だ、と保護者を褒めるでしょうか。
まともな知性を持っている人ならば、「ダメな親だ」と言うはずです。
子供の命を奪うことが教育や躾(しつけ)ならば、保護者という言葉は殺人犯と同じ扱いになるはずですが、そうではありませんよね。

どこかで子供の命が失われたとき、同じ年齢の子を持つ保護者は心を痛めるでしょう。(たとえ子供がいなくても、心を痛める人は多いです)
我が子と同じような年齢の子供が、保護者によって命を奪われてしまった。
子供の命を奪った親を、褒め称える保護者はいないはずです。(ただし、正当防衛等、特殊な場合は除く)

子供全員分の食事を用意するのが保護者の仕事です。
全員分の食事を用意することが出来ないなら、保護者として失格でしょう。
子供が健全に育つ環境を準備出来ないならば、親になるのは、まだ早いと言われるかもしれません。

一度、親になったら保護者であることをやめられませんが、指導者は辞めることが出来ます。
選手全員分の食事を用意する能力が無いなら、すみやかに指導者を辞めるべきでしょう。

保護者がしたら虐待で逮捕されることでも、スポーツの場合は優れた指導者だと言われてしまう。
子供が満足するだけの食事を準備しようとしても用意出来ないこともありますが、指導者は子供のお腹を満たそうとしない。
食事が足りないと子供が苦しむと分かっていて、全員分を準備しない。

頑張ったが出来なかったではなく、頑張る気持ちがない、やる気の無い指導者と、それを持ち上げる保護者達。
子供からお金と時間(命)を奪っておきながら、食事を用意しないのは異常なことです。
修学旅行等で、お金を払ったのに我が子の食事や寝る場所が無かったら、お金と時間を返せと言いたくなるでしょう。

逃げ道として、お金をもらっていないから子供を雑に扱っても良いと主張する異常な指導者もいるでしょうか。

「子供を雑に扱う」とは、「他人の人生を壊す」「他人の子供で人体実験をする」という意味です。
実験される側、壊される側がお金を払いますか。
払いませんよね。

普通は実験する側、壊す側がお金を払いますよね。
お金をもらっていないから子供を雑に扱っても良いと考えるのは異常です。
他人のスポーツ人生を壊す側がお金を払うものでしょう。

日本人の子供を壊すことが教育だと考える異常な指導者の思想が出ていますよね。

お金をもらわなければ子供を雑に扱っても良いと主張する人に、お金を取らないから君の身体でお医者さんごっこをさせてくれとお願いするといいです。
「お金をもらっていないから、手足が折れても責任はとらないよ」
こう言うといいでしょう。相手は納得すると思いますか。
たぶん、しないでしょうね。

通り魔事件の被害者が加害者にお金を払いますか。
払いませんよね。
他者の人生を壊した側が壊された側にお金を払いますよね。

食事の準備
保護者が、子供全員分の食事を準備したとしましょう。
全員分の食事があればいいかと聞かれたら、そうではありません。
準備するだけでは不十分です。

例えば、上の子供(子供の中で一番年齢が高い人物)に全員分の食事代を渡し、保護者は外出したとします。
上の子供が下の子供にお金を渡すといいのですが、渡さない場合もあるかもしれません。(年上だから優れているなら後輩を痛めつける体育会系は存在しないはず)

全員分のお金は準備したが、それが全員に配られていないならお金を準備していないのと同じです。(喜びを分け与えない先輩もいるでしょう)

上の子供が下の子供のお金まで使い、勝手に買い物をしたとしましょう。
上の子供は全員分のお金で楽しめるが、下の子供は食事が出来ない。

保護者は上の子供に全員分のお金を渡しているため、全員が十分に食事をしていると思い込んでいる。
全員分のお金を準備したのは正しいが、上の子供に渡すだけでは保護者としての役割を果たしたとは言えない。

保護者の考え通りに、お金が使われているか。
それを確認する必要があります。
保護者がお金の使われ方を確認しないのは、上の子供を信じているというより、保護者の大事な仕事である確認作業を怠ったと言う方が正しいでしょう。

上の子供に渡したお金が、下の子供に届いているか。
お金を渡したのは食品を買うためだが、全員が満足出来るだけの料理を購入出来たか。

下の子供が自分で買い物が出来ない場合、上の子供に任せる保護者もいるかもしれません。
上の子供が下の子供を守るといいのですが、見殺しにする可能性もあります。(例、後輩を痛めつける同級生を止めない体育会系)
下の子供が食事出来ない状態が続くと、命を落とすこともあるでしょう。

お金を渡すだけだと上の子供が勝手に使うこともあるため、全員分の食べ物を購入するとします。
子供全員分の食べ物を確実に準備した。
これで、保護者の仕事は終わりなのか。

終わりではありませんね。

子供全員分の食べ物を準備しても、上の子供が他の子供の分まで食べてしまう場合があります。(例、後輩の貴重な時間を先輩が奪う等)
小さい時は体格差で力関係が決まることが多いため、下の子供は上の子供の不正を追求出来ないかもしれません。(例、後輩への通り魔殺人を伝統と呼ぶ体育会系)

保護者が子供全員分の食べ物を準備しても、上の子供が多く食べてしまい下の子供が常に空腹なら、親としての役割を果たせていない。
下の子供は給食等で問題を起こすかもしれません。(例、食事出来るのが給食しかないため同級生の分まで勝手に食べる等)

子供全員分の食事代や食べ物を準備した。
準備したら終わりか。
終わりではありません。
確認作業が残っています。

食事代が正しく使われているか、全員が食事出来たか毎回確認する必要があります。
宿題をしなさいと言う保護者は珍しくないでしょう。
宿題は終わったと子供が答える。
本当に宿題を終わらせたのか、確認したことはありませんか。また、確認されたことはありませんか。

子供に質問して素直に答えてくれるといいのですが、素直に答えないこともあるでしょう。
本当に食事をしたのか確認する必要があります。
確認をするときは、実際に食べていないと答えられない聞き方をするといいでしょう。

今日は何から食べたか。最後に食べたものは何か。
食事の前半はどうだったか、後半は前半と食べ方を変えたか等。
他の子供が何から食べたのかを質問するのもいいです。

子供が適当に嘘をついている場合、同じものを食べたはずの子供達の発言がバラバラになります。
全員に質問し、内容におかしい部分が無いか確認する。
そして、実際に食べた証拠、例えば食品の袋等を見せてもらうといいです。
質問するときは、子供の表情や仕草も確認すると判断がしやすいでしょう。

一度確認したから大丈夫、ではありません。
サッカーの試合と同じで、89分間眠っている可能性もあります。
保護者から渡されたお金で欲しいものを買うため、食事を減らしているかもしれません。
様々な可能性を考えて、子供の行動を予測する必要があるでしょう。

子供に食事をしたか質問しようと言うと、子供を疑うなんて、と感情的になる人もいるかもしれません。
これは間違いです。

今日、何を食べたのか。
どの食べ物がおいしかったか。
次は何を食べたいか。

子供への質問は、私は君に興味を持っているよ、という強い愛情を示す行為です。

子供への質問は、子供を疑っているわけではありません。
子供に強い関心を持っていることを、言葉と態度で証明する行為です。

どうでも良いことには、関心を持ちませんよね。
興味が無いことは質問しようとは思わない。
これは、人間関係でも同じです。

好きな人のことは、もっと知りたい。
どうでも良い人のことは興味無い。
子供への関心を持っていない指導者ほど、子供を見ないでしょうね。
子供が、たまたま死ななかっただけ。全て子供のおかげ。

子供は自分がされたことが当たり前だと学習するでしょう。
自分がされたことが他者との正しい付き合い方だと考えるかもしれません。
変な学習をすると、嫌われ者の出来上がり。

子供が周りから愛される人になるか、それとも嫌われ者になるかは、それまで接してきた大人(指導者も含む)の態度で決まるでしょう。

自分とは違う考えを持つ他者への興味が、子供や指導者を大きくする。

大切な人に出す料理とアレルギー
初めて会う人に食事を出すとき、どの食材を選ぶか悩むことがあります。
悩むのは、相手の情報が少ないから。

例えば、アレルギーという言葉を知っている人は、相手の体質を考えた食事を考えます。
アレルギーだけではなく、相手の好き嫌いも分かると、満足度が高まる。
相手が死亡しても全く問題無いと思うなら、アレルギーを全く考えず勝手に決めるかもしれません。

アレルギー
専門家ではないため、詳しい情報は専門家にお聞きください。
ここでは、身体に異変が出るという意味で使用しています。

特定のお客さんとだけ会話をする場合、無視されるお客さんの情報は入ってきません。(相手の情報を集めようとしないから)
自分が無視している客に問題が無いといいのですが、アレルギー等で苦しみ出したらどうなるか。

他者に興味がある人は、特定のお客さんだけではなく周りも見るため、体調が悪くなった客人に気付くのも早いでしょう。
しかし、自分が気に入った相手しか見ない人は、背後で客が倒れていても気付きません。

自分の不注意で客人の命が失われた場合、素晴らしいおもてなしだと言われるでしょうか。
おそらく、言われないと思います。

体質に合わない食材を食べなくても、急に体調が変わることもあります。
大人なら自分を守る方法を知っていることが多いですが、それでも体調を崩すことがあります。
自分を守る術を持たない子供なら、なおさら危険でしょう。

子供の命を軽く考える指導者は、自分が見ていないところで子供が死亡しても何も感じないでしょう。
自分が預かっている子供達にアレルギーが無いか、体調が悪くないか、知りたくなるのが自然ですが、他人に全く興味が無い指導者は子供達が死亡しても心が痛まないのでしょう。

もしかすると、日本人の子供が背後で命を落とすことを待ち望んでいるのかもしれません。

子供の命を守ろうとする親は、子供に興味を持ちます。健康に影響が出る食材が出ていないか、まだ知らない食材で命を落とさないか気にするでしょう。
子供が避けるべき食材を食べそうになったら、それを止めて命を救うのが親の仕事。(完璧に行うのは難しいですが命を守ろうとするはずです)

アレルギーが無いか確認すらせず子供を放置するのは、子供の命を大切だと考えていない証拠。
選手を見ようともしないのは、選手の命に全く興味がない証拠です。

選手を見殺しにすると宣言しているようなもの。
日本人の不幸を望んでいるとしか思えない。

命の奪い方
何かを決める権限があり、それを達成させるための資金を動かせる人間が仕事をしないと、人が死にます。

命の奪い方には2種類あります。
何かをすることで命を奪う方法。(武器等で相手を攻撃する)
何かをしないことで命を奪う方法。(子供が倒れていても無視する等)

何かをすることで命を奪うのは理解出来ますが、何かをしないことで命を奪うのは少し想像出来ませんよね。
何かをしないことで命を奪えるのか。
法律の専門家ではないサッカーおでんが、素人の理解で簡単に説明します。
専門家ではないため認識が間違っている可能性があるため、詳しい内容は専門家(プロ)にお聞きください。

ここから扱う内容は、素人が簡単に調べた範囲での説明になります。

サッカーおでんは、法律の専門家ではないので、詳しいことは専門家(プロ)にお聞きください。
何かをしないことで命を奪うのは「不作為(ふさくい) 殺人」で調べるといいです。
「作為(さくい)」、「不作為(ふさくい)」で調べると詳しい情報が出てきます。

  • 命の奪い方
  • 何かをすることで命を奪う
  • 何かをしないことで命を奪う

何かをすることで命を奪う
何かをすることで命を奪う方法は、南米のプロ(ただし、南米が生んだ偉大な選手は除く)や東アジアとの試合が分かりやすいですね。
日本人選手を攻撃し、選手生命を奪う方法です。

日常生活なら、何か武器になるもので攻撃する等。
殺人事件として報道されるのは、何かをすることで命を奪う方法であることが多いでしょう。

例、犯人が「何かをすること(凶器での攻撃等)」で被害者の命を奪った。

次は、何かをしないことで命を奪う方法です。

何かをしないことで命を奪う方法
何かしないことで命を奪う方法何かとは、しないといけないことです。
何かをしないといけない人が、その何かをしなかったために命が失われる。
このことを、何かをしないことで命を奪うと考えるといいです。

指導者や保護者がしないといけないこととは、命を守ること。
例えば、選手が練習中に急に苦しみだした。
指導者は選手が苦しんでいるのを分かっていながら放置した。
放置された選手が、その後命を落とした。

指導者は選手の行動等を決める強い権限を持っています。
表現を変えるなら、練習を中止し、選手の命を守るために救急車や専門機関等に連絡出来た立場。
非常に強い権限を持たされている立場でありながら、救急車を呼ばず、苦しんでいる選手を放置し死亡させた。

「救急車を呼ばないこと」が、何かをしないことです。
部活中に死亡事故が発生したとき、指導者の責任はどうなるのか。
指導者は子供達の命を預かる立場のため、緊急時の対応を指導されているはずです。

仮に指導を受けていない場合でも、人様のお子さんの命を預かっている自覚があるのなら、命を守るために言われなくても自分から学びに行くでしょう。(死者を出したいと考えるなら人命救助等の勉強を拒否するでしょう)

死亡までいかなくても重い障害が残ることもあります。
適切な対応をしたが不幸な結果になった場合は別として、死者を出した指導者が褒められることはないでしょう。

指導者だけではなく、保護者の場合も同じです。
幼い子がいる家庭で、長時間子供だけにした。
保護者がいないときに、子供が予想外のことを行い死亡した。
このとき、保護者の責任はどうなるのか。

例えば、何日も赤ん坊を放置するのは、保護者として正しいのか。
赤ん坊が死亡したとき、保護者の行動は理解されるものだったのか。

これが殺人になるかどうかの判断は、専門家に任せた方がいいでしょう。

何かをしないことで命を奪うとは、責任を果たさないことが原因で起こります。
指導者は選手の命を守ろうとしたか。
保護者は子供の命を守ろうとしたか。

死者が出たとき、指導者や保護者による殺人として扱われるか議論になることがあります。
殺人と聞くと何かをすることで命を奪う方法を想像しがちですが、何かをしないことで命を奪う場合もあります。

素人が調べた範囲内での理解ですが、何かをすることで命を奪う方法は「暴力事件」を、何かをしないことで命を奪う方法「育児放棄(いくじほうき)」で考えるといいかもしれません。

「育児放棄(いくじほうき)」
責任ある立場の人間が子供や選手の面倒を見ないこと

何かをすることで命を奪う方法で指導者が選手の命を奪った場合、サッカー経験の無い保護者でも殺人であると理解出来ます。(指導者による暴力で選手が死亡する等)

指導者が選手の命を奪ったという共通の認識があれば、外部への連絡が行われ、専門機関による捜査が行われることが少なくないでしょう。(死者が出たことを無かったことには出来ないため、外部の正常な価値観で教育環境が正常化されることがある)

しかし、何かをしないことで命を奪う方法で死者が出ても、それが指導者による殺人であると認識出来る人は少ないかもしれません。
子供のように知識が少ない場合、おかしいと感じても、それを言葉で上手に表現することが出来ないでしょう。

また、自分の考えを言葉で表現出来る能力があったとしても、何かをしないことで命を奪う方法があることを知らない場合、言葉にするのは非常に難しいでしょう。(何となくで相手を殺人犯扱いするのは非常に難しいため)

保護者の頭が良くない場合、子供が犠牲になります。
だからこそ、勉強が大事です。
サッカーが上手くなることも勉強。自分の命を守る方法を学ぶことも勉強。周りの命を助けることも勉強です。

私は頭が悪いから、自分は馬鹿だからという人ほど、何かをしないことで命を奪う指導者を守ろうとするでしょう。
異常な指導者を守ろうとする保護者や選手は殺人犯の協力者。共犯者。

他人の子供が苦しむことで自分の子供が得をする場合、保護者は子供の同級生の不幸を喜ぶ思想になるでしょう。
他人の苦しみが自分の喜びになると学習した子供は、周りの命を奪うようになるかもしれません。

殺人まで発展するかどうかは別として、体育会系の行動を見ると、他人の死を望む生き物だと理解出来ます。(だからこそ、人の心が分かるスポーツ選手の素晴らしさが、より際立つ)

指導者に殴られたから後輩を蹴り飛ばす。
実に東アジア的な思想。(東アジア原産の日本人差別(思想)を知っている人ほど、体育会系の思想を即理解出来るはず)

他のことで考えたら異常なことでも、指導だと言われたら、良い想いをした選手の親は指導者を守ろうとする。
辛い想いをした選手の親の方が、おかしいと言われるかもしれない。

ただし、保護者を子供を人質にとられた人と考えるなら、指導者(死刑囚)を刺激しないという発想は理解出来ます。(子供の命だけでなく進学先や就職先を人質にとられるため)

我が子のために子供の同級生を見殺しにする親の姿を見て、子供は「何か」を学ぶでしょう。
自分が助かるなら他人を見殺しにするのは正しいことだという体育会系の思想に染まるか、それとも、見殺しにした親を別の生き物だと認識するか。

少し考えられる子供なら、いつか自分も親に見殺しにされるのではないか、と不安になるでしょう。
もしかすると、都合が悪くなったら年老いた親を見捨てても良いと考えるかもしれません。

これは子供の性格だけではなく、親が子供に、どのように接しているかで決まるでしょう。
尊敬か、それとも軽蔑か。

私は、体育会系が理解出来ない。(異常な指導者を支持する保護者も含む)
体育会系は何がしたいのか。

指導と殺人は違う。
体育会系が崇拝しているのは、指導者ではなく導者ではないか。
大丈夫だろうか。

何度考え直しても、体育会系は日本人の死者を増やそうとしているとしか思えない。
何がしたいのだろうか。

対応出来ないと分かっていながら、大勢の患者を呼び込み放置するのは、無責任な行為である。
指導出来ないと理解していながら、大量の選手を抱えるのは、無責任な行為である。
子供を幸せに出来ないなら、指導者を辞めるべき。
異常な指導者は、日本人やサッカーへの敬意が足りない。

人数分の食事を用意しない指導者。
食事が出来る椅子の数は子供の数よりも少ない。
誰かが命を落とさないと食事が出来ない。

あの子の死で、お腹を満たす。
お腹が満たされない子供は、不幸を増やそうとするのではありませんか。
体育会系は通り魔養成所なのでは。
サッカーおでんが何を言いたいか、理解出来るだけの人間性はありますか。

サッカー(他のスポーツ等)で人間性を育てると言う指導者。
教育、失敗していますよ。
大失敗ですよ。
どのへんが教育でしょうか。
人間性を破壊しているだけにしか見えませんよ。

体育会系が見る世界と、私が認識している世界は別物なのでしょうか。
私の目には、通り魔を育成しているようにしか見えない。
教育する側の人格が終わっていませんか。
指導者の性格を、どうにかした方がいいですよ。

ダメな方の大人が指導者になると、ダメな選手しか育ちませんよ。
私もお手本になれるような人間ではないので強くは言えませんが、お手本にしたらいけない大人もいますからね。

成長の速さの違いをサッカーの勝ち点で比べる
「注文を禁止された選手(下の図ロ)」「注文は出来るが食事は出来ない選手(下の図ハ)」「注文も食事も出来る選手(下の図ニ)」を比べます。

食べ放題の流れを使って成長する方法を説明した絵
  • 注文を禁止された選手(上の図ロ)
  • 注文は出来るが食事は出来ない選手(上の図ハ)
  • 注文も食事も出来る選手(上の図ニ)

現実世界では選手が途中で成長することもあるのですが、比べやすくするために、「サッカー選手の立場は変わらない(試合に出る選手は常に同じ)」として考えます。

サッカーをする期間は中学と高校、大学とします。説明がしやすいように小学校は除きます。

「注文を禁止された選手」は、中学や高校、大学で「常に注文を禁止」されます。

他の選手も同じです。
「注文は出来るが食事は出来ない選手」「注文も食事も出来る選手」も中学や高校、大学で「立場が変わらない」とします。

サッカーの勝ち点を使って、成長の速さの違いを比べます。
「何も出来ない(注文禁止)」は「勝ち点0」で、「注文だけ出来る」は「勝ち点1」、「注文も食事も出来る」は「勝ち点3」とします。

  • 注文を禁止された選手は「勝ち点0」
  • 注文は出来るが食事は出来ない選手は「勝ち点1」
  • 注文も食事も出来る選手は「勝ち点3」

「中学」「注文を禁止された選手」は、3年間「勝ち点」は「0」です。
「中学」「注文は出来るが食事は出来ない選手」は、1年間で「勝ち点」が「1」増え、3年間では「3」となります。
「中学」「注文も食事も出来る選手」は、1年間で「勝ち点」を「3」増やし、3年間で「9」となります。

中学で増える「勝ち点」は、下の図左側の「中学」にあります。「3年間で得る勝ち点」は下の図(A)

食べ放題で注文と食事が出来る人、注文だけの人、注文すら禁止な人の成長速度の違いをサッカーの勝ち点で説明した絵
  • 中学で注文を禁止された選手は「勝ち点0」
  • 中学で注文は出来るが食事は出来ない選手は「3年間」で「勝ち点3」
  • 中学で注文も食事も出来る選手は「3年間」で「勝ち点9」

中学で過ごす年数は同じでも、「勝ち点」に大きな違いが出ます。
次は高校3年間で比べます。

「高校」「注文を禁止された選手」は「勝ち点」は「0」のまま。
「高校」「注文は出来るが食事は出来ない選手」は、1年間で「勝ち点」が「1」増え、3年間では「3」となります。
「高校」「注文も食事も出来る選手」は、1年間で「勝ち点」を「3」増やし、3年間で「9」となります。

高校で増える「勝ち点」は、下の図の「高校」にあります。「高校の3年間で得た勝ち点と中学で得た勝ち点の合計」は下の図(B)

食べ放題で注文と食事が出来る人、注文だけの人、注文すら禁止な人の成長速度の違いをサッカーの勝ち点で説明した絵
  • 高校で注文を禁止された選手は「勝ち点0」。中学も含めた「勝ち点」は「0」
  • 高校で注文は出来るが食事は出来ない選手は「3年間」で「勝ち点3」。中学も含めた「勝ち点」は「6」
  • 高校で注文も食事も出来る選手は「3年間」で「勝ち点9」。中学も含めた「勝ち点」は「18」

高校で同じ期間過ごしても、「勝ち点」に違いが出ます。
中学のときに得た「勝ち点」も考えると「大きな差」が生まれています。
次は大学4年間で比べます。

「大学」「注文を禁止された選手」は「勝ち点」は「0」のまま。
「大学」「注文は出来るが食事は出来ない選手」は、1年間で「勝ち点」が「1」増え、4年間では「4」となります。
「大学」「注文も食事も出来る選手」は、1年間で「勝ち点」を「3」増やし、4年間で「12」となります。

大学で増える「勝ち点」は、下の図の「大学」にあります。「中学と高校、大学で得た勝ち点の合計」は下の図(C)

食べ放題で注文と食事が出来る人、注文だけの人、注文すら禁止な人の成長速度の違いをサッカーの勝ち点で説明した絵
  • 大学で注文を禁止された選手は「勝ち点0」。中学と高校を含めても「勝ち点」は「0」
  • 大学で注文は出来るが食事は出来ない選手は「4年間」で「勝ち点4」。中学と高校を含めると「勝ち点」は「10」
  • 大学で注文も食事も出来る選手は「4年間」で「勝ち点12」。中学と高校を含めると「勝ち点」は「30」

大学までサッカーを続けた場合、「勝ち点の差」が非常に大きくなります。
中学や高校で得た「勝ち点」も考えると、「サッカー選手の立場」で成長の速さに「大きな差」が出ることが分かります。

サッカー人生で得る勝ち点。(大学まで選手の立場が同じ場合)
「注文を禁止された選手」は「勝ち点0」
「注文は出来るが食事は出来ない選手」は「勝ち点10」
「注文も食事も出来る選手」は「勝ち点30」

食べ放題で注文と食事が出来る人、注文だけの人、注文すら禁止な人の成長速度の違いをサッカーの勝ち点で説明した絵

高校で引退する選手のことも考えると、「サッカー選手の立場」で成長速度が左右されるのは困ります。
どれだけ本人が頑張っても、指導者が決めた「選手の立場」で成長速度が決まるのならば、サッカーの楽しみを味わうのは非常に難しいでしょう。

勝ち点で追い抜くには
「中学」「高校」「注文は出来るが食事は出来ない選手」は「勝ち点6」を得ます。
「注文は出来るが食事は出来ない選手(高校までで勝ち点6)」「大学」で頑張っても「注文も食事も出来る選手(高校までで勝ち点18)」に「勝ち点」で勝つことは出来ません。

「注文も食事も出来る選手(高校までで勝ち点18)」「大学」でサッカーをしない場合、「注文は出来るが食事は出来ない選手(高校までで勝ち点6)」「大学」で「勝ち点12」を得たら、「勝ち点」で並ぶことが出来ます。

ただ、「注文も食事も出来る選手」が「6年間で得た勝ち点」を、「注文は出来るが食事は出来ない選手」は「10年」かけて得る必要があります。(中学高校は勝ち点1ずつ増やし大学では3ずつ増やす)

食べ放題で注文と食事が出来る人、注文だけの人、注文すら禁止な人の成長速度の違いをサッカーの勝ち点で説明した絵

毎月、勝ち点が増える場合
今までは「1年」で1回だけ「勝ち点」が増えました。
今度は「1ヶ月」に1回、「勝ち点」を増やしてみます。
数字が増えるだけなので説明は簡単に。

下の図が「毎月、勝ち点が増える」場合です。
数字の量が多く、見やすさの確保が出来なかった。

下の図左側の1から12は、1月から12月のこと。真ん中にある1、2、3(または1、2、3、4)は1年、2年、3年(または1年、2年、3年、4年)の意味。

食べ放題で注文と食事が出来る人、注文だけの人、注文すら禁止な人の成長速度の違いをサッカーの勝ち点で詳しく説明した絵

中学「注文を禁止された選手(上の図ロ)」は、「勝ち点0(上の図A)」
中学「注文は出来るが食事は出来ない選手(上の図ハ)」は、「勝ち点36(上の図A)」
中学「注文も食事も出来る選手(上の図ニ)」は、「勝ち点108(上の図A)」

高校「注文を禁止された選手(下の図ロ)」は、「勝ち点0」。中学を含めても「勝ち点0(下の図B)」
高校「注文は出来るが食事は出来ない選手(下の図ハ)」は、「勝ち点36」。中学と高校で「勝ち点72(下の図B)」
高校「注文も食事も出来る選手(下の図ニ)」は、「勝ち点108」。中学高校で「勝ち点216(下の図B)」

食べ放題で注文と食事が出来る人、注文だけの人、注文すら禁止な人の成長速度の違いをサッカーの勝ち点で詳しく説明した絵

大学「注文を禁止された選手(上の図ロ)」は、「勝ち点0」。中学高校を含めても「勝ち点0(上の図C)」
大学「注文は出来るが食事は出来ない選手(上の図ハ)」は、「勝ち点48」。中学高校大学で「勝ち点120(上の図C)」
大学「注文も食事も出来る選手(上の図ニ)」は、「勝ち点144」。中学高校大学で「勝ち点360(上の図C)」

毎月「勝ち点」が増える場合、同じ期間過ごしても「勝ち点」に「非常に大きな差」が出ます。
「勝ち点」だけでなく「サッカー選手としての自信」にも「差」が出るはずです。

学年で立場が変わる場合
これまでは「勝ち点」を比べやすくするために、「選手の立場は変わらない」というルールで考えてきました。
今度は学年で立場が変わる場合を確認します。
「1年生」は「注文を禁止」、「2年生」は「注文は出来るが食事は出来ない」、「3年生以上(4年生も含む)」は「注文も食事も出来る」

  • 注文を禁止された選手(1年生)は「勝ち点0」
  • 注文は出来るが食事は出来ない選手(2年生)は「勝ち点1」
  • 注文も食事も出来る選手(3年生、4年生)は「勝ち点3」

下の図(ホ)が、学年で立場が変わるときの「勝ち点」を説明したものです。

食べ放題で注文と食事が出来る人、注文だけの人、注文すら禁止な人の成長速度の違いをサッカーの勝ち点で説明した絵

中学「1年生」のときは「勝ち点0」。中学「2年生」では、「勝ち点1」。中学「3年生」になると、「勝ち点3」。

中学のときに得られる「勝ち点」は「4」(上の図ホのA)

次は、高校の「勝ち点」を考えます。

食べ放題で注文と食事が出来る人、注文だけの人、注文すら禁止な人の成長速度の違いをサッカーの勝ち点で説明した絵

高校「1年生」のとき「勝ち点0」。高校「2年生」では「勝ち点1」。高校「3年生」になると「勝ち点3」。

高校のときに得られる「勝ち点」は「4」(上の図ホのB)

最後に、大学の「勝ち点」を考えます。

食べ放題で注文と食事が出来る人、注文だけの人、注文すら禁止な人の成長速度の違いをサッカーの勝ち点で説明した絵

大学「1年生」のとき「勝ち点0」。大学「2年生」では「勝ち点1」。大学「3年生」になると「勝ち点3」。大学「4年生」でも「勝ち点3」。

大学で得られる「勝ち点」は「7」(上の図ホのC)

  • 学年で立場が変わるときの勝ち点
  • 中学は「勝ち点4」
  • 高校で「勝ち点4」。中学も含めると「勝ち点8」
  • 大学では「勝ち点7」。中学高校を加えると「勝ち点15」

学年で立場が変わると「勝ち点」が増えそうですが、意外と増えませんでしたね。
大学まで「10年間サッカー」を続けたとしても、中学高校「注文も食事も出来る選手(高校3年生のとき勝ち点18)」に勝てません。

学年で立場が変わる選手の「10年(勝ち点15)」と「注文も食事も出来る選手」の「5年(高校2年で勝ち点15)」は同じです。

食べ放題で注文と食事が出来る人、注文だけの人、注文すら禁止な人の成長速度の違いをサッカーの勝ち点で説明した絵

「サッカー歴が長い選手」の方が上手くなりそうですが、そうとは限らないことが分かります。
「いつからサッカーを始めたか」ではなく「どこまで勝ち点を伸ばしたか」が大事です。

「ゲーム」で考えると分かりやすいでしょうか。
「ゲームの上手さ」を比べるときは「いつゲームを購入したか」ではなく、「どこまで進んだか」や「どれぐらいでゴールしたか」で比較しませんか。

「自分がゴール出来ないから誰もゴール出来ないはずだ」と思うのは間違いです。
「私」が知る範囲では、「他者に敬意を払えない人」は、だいたい「下手くそ」でした。
「ゴール出来ない」のは「ゲームが難しいから」か、それとも、「自分の能力が低いから」か。

「日本人差別をする人」は「自分(東アジア系のこと)が出来ないから日本人には絶対に出来るはずがない」と考えるようです。

日本人が成功したところに東アジア系が後から来るのは、東アジア原産の日本人差別が原因。(日本の後追い)
「日本人でも出来るなら自分達(東アジア系のこと)の方がもっと出来るはずだ、という東アジア原産の日本人差別」

「敬意を払えない人」は相手にされない。
周りから相手にされないから、「ゴールする方法」を教えてもらえない。

「嫌われ者」は「ゲームの攻略法」を教えてもらえません。

たとえ教えてもらったとしても、能力が足りず「ゴール出来ない」でしょうね。

自分と相手は別の人間だと理解出来るのは賢い証。
自分と相手は違う。
これは、非常に大事なこと。
自分と相手は違うと理解出来るのは、非常に高度な知性を有する証拠です。

「お前には出来ない」と「お前だから出来ない」は全く違いますよ。

お前には出来ないと言うのが初心者狩り。
お前以外は出来ている。お前だから出来ないと思うのが私。
私なら、お前なんかと一緒にするな、と心の中で思うでしょうね。

世の中には、犬のフンみたいな人もいますからね。


実は勝ち点の計算が正しくない
今まで「勝ち点」を比べてきましたが、大きな間違いがあることに気付きましたか。
この間違いを訂正しなければ、「勝ち点」の話は全く意味がありません。
明らかにおかしい部分があったのですが気付きましたか。
おそらく、「異常な指導者(体育会系も含む)」は気付けないでしょう。

明らかにおかしい部分が下の図にあります。
どこにあるか分かりますか。

食べ放題で注文と食事が出来る人、注文だけの人、注文すら禁止な人の成長速度の違いをサッカーの勝ち点で説明した絵

上の図で間違っている部分は、「勝ち点0」のところ。
「勝ち点0」というものは、存在しません。
なぜだか分かりますか。
これが分かれば、「異常な指導者」が「日本人の不幸を望むこと」が理解出来ます。

勝ち点0とは
「勝ち点0」は、どのような状態でしょうか。
「勝ち点0」を説明出来るでしょうか。
「試合」で考えると説明しやすいですよ。

「勝ち点0」とは、「勝ち点を得られなかった」ということ。
これ、非常に大事です。

この説明では納得出来ない人もいるでしょう。
「勝ち点0」を説明するために、「勝ち点3」と「勝ち点1」の確認をします。

「勝ち点3」とは、「試合で勝った」という意味。
「勝ち点1」とは、「試合で引き分けた」という意味。

では、「勝ち点0」とは、何でしょうか。
答えは簡単ですね。
「勝ち点0」とは、試合で負けた」という意味です。

下の図にある「勝ち点0」は間違っていますね。
「勝ち点0」とは試合で負けること」なので、「試合に出ることが出来ない選手」は「負けることが出来ない」ため、「勝ち点0」になることはありません。

「試合に出ることが出来ない選手」は「勝ち点0」になることすら出来ません。

「試合に出ることが出来ない選手」が「試合で負けたことを意味する勝ち点0」になることは無い。
この部分が大きな間違いです。

食べ放題で注文と食事が出来る人、注文だけの人、注文すら禁止な人の成長速度の違いをサッカーの勝ち点で説明した絵

「注文を禁止された選手」は「勝ち点0」なのではなく、「勝ち点」は「無し」
正しい表現をするなら「注文を禁止された選手」は「勝ち点無し」

「勝ち点0」と「勝ち点無し」は全く違います。
「勝ち点0」は「試合に出た」という意味で、「勝ち点無し」は「試合に出ていない」という意味になります。

「注文を禁止された選手」は「勝ち点0」にすらなれない。
非常に厳しい立場です。

間違いが、もう一つあります。
もう一つは簡単でしょうか。
下の図にある「勝ち点1」も、おかしいです。
「勝ち点1」とは、「試合に出て引き分ける」という意味なので、「練習には参加出来るが試合に出ていない選手」も、残念ながら「勝ち点無し」になります。

食べ放題で注文と食事が出来る人、注文だけの人、注文すら禁止な人の成長速度の違いをサッカーの勝ち点で説明した絵

上の図の「注文は出来るが食事は出来ない選手」も「勝ち点無し」です。
「勝ち点を得る」のは「注文も食事も出来る選手」だけです。

「注文も食事も出来る選手」の中から、「勝ち点3」や「勝ち点1」、「勝ち点0」の選手が生まれます。

「注文も食事も出来る選手」が成長し、その中から「上手い選手」や「普通の選手」、「これから上手くなる選手」が出てきます。

「勝ち点」の多さが「上手さ」だとしたら、一番「勝ち点」を集めた人が優勝ですね。
「正常な環境」であれば「サッカー歴の長さ」が「勝ち点の多さ」につながりますが、「異常な指導者(体育会系)が作る環境」では、「サッカー歴の長さ」は「意味を持たない数字」になります。

「自分は中学高校で勝ち点無しだから、大学からサッカーを始めた選手よりも勝ち点が多い(上手い)」と考えるのは間違いですね。
「自慢出来ることが無い選手」ほど「勝ち点無しの期間」を自慢すると思います。
変な自慢をするのは、「異常な指導者が選手の心を破壊したから」でしょう。

全員がそうだとは限りませんが、「勝ち点無しの期間が長い人」ほど、「初心者狩り」で「心のバランス」を取ろうとする印象です。

初心者側は非常に困ります。
どこまで手加減すればいいか分かりませんから。

「勝ち点無し」の帰宅部

帰宅部は「サッカーの試合」に出ることはありません。(ただし、助っ人等、特殊な場合を除く)
帰宅部の「勝ち点」は「無し」になります。

「勝ち点無し」とは、「試合に出ていない人」のことでした。

「試合に出ていないサッカー選手」と「サッカーに興味が無い帰宅部」は「別の生き物だ」と考えることも出来ますが、「勝ち点」で判断するなら「同じ生き物である」とも言えるでしょう。

「勝ち点無し」の「サッカー部」と「帰宅部」を比べた場合、どちらがサッカーが上手くなるか。
答えは、人による。(頑張っている選手を守るための答え)

私は大学からサッカーを始めましたが、「サッカー部」に、そこまで違いを感じませんでした。(相手も同じ人間ですから)
素晴らしい選手は、たしかに素晴らしいのですが、「初心者狩りをするような人」や「自分より下だと認定した相手に敬意を払わない人」は、特に魅力を感じませんでした。

サッカー選手としての経験は初心者である私よりも上かもしれませんが、今後も上であり続けるとは限りませんからね。
「サッカー部」は、たしかに凄いのかもしれませんが、私と同じ人間ですから。

「サッカー選手としての優劣」で私を馬鹿にするのは想像出来ましたが、私の人格等まで攻撃してくるのは理解出来ませんでした。(侮辱してくるのは数名だけで、他の人は普通ですよ)

私も品が無い側の人間なので、「サッカー部にも私のような出来損ないがいるのだな」と思いました。
ただ、私の人格やその他のことまで見下してくると、「何だ、この生き物」と驚きますよね。(漫画やアニメでしか見たことがなかった存在)

短くすると「ダメな選手ほど私を見下していたよ」ということです。
「サッカーもダメ、勉強も出来ない、人格も終わっている」
「ああ、残念だな」というのが私の感想。

サッカーを始めたばかりのころは相手の方が上手でしたが、似たような失敗を何度も繰り返す。
「ああ……」と思わせる「初心者狩り」

私は「人を傷付けたらいけません」と非常に品があり高度な知性を要求される特別な学校に通っていたので、黙って相手を観察していました。

心の中で思うだけなら相手は傷付かないと、品の無いことを考えたこともありました。
自分を見下してくる相手を気遣う必要は無いのかもしれませんが、己を高めるための訓練だと思って言葉にはしませんでした。

「何十年やっても心が成長しない人がいると聞いていたが、お前がそれか」と。

授業中のサッカー部とサッカーをしているときのサッカー部は、どちらが本当の姿なのだろうか。
サッカー部と帰宅部が両方とも続けている勉強で判断してもいいのだよ、と思いながら相手の話を聞いていましたが、価値を見いだせなかった。
「他人を見下しているヒマがあったら練習しろ」と、わたしはおもいました

性格がキツイのは体育会系だけではありませんからね。

私は帰宅部生まれの帰宅部育ちなので、サッカー部のルールや体育会系の常識は分かりませんが、教科書や参考書の読み方ぐらいは知っています。
サッカーの教科書は他の科目に比べて内容が薄い。
教科書を読んでも満足出来ないなら、参考書を確認する。

参考にならない参考書は意味が無い。
使えない参考書を読む人は、いないと思います。
初心者に敬意を払わない人は、サッカーで一番上手ではなかった。
サッカー選手として参考にするほど能力は高くない。
ならば、他の能力はどうか。

勉強なら帰宅部の私でも能力が判断出来るが、どう観察しても成績が良さそうには見えない。
実際に成績を聞いたわけではないが、サッカーの練習中に同じような失敗を繰り返すことから、学習能力は非常に低いと判断した。
勉強を教えてもらう相手には、ならないだろう。

性格は良くない。
人として見習うべき部分を探すのが難しい。
私の周りには魅力的な人が多かったので、他者を侮辱するような人から学ぶべき部分を見つけられなかった。
相手から吸収出来る部分は何か。

初心者狩りを周りの経験者と比べたとき、私への攻撃性は高かった。
おそらく、初心者を侮辱する能力は、そのチームの中で上の方だろう。
だが、幼稚園児でもしないようなセンスの無い侮辱しか出来ない相手からは、学ぶべきものを見つけられなかった。

サッカー部では際立った性格の悪さも、私より控えめである。
初心者狩りから侮辱の仕方を学ぶよりも、私の考えを素直に伝えた方が効果が高いだろう。

人の好みは様々で、変わった趣味の人もいます。
私を侮辱する人には恋人がいたようです。(たしか、いたはず)
こんなのと付き合う人間が存在するのかと不思議に思ったが、フンコロガシを図鑑で見たことを思い出し、妙に納得。(勉強って大事)

初心者狩りは、話の最後に私を見下して笑う内容を入れていたようですが、時間とともにそれも減少。

上の方で「勝ち点無し」の話をしましたが、私は「サッカー歴」は気にしません。
私が小さい頃に学んだことなのですが、10歳、20歳、30歳……と、年齢が離れていても能力が高いとは限らない。

昔の話になりますが、明治、大正、昭和、平成の時代がありました。
今は令和ですね。
私は明治や大正、昭和の初期の人と縁が深かったと思います。(大正の人との付き合いが多かったかも)

年上だから能力が高いとは限らない。
先に始めた人が優れているとは限らない。
このことを知っていました。

1年や2年、3年など、誤差の範囲。(数十年も似たようなもの)
私にとっては似たようなものですが、体育会系は気にするようです。

勉強が出来る人達と少し一緒にいたことがあったのですが、役に立たない教師は相手にされていませんでした。
教師は生徒よりも年上ですが、役に立たないと思われたら捨てられる。
授業を受けるよりも自習した方が成績が伸びますからね。

年上だから参考になるとは限らない。
役に立たない参考書は選ばれない。
役に立たないものを何度見ても、得られるものは無いでしょうから。

体育会系に伝わるか分かりませんが、出来が悪い人間は相手にされない世界があると思います。
私は、その世界出身ではないので、あくまでも想像ですが、参考になるかどうかで人を判断する世界が存在すると思います。

参考になる部分があるかどうかで人を評価する。
サッカー歴の長さや年齢の高さが評価されることは少ないと思います。(一つの判断材料にされることはあっても、それで結果が決まることは無いでしょう)

おそらく、体育会系の人間には伝わらないかもしれません。
分かりやすく言うと、「初心者狩りは足し算を覚えるのに何年かかっているのか」でしょうか。(この文章は初心者狩りをする人に向けたものです)

何十年続けても成長していないなら、サッカー歴や年齢は相手に自慢するものではなく、隠すものではないか。(この文章は初心者狩りをする人に向けたものです)
私は、そう思います。

ただし、何十年も上手くなれないという悩みを抱えている場合は別ですよ。
何十年も痛みを抱えながらも続けてきたことは凄いことだと思います。(ただし、周りを侮辱する場合は除く)

何十年も生きているのに、人の心が分からない。
これは自慢することではありませんよね。
何十年も人と接しているはずなのに、人を侮辱したらどうなるかも想像出来ない。
何十年もサッカーを続けているのに、敬意の払い方を知らない。

「ああ、残念だな……」
見ていて悲しくなりますよ。

苦手なことがあるのは分かります。
何十年続けても出来ないこともあるかもしれません。
ただ、自分が先にサッカーを始めたからといって、初心者を侮辱するのは間違いでしょう。
私は、人間の質が成長速度に関係していると勝手に思っています。

他人を侮辱して楽しんでいるような人は、だいたい下。
初心者の私でも理解出来た程度の上手さ。

「私がいなければ、君がビリ」

性格がキツイのは体育会系だけではありませんからね。

サッカー歴や年齢で自慢するなら、全ての面で優れていないといけない。
大学からサッカーを始めた初心者に追い抜かれることなど、あってはならない。
私を侮辱して楽しんでいた初心者狩りは、どうなったのか。

  • 小さい頃からサッカーをしないと上手くなれない
  • 大学からサッカーを始めても上手くなれない

上の2つの考えは非常に危険で頭が悪いですよね。

小さい頃からサッカーを続けているのに、大学からサッカーを始めた人よりも下手である。
こうなったとき、体育会系の心は持たないでしょう。
私を侮辱していた初心者狩りが私を笑うのを止めたのはなぜか。

なぜだと思いますか。
私は分かりません。
答え合わせをするほど野暮(やぼ)ではないので模範解答は分かりませんが、おそらく私の予想が正しいでしょう。

野暮(やぼ)
人の心が分からないこと。

私は優秀な人間ではなかったが、初心者狩りよりは優れていたのかもしれない。
サッカーですることはゲーム機ですることと同じ。
ゲーム機で遊ぶのが上手ではない人は、サッカーも上手くないと思います。
学習能力が高くないのと、操作の上手さに影響する器用さが足りないから。

初心者狩りは同じ場所で何度も失敗して、ゲーム機に八つ当たりするでしょうね。
攻撃先が初心者かゲーム機かの違い。
おそらく、全体的な能力が非常に低い。

強引に褒めるとしたら、サッカーを続けていることは素晴らしいですね。
下を見ずに上を目指せば、もう少し初心者狩りのサッカー人生は豊かなものになったと思います。

敬意の払い方を知らない人間の数十年間は新聞紙よりも薄いでしょう。

私を侮辱する人のサッカーの参考書にも厚みがあった。
文字が並んではいたが、人間の文章としては成立していなかった。
白紙と同じ。

数分で読み終わる厚さ。

勝ち点無しでも気にしない
「勝ち点無し」でも落ち込む必要はありません。
「勝ち点無し」や「勝ち点が少ない選手」でも十分上手になれます。
苦しい状況でも希望を捨てず、心に日の丸を付けている日本人選手の幸せに貢献するために、「サッカーおでん」は存在しています。

体育会系では他人を使い捨てにするでしょう。
指導者が日本人の生命を奪うように、先輩が後輩の人権を奪うように、君も「サッカーおでん」から使えるものを探せばいい。
君が「人の心を持ったスポーツ選手」だとしても、「サッカーおでん」を使えばいい。

「サッカーおでん」は「偉大な選手」を「私が作った」から生まれた。
「私の好み」を全面に出したもの。
「心に日の丸を付けている選手」にこそ使って欲しい。

「私」がサッカーを始めたとき、ブラジル代表の作り方が落ちていた。
なぜ、周りはブラジル代表を作らないのか。
ずっと疑問だった。
「なぜ、真面目にしないのか」

今は分かる。
なぜ、異常な指導者が、試験管の中でブラジル代表を作らないのか。

それは、日本人の幸せを憎むから。
(異常な指導者の能力が足りないことも原因かもしれないが……)

気に入らない部分があるなら、使わなければ良い。
(ただし、サッカーおでんは全て集めることで本来の能力を発揮します。)

無理をしてまで、サッカーおでんを使う必要はありません。
人の心が無い体育会系には絶対に使いこなせない、人間にしか使えないものです。

私にはそのつもりはありませんが、サッカーおでんは何かを折ってしまうかもしれません。
何を折るのか。

選手の手足?

違います。

他者に敬意を払わない人間が、どうなったのか。
それは、もうすぐ分かるでしょう。

  • 大学からサッカーを始めた「私」
  • ドリブルは上手い人しか練習したらいけないと勘違いしていた「私」
  • 大学を卒業してからドリブルを覚えた「私」
  • リフティング最高4回の「私」(非公式だが世界一)

処刑台で遊んではいけないよ。
危ないことはしない。

処刑台で遊ぶとは、他者に敬意を払わないということ。
プロがアマチュアを見下すのも刺激的な遊びだと思います。

なぜ、初心者狩りをした人が静かになったのか。
首の調子が良くないからでしょうね。

薄皮一枚。まだ、つながっている。

私は何もしていないよ。

下の4行、面白いから覚えていてね。
意味が分かると、サッカーで一番楽しい瞬間を味わえるよ。
私の、とっておき。

  • 大学からサッカーを始めた「私」
  • ドリブルは上手い人しか練習したらいけないと勘違いしていた「私」
  • 大学を卒業してからドリブルを覚えた「私」
  • リフティング最高4回の「私」(非公式だが世界一)

たぶん、全滅すると思う。

  • 一番早く成長するには

一番早く成長したいなら、「正常な指導者」と「健全な育成環境」を得ること。

「正常な指導者に恵まれない」なら、「異常な指導者を排除した環境での成長」を考えるといい。(個人で上達する時間を作る等)

「異常な指導者」と一緒だと「食事が出来ない」ため、「異常な指導者がいないとき」に「栄養補給」を考えよう。

「選手が一人で行う」場合、「本来なら指導者が行うこと」も選手がしないといけないため、「正常な指導者と健全な育成環境で育つ選手」よりも「成長は遅くなる」かもしれませんが、「異常な指導者と一緒の選手」よりは「成長が早くなる」でしょう。

食べ放題で考えるなら
「選手が一人で食べ放題を利用する」場合、「選手が支払いをしないといけない」ので「お金が貯まるまで食事が出来ない」ため、「お金を出してくれる指導者がいる選手」よりも「成長(食べ放題の利用)」が遅くなります。

しかし、「支払いをしない指導者と一緒の選手(食べ放題を利用出来ない選手)」よりは「成長(食べ放題の利用)」が早くなります。

「居残り練習や自主練習を望む選手」が多いなら、「指導者の指導内容がダメ」だと思った方がいい。
「やる気があって良い?」
いいえ、「指導者が行う練習では物足りない」ということです。

「先生の授業だけでは成績が上がらないので、親や学習塾の先生に教えてもらいます」
こう言われて嬉しいですか。

「先生の授業だけでは成績は良くならないから、授業が終わってから他の人に教えてもらいなさい」
これは、先生が胸を張って言うような内容ですか。

「成績が良い生徒は私(先生)以外の人からも教えてもらっている。私(先生)の授業だけで成績が上がると思うのは甘えだ。」

「チーム練習だけで全員を上手く出来る」と考える指導者が出てきたら、「異常な指導者の居場所」はありませんよ。

「居残り練習を認めない指導者」がいるのも理解出来ます。
「お前の練習だけでは満足出来ない」と言われているようなものですからね。(全力で練習していないという意味で怒る場合もあるでしょう)

「サッカーの試合」は「90分」(年齢によって時間は異なります)
「激しい運動」は長時間出来ない。
「強度が高い練習」をしたあとは、「回復する時間」も必要です。

休むことも大事な練習です。

「本番と同じ条件(または本番より難しい条件)」で練習した方が良い。
「日本人選手の時間と未来」を無駄に奪いたいなら、「本番」を意識せず「毎日長時間練習する」方がいいかもしれない。
「罰で走らせる」のも加えると、「日本人選手の人生」を壊しやすくなりますよね。

「異常な指導者」は「サッカーは下手」だが「日本人選手を破壊する」のは上手。

異常な指導者のルール(思想)と見分け方

初めて触れる人には少し複雑に思えるかもしれませんが、一度理解してしまえば非常に簡単です。

理解するのが難しい場合は、「サッカーおでんが、また変なことを言っているな」程度に考えてください。政治等の知識が、少しだけ必要です。

特徴を理解すると東アジア原産の日本人差別を見つけるのが早くなります。サッカーなら相手ゴール近くでボールを奪えるようなもの。(楽になります)

日本人差別をする東アジア系は、日本人男性への攻撃が非常に激しいです。
日本人男性への反応で、東アジア系(日本国籍取得者も含む)かどうかが判断出来ます。(おそらく、一番正確な方法だと思います)

指導者の質を確認するときに使える知識。(難しいなら飛ばしてください)

東アジア系(日本国籍取得者も含む)は、日本人と善悪の基準(ルールや思想)が違います。

善悪の基準(ルールや思想)に注目すると、サッカーや周りの世界が全く別のものに見えるでしょう。

  • サッカーは日本人差別を認めない

「サッカー」は「差別」や「暴力」に反対しています。
「サッカー」は「日本人差別」を認めない。

「サッカーが禁止している日本人差別」を、「指導者」が行っているのではないか。
「指導者の発言」を聞いていると、「指導者が日本人差別(東アジア原産の呪い)を行う」ことが分かる。(全員とは言っていない)

理解しやすくするために「東アジア原産の呪い(日本人差別)」は、「常に日本人男性を攻撃する」と覚えてください。
「日本人女性」を攻撃することもあるが、攻撃しないこともある。(勘違いしやすいので注意)

「東アジア原産の呪い(日本人差別)」には2種類ある。

  • 東アジア原産の呪い(日本人差別)
  • 「日本人男性」だけを攻撃する。
  • 「日本人男性」「日本人女性」を攻撃する。

「指導者」が、どこまで「日本人差別」を行うか確認しましょう。(指導者の質を判断するときに使ってください)

  • 日本人男性を差別する指導者

「相手に敬意を払うこと(リスペクト)」を大事にしている「サッカー」
「選手の将来を左右する指導者」は、「選手のお手本」でなければならない。

「選手のお手本になるべき指導者」が「日本人男性を差別」する例。

「女子選手を指導する難しさを語る指導者」
「男子と女子の違い」を話すとき、「日本人男性への攻撃」が始まります。
表現は丁寧ですが「日本人男性を差別する内容」
「日本人男性への攻撃」を「お上品な言葉」でしているだけ。

内容を簡単に紹介すると、「女性は素晴らしい(日本人女性とは言っていない)」が「日本人男性は劣っている」という内容。(原文はもっと汚い内容)

「日本人差別をする人」は「女性(日本人女性とは言っていない)が上で日本人男性が下」だと主張する。

「東アジア原産の呪い(日本人差別)」は、「女性は優れているが日本人男性は劣っている」というもの。(もっと過激な内容)

「劣っているお前らが悪いから罵倒されても反撃するな」といった内容。(異常な指導者の共通点)

男子生徒だけを激しく攻撃する先生は要注意。(女子が悪くても常に男子を攻撃する等)

「女性の褒め方(日本人女性とは言っていない)」は、「女性は賢い」が「日本人男性は愚かだ(こちらは日本人に限定)」というもの。

「優れている人間が劣っている人間を教育してやる」といった内容。(異常な指導者の特徴。生徒の、特に男子の意見を聞く必要は無いという教師側の姿勢)

「日本人男性を差別する指導者の話」を聞くと、「女性(日本人女性とは言っていない)」は「指導者に言われても説明がないと動かない」「納得するまで説明を求める」「自分の意見を持っているから納得しないと動かない」といった内容。(丁寧に聞くと実は褒めていない)

「日本人男性を攻撃する」ときは上の逆ですね。
「単純だから命令されたら何も考えずに従う」「考えることをしないから説明を求めない」「自分の意見が無いから言われたらすぐに従う」といったもの。

日本人差別をする指導者は普通の質問には答えないが、日本人差別をするときは頼まれてもいないのに「異常な指導者が考える相手のダメな部分」を長時間語りたがる。(誰かを否定するのが大好きな指導者)

「日本人男性を差別する指導者」の興味深いところは、「女性を褒める」というよりも「日本人男性を罵倒するために女性を利用する」ところ。

「何か」を説明するとき、「解説する人がどちらに敵意を持っているか」で表現が変わります。

「日本人男性を差別する指導者」は「日本人男性」に「敵意」を持っているので、「日本人男性を侮辱する表現」になります。

「女性(日本人女性とは言っていない)を褒めた文章」を言い換えると、「指導者に反抗的」「自分の感情を優先する」「チームの和を乱す」とも表現出来ますよね。

「素晴らしい」と表現するか、「ダメだ」と言うかは「説明する側がどちらに敵意を持っているか」で決まります。

「潰したい側」を選んでから「殴り方(罵倒の仕方)」を決める。

「日本人女性」を「母親」に、「日本人男性」を「息子」に置き換えると理解しやすい場合もあります。
子育て支援や母親支援の形で女性(日本人女性とは言っていない)を助ける運動をしている東アジア系の集団がいますが、話を丁寧に聞くと「日本人の母親に日本人の息子の命を奪え」と遠回しに言っていることがありますから。
「子育て」や「出産」関係は、「女性が日本人男性を攻撃しやすい雰囲気」を作りやすいからか、日本人男性に敵意を持った東アジア系(日本国籍取得者も含む)が集まりやすいのでしょうね。

「日本人男性よりも女性(日本人女性とは言っていない)の方が優秀である」と主張する人の発言を丁寧に聞くと、「女性の能力」を認めているのではなく「否定している」ことが見え隠れします。

おそらく「女性(日本人女性とは言っていない)にすら劣る」という「侮辱的な意味」でしょう。
「お前の学校の一位よりも私の学校の最下位の方が優れている」と似たような意味だと思います。

「女性を評価している」なら、「東アジア人(日本人男性を除く)よりも「日本人女性(こちらは日本人限定)」の方が優れている」と表現しても否定しないはずですが、「日本人差別をする東アジア系(複数の国と地域)」は「否定する」でしょうね。

「女性を褒めるための表現」なら「東アジア人(日本人男性を除く)よりも日本人女性(日本人限定)の方が優れている」と言えば喜ぶはずですが、たぶん激怒するでしょう。(危険なので絶対に言わないこと)

「私の想像」ですが、「東アジア系(日本国籍取得者も含む)」は「日本人男性だけが女性に劣る」と反論すると思います。

「女性の方が優れている」という表現は「日本人男性だけではなく、日本人女性」も侮辱する表現だと思います。

「日本人男性よりも女性(日本人女性とは言っていない)の方が優れている」という表現は、「日本人女性に日本人男性を攻撃させる」ための表現でしょう。

東アジア系の興味深い表現

「東アジア系(日本国籍取得者も含む)」が「日本国」と「東アジア」を夫婦関係で例えるとき、「日本を女性」に、「東アジアを男性」にすることから、「東アジア系には女性を褒める意識は無い」と思われる。

また、「日本国」を見下すときの表現で「東アジアを必ず男性に例える」ことから、「東アジア系の中では女性よりも男性の方が上である」と考えていると思われる。

「東アジア」を「父や兄、弟」と「男性として例える」ことはあっても、「母や姉、妹と例えることは無い」ことから、「東アジア系の中では女性よりも男性が優れている」と考えていると予測出来る。

全てを見たわけではないが、入ってくる情報から予測出来ること

他にも「東アジア系男性の日本人差別(報道では反日デモと表現される)」で「東アジア系が日本人役」をし、「東アジアに土下座するパフォーマンス(暴力を振るわれることもあり)」をすることがある。

「日本人役の東アジア系の男性」が「同じ東アジア系の男性には土下座する」が、演技だとしても女性には謝罪しない。

「東アジア系の女性」が「日本人差別(報道では反日デモと表現される)」をするときは「東アジア系の男性が日本人役をしない(東アジア系の女性に土下座しない)」

これらのことから、「東アジア系の中では女性よりも男性が上であるという共通の認識がある」と想像出来る。(「土下座をする行為」は「東アジアでは相手よりも下である」という意思表示になるようだから)

上のことから、おそらく「東アジア」では「女性に例えられる対象」は「下である」という意味になるのだろう。

「日本国」が女性として扱われることはあっても、「東アジア」を女性として表現することはない。

「東アジアを必ず男性として表現する」ことから、「日本人男性よりも女性の方が優れている」という言い回しは、女性を褒めているのではなく、女性にすら劣るという侮辱の意味であろう。

「日本人男性(父親役)」が「女性(日本人女性とは言っていない)」に謝罪や服従する「宣伝や映像」等が生産される背景には、「東アジアのルール(思想)」があるのかもしれない。

「東アジアのルール(思想)」で考えると「日本人男性(父親役)ですら女性より下」となるなら「日本人女性」は「もっと酷い扱い」になる。

「東アジアの行動と発言内容」を観察すると、「日本人男性(こちらは日本人限定)よりも女性(日本人女性とは言ってはいない)の方が優れている」という文章は、非常に悪質な侮辱表現ではないか。

「女性を侮辱する東アジア系の発言」を聞いていると、「女性」という表現は「日本人女性だけ」の場合もあるようだ。

「女性を攻撃する東アジア系」も「同じ女性」だが気にしていないところを見ると、「日本人女性だけに限定する女性という表現」があるのだろう。

おそらく「東アジア系の女性」も「日本人女性を見下している」と予想。「東アジア原産の日本人差別(ルール)」で考えるなら、「性別」に関係無く「日本人を見下す」ということでしょう。

(東アジアに滞在していた人の情報で東アジア系の女性が日本人女性を「見下している」という証言を確認出来たので、ほぼ確定だろう)

「判断材料」が欲しいなら「政治」に注目すればいい。「報道機関の表現(言い回し)」も材料になります。

「東アジア系(日本国籍取得者も含む)が日本語で書いたニュース」を読み比べると分かりやすい。

少し難しくなりますが「指導者の発言(学校の先生も含む)」も「東アジア原産の日本人差別」を知る材料になります。

「東アジア系だけが分かる表現」で「日本人差別」をしていますからね。私が観察した範囲では「日本人差別に気付かない日本人」を見下し笑っているようだ。

日本人が「何か変だ」と感じたら、その直感は正しい。「何か変だ」の正体は「東アジア原産の日本人差別」だと思います。

日本人の周りには「日本人に向けられた強烈な悪意」があふれていますからね。

「東アジア原産の日本人差別」が多過ぎて気付けないだけ。


「日本人男性を攻撃する指導者」が「女性(日本人女性とは言っていない)の方が優れている」と主張した内容について面白い話。

「教育に関する情報」で紹介された海外の研究結果では、「日本人男性を攻撃した指導者の主張」とは逆の内容になっていました。(情報元を記録しておらず細かい部分は不明)

「男性」は「指示の意味を説明しないと動かない」「納得するまで説明を求める」「本人が納得しないと動かない」
「女性」は「指示すれば素直に従う」「説明を求めない」「指示に協力的」

「男性と女性の評価」が逆なのが面白いですよね。
「面白い」というのは、「日本人男性を攻撃する指導者」の発言は無視すれば良いという意味です。

「サッカー」は「相手に敬意を払う」ことを大切にしているので、「日本人男性」に「敬意を払う」のが当然です。

「日本人男性を差別する指導者」は「日本人を褒めない」ため、「日本人だけを褒める表現」にはならない。(「日本人女性」だと祖国が含まれないので「東アジア人が入る」ように「女性か日本女性(日本に住んでいる女性のことらしい)」という表現になります)
「日本人を攻撃する」ときは、「祖国に被害が出ない」ように「攻撃対象を限定」します。(男性ではなく日本人男性と表現する等)

「日本人や日本国を罵倒する人」の「発言内容」を注意深く観察してください。

「褒めるとき」は「日本人だけを褒めない(祖国を含む表現)」、「罵倒するとき」は「日本人だけを攻撃する(祖国を巻き込まない表現)」

「指導者の祖国を意識しながら話を聞く」と、「正常な指導者」か「異常な指導者」かが分かります。

「指導者の話」を聞いていると、「日本人男性を差別すべきだ」と主張していることがあります。
「サッカー」が「差別や暴力に反対していること」や「人権を大事にしていること」すら知らない人間でも「指導者として活動出来る」のは異常です。
すみやかに「選手が育つ環境を正常化」する必要があるでしょう。

「女性(日本人女性とは言っていない)」には「敬意を払うべき」だが、「日本人男性は乱暴に扱え」と主張する「暴力的な指導者」は少なくない。
「サッカーが求める日本人へのリスペクト」を「異常な指導者」は行わない。

海外の情報に触れていると、「日本人差別をする指導者の醜さ」が目立ちます。(あとで紹介します)

「日本人男性を全員攻撃する」と「日本人選手がまとまって反撃する」かもしれないので、「特定の日本人男性だけを攻撃する」ことが多いようです。
「攻撃される日本人男性」と「攻撃されない日本人男性(日本人ではない場合もある)」を作ることで、「日本人男性への差別」だと気付かれないようにする。

「異常な指導者のルール」に気付かれると反撃されるので、「安全に日本人男性を差別するため」に「ルールの偽装(ぎそう)」を行います。

「偽装(ぎそう)」
相手が勘違いするように細工すること。キックフェイントのようなもの。

「特定の選手を攻撃し続ける」ことで「攻撃される選手に原因がある」と周りに勘違いさせ、「日本人男性同士で潰し合う」ように指導者が導く。
例、「何をやってもダメ」「どうせ無理」「やっぱり出来なかった」等。

「指導者が攻撃の仕方」を教えて、他の選手にも同じことをするように求める。
最初は「異常な指導者だけが特定の選手を攻撃」していても、「異常な指導者が繰り返し罵倒し続ける」と、「異常な指導者がいないとき」でも「他の選手が攻撃する」ようになる。(周りを痛めつけることが正常であると間違った学習を子供がするため)

「異常な指導者は自分の手」を汚さずに、「気に入らない選手」を「安全に差別」出来る。
「攻撃対象が潰れた」ら、次は誰が「潰される」のか。
「二番目に下手な選手か、潰された選手と仲が良かった選手か」
それとも、「日本人男性を差別していることに気付かれた異常な指導者」でしょうか。

  • 日本人男性と日本人女性を差別する指導者

「日本人男性と日本人女性を差別する指導者」とは「日本人差別をする指導者」のこと。
「日本人男性を差別する指導者」で扱った内容と同じになりますが、「サッカーを知らない人間」でも「指導者になってしまう不幸」

「日本人差別をする指導者」が「どのような生き物」か分からない人もいますよね。
「日本代表の試合を見ている」なら知っているでしょう。
「東アジア人の日本人差別」に反対しない「指導者達(先生以外も含む)」のことです。

「東アジア人」が「日本人差別」を行っても「抗議をしない指導者達(抗議するふりだけの場合も含む)」のことですね。
「日本人を守る気持ちが無い集団」のこと。
「東アジア人の日本人差別に抗議しない」ことで、「海外に日本人差別をしてくれと宣伝」しているわけですね。

「え、日本人差別をしてくれと宣伝する集団はいないでしょう」って?
そんなことはありませんよ。「日本人サッカー選手」が知っている「一番身近な存在」が「日本人差別をしてくれと遠回しにお願い」していますからね。

「日本人差別を行った加害者である東アジア人」を守ろうとし、被害者の「日本人選手」を攻撃する「指導者達」

「出来の良い人間」が「上」に行くとは限らない。
「評価する側の人間」が「日本人差別を好む」なら、「日本人差別を行う指導者」が「組織の上」に立ってしまう。(例、「東アジア系」が「東アジア系(仲間)」を増やす)

「サッカー」は「差別や暴力」に反対している。
当然、「日本人差別」も認めない。

「サッカー」が認めていない「日本人差別」を、「指導者が認める」のは大間違い。

「日本人差別」をするのではなく、「素直」になった方が良い。
「祖国が一番だ」と言いたいなら、正直に「祖国」を称えれば良い。
「日本人差別」をどんなに行っても、「東アジアの印象」は良くならない。

「日本人を罵倒する」ときに、一瞬だけ「日本人差別をする指導者の祖国」が出てくることがあります。
「日本国よりも何とか(東アジアの国と地域)の方が上」の「何とか」が「日本人差別をする指導者の祖国」になるでしょう。

「これで日本人は何とか(東アジアの国と地域)を批判出来なくなった」という場合もあります。(日本人が「自称サッカーに詳しい人の祖国(東アジア)」を批判するのは禁止という意味)
「祖国を褒めたい」なら勝手に「東アジアの祖国」を褒めれば良いのに。(日本人に褒めて欲しいのでしょう)

「日本人を罵倒」しても、「日本人差別をする指導者」が嫌われるだけです。
東アジアでは、相手を否定することで自分の優秀さを証明しようとするようです。(東アジア側から発信された情報です)
したがって、日本人を褒めることは絶対にありません。必ず誰かを否定する内容になります。(日本人側を否定するかに注目すると見分けやすいです)

東アジア系(日本国籍取得者も含む)の発言には、非常に高い確率で否定される側が存在するでしょう。(否定されるのは日本人差別に反対する人達)

「日本人男性と日本人女性を差別する指導者」は、「日本人同士で潰し合い」をして欲しいのでしょう。
「日本人男性の振りをした東アジア人(3チーム)」が「日本人女性を攻撃する」ことで、「日本人女性が日本人男性を恨む(うらむ)」ように「うながす」。
「日本人女性の振りをした東アジア人」が「日本人男性を罵倒する」ことで、「日本人男性が日本人女性を守らない」ようにする。

恨む(うらむ)
強く嫌う、相手の不幸を望む等、嫌いを非常に濃くした感情
「うながす」
思い通りに動くように働きかける

東アジア系が日本人男性のふりをして、日本人女性を攻撃し続けていたことがありました。(内容は確認していませんが、まだ残っているようです)
インターネット上で、東アジア系による日本人女性への侮辱で、日本人男性が攻撃されていた時期がありました。

日本人女性のふりをした東アジア系も、日本人女性が日本人男性を攻撃するように促していたと思います。
当時のことを知っている人は、「ああ、あれか」と思い出すでしょう。

攻撃側が途中から東アジア人女性を褒めだしたので、日本人女性を侮辱しているのが日本人男性ではないと広まり、東アジア系のなりすましは相手にされなくなりました。

東アジア系による日本人女性への侮辱だったのですが、私の記憶では女性団体や人権を守れと主張する団体は騒がなかったはず。
「日本人男性を攻撃しろ」と言う人はいても、「日本人女性の人権を守れ」と主張したグループはいなかったと記憶しています。

現在まで、女性団体や人権を守れと主張する団体が、東アジア系による日本人女性への侮辱に抗議したという話を聞かないので、「女性団体や人権を守ろうとする団体」が主張する「人権」に「日本人は含まれていない」のでしょうね。
女性団体や人権を守れと主張する団体は、身内を攻撃しないのでしょう。

体育会系は東アジア的教育を受けていると思います。(おそらく、指導者の価値観が東アジア系)
東アジア系に攻撃されたから日本人男性を攻撃するという発想は、通り魔殺人と同じですね。

体育会系が大好きな東アジア的伝統(通り魔殺人)と言った方が伝わるでしょうか。
指導者に殴られたから後輩を蹴り飛ばす。
日本人とは価値観を共有していませんね。

東アジア系による日本人への攻撃は、インターネットだけでなくテレビや新聞、ラジオ等でも行われていますよ。
テレビ好きな人ほど、東アジア原産の日本人差別に染まっているはず。

日本人男性と日本人女性を争わせる例
日本人男性と日本人女性を争わせようとする例は、サッカーが分かりやすいでしょうか。日本の男子サッカーを叩くために日本の女子サッカーを持ち上げる報道関係者。

「日本の女子選手に日本の男子選手を攻撃」させ、「日本の男子選手が日本の女子サッカーを応援しないようにする」

報道関係者等が「日本人同士で潰し合う」ようにしていますよね。「日本の女子サッカー」を「日本の男子サッカーを攻撃する道具」として利用する「東アジア系(日本国籍取得者を含む)」(報道関係が一番分かりやすいでしょうね)

「日本の男子サッカー」を攻撃する道具として「日本の女子サッカー」を利用したあとは、「女子選手」も攻撃する。(実際にありましたね。両方叩き落とす報道関係者)

「東アジア」が喜ぶために「日本人男性と日本人女性」を争わせ「日本人の不幸」が生まれやすい環境を作ろうとする。
「日本人男性と日本人女性を喧嘩させる」ことで「日本人が団結(だんけつ)しない」ようにする。

「日本人の長所の一つである団結力」を潰すことで、「日本人選手の不幸」を生み出しやすくなる。
日本人の死者が出て喜んでいる東アジア系(日本国籍取得者も含む)を見たことがある人は少なくないでしょう。(一箇所ではなく複数の国と地域)

団結(だんけつ)
一つにまとまること。

日本人男性と日本人女性を争わせる理由
「日本人男性と日本人女性を争わせる理由」は「サッカー」で考えると理解しやすいです。
「東アジアが日本を侵略する」ときに「日本人が団結する」と「攻略が難しい」ので日本人同士で争うように「うながす」

「チーム全体で守る相手」よりも「混乱している相手」の方が戦いやすいですよね。
「まとまりの無いチーム」は倒しやすいので、「仲間同士で潰し合い」をさせようとする。
「日本人同士で潰し合いをさせようとする東アジア系の宣教師」が多いです。報道関係や教育業界で特にご活躍しているようです。

「うながす」
思い通りに動くように働きかける

日本の守備を内側から壊そうとする
「海外の侵略」から「日本国を守る役割」は「日本人男性が中心になる」でしょう。
「日本人男性の守備力が高い」と「東アジアの攻撃」を跳ね返してしまうので、「日本国を内側から破壊する」ことを考える。

「日本人女性が日本人男性を背後から撃つ」と、「日本国の守り」は一気に弱くなりますよね。
「日本人女性に日本人男性を攻撃させる」ことで、日本人男性の「日本人女性を守ろうとする意思」を無くすことが出来ます。

「なぜ、自分を攻撃してくる人間を守らないといけないのか」
こう考えるのは自然なことです。
最初の侵略者である「宣教師(異常な指導者)」は、「日本人男性が日本人女性を見捨てる」ように、「日本人女性が日本人男性を背後から撃つ」ように、「日本人同士で争う」ように仕向ける

仕向ける
狙い通りに動くように働きかける。

日本人の不幸がお金を生む世界
日本人の不幸でお金を稼ぐ報道機関は、当然日本代表の敗北を切望(せつぼう)する。

切望(せつぼう)
とても強く願うこと。

日本人の苦しむ顔を少しでも早く見るために、日本代表を壊す情報を垂れ流す。(例、日本代表の派閥(グループ)や勢力図を作り出し、誰々が別の誰かを攻撃していたと嘘の情報を流し、本人達が喧嘩するようにうながす等)

破壊したい相手のときは「内部分裂や亀裂」と表現し、祖国や思想が同じ仲間を守るときは「多様性(色々な意見がありますよという意味)」と言う。(政治家を扱うときが分かりやすい)

どの言葉を選択するかで相手の立ち位置が分かります。報道関係者が日本代表の作戦を勝手に撮影して対戦相手に流そうとするのは、日本に負けて欲しいからですね。日本ではなく東アジアの祖国(報道関係者の)だけが勝つようにするため。

日本人の不幸(死)を望む者たち

例えば「日本国民」が助けを求めている状況。
「日本国民の命を救う集団」がいると、「日本人の不幸」が増えませんよね。

日本人とルールが違う相手から 「日本国民の命を救う集団」とは、「自衛隊」と「警察」、「消防」等が有名ですね。

(最近は、日本国民の命を救う医師等への攻撃も激しくなっている印象)

「優れた能力を持つ集団」でも「食事や睡眠を妨害される」と「本来の能力を発揮出来ない」

「日本人の不幸を望む宣教師」は「日本国民の命を救う集団」に「どのような攻撃」をするか。

答えは、簡単ですね。
「食事や水分補給、睡眠」等を禁止しようとする。(排泄(トイレ)を妨害することも有り)

「どんなに優れた集団」でも「一人ひとりは人間」ですから、「食事や水分補給、睡眠時間を制限される」と倒れてしまう。
「日本国民の命を救う集団が倒れる」と「日本国民を助ける人が減る」ため、「宣教師の妨害がなければ助かっていた日本国民の命」が失われてしまう。

(日本人選手が攻撃対象のときは、日本人の食事や飲料に何かを入れたり、睡眠を妨害して体調不良にさせるでしょう。何かを仕込んだものを確実に食べさせるために、日本からの食料や飲料の持ち込みを禁止する。そして、日本チーム内で謎の体調不良が流行するかもしれません)

「宣教師」は「日本国民の命を救う集団」を攻撃して、「食事や水分補給、睡眠等」が自由に行えない状態を目指す。(サッカーならゴールキーパーが動けないように相手側が妨害してくるようなもの)

「東アジア系の宣教師」が「日本国民の命を救う集団」を攻撃するのは、「日本国の守備を破壊し死者を増やすため」(東アジア系の宣教師は、報道では平和団体や市民団体と呼ばれます)

複数のニュースを確認すると「東アジア系の宣教師」が「日本国の守備陣の健康状態」を悪化させようとし、「日本国民の不幸を望んでいる」ことが分かるでしょう。

「東アジア系の宣教師」が主張する「命や人権を守れ」という言葉の中には、「日本国民は含まれていない」

「同じチームの選手が攻撃されている」のに助けにいかないのは「サッカー選手」として失格ですよね。
「日本国」は日本人が多いので「日本人に団結される」と「人数が少ない宣教師(東アジア系)」が不利になるため、「日本人同士で助け合わない」ように「うながす」でしょうね。

「うながす」
思い通りに動くように働きかける

「日本人全員を一度に相手する」のは難しいですからね。
「敵国側」は「日本チームをバラバラ」にして日本国の戦力を下げることから始めるでしょう。

「サッカー」以外でも観察するといいです。
「報道関係」が分かりやすいでしょうか。
「報道関係者が夫婦に話を聞くとき」は、「お互いの良いところ」ではなく、「嫌なところ」を言わせるようにする。(血が流れるようにするため)

「好きなところ」を言い合うと「幸せ」が生まれてしまう。
「日本人の不幸」を期待する報道関係者は、「お互いの嫌いなところを無理やり言わせる」でしょう。
「日本人の不幸でお金を稼ぐ人」は非常に多いですからね。

「日本人の不幸でお金を稼ぐ人」は「日本人の血が流れる」ように誘導する。

「東アジア原産の日本人差別をする人」は「日本人の幸せ」を恐れます。
「日本人が幸せになる」と「お金にならない」からでしょう。

「異常な指導者」は「日本人を褒めると死んでしまう」のかもしれません。

「君の指導者が誰かを褒めたことはありますか」
「異常な指導者は日本人選手を罵倒することはあっても褒めることは無い」

「日本人を褒めたくない指導者」は「褒めたらいけない理由」を無理やり作るでしょう。
「日本人差別をしたいから褒めない」とは言えないので、「褒めたら選手がダメになる」「褒めると天狗になる」「褒めると選手になめられる」等、「苦しい言い訳」を繰り返すでしょう。

「異常な指導者」は「日本人を褒める」と死んでしまうから、「褒めない理由」を無理やり作らないといけない。


「日本を否定しなかった東アジア人」が「別の東アジア人」に攻撃され、命を落としたという報道もありました。(下とは別の国と地域)

「日本を褒めなくても日本製を使用している」という理由で、「東アジア人の所有者」が「東アジア人の集団」に攻撃されたこともあります。(被害者は死亡せず障害が残ったという内容だったはず。上とは別の国と地域)

東アジア人が「日本製」を購入すると「東アジアのお金」が「日本」に流れ「日本人や日本国が豊かになる」
「日本人や日本国が豊かになる」と「日本人が幸せになる」ため、「日本製を使用している東アジア系」を攻撃するのでしょう。

この理由を知っていると、「東アジア系が日本人に東アジアの商品等を使わせようとする意味」が分かります。

「日本製を使うなと言う人」は「東アジアの商品を購入して日本人の富を東アジアに流せ」と言っている。(従わないと商品を売らないぞという脅しの材料にする場合もある)

学生の旅行先
修学旅行等で、暴動等が起きている危険な東アジア以外を生徒側が希望しても、教師によると東アジアを望む生徒が多いことになっている。

生徒側が東アジアに行くことを拒んだとしても、教師側が生徒の意見を無視をする。

生徒や保護者、ネット世論の反対を押し切り、日本人への襲撃が発生している東アジアに日本人生徒を行かせたがるのは、日本人の命とお金を教師の祖国(東アジア)に差し出すためでしょうね。(インターネット上で問題になることがある)

赤字の東アジア企業への支援
他にも、東アジア系企業の赤字を解消させるために、日本人の職員に東アジア企業を利用するように指示する都道府県もありますね。東アジアが豊かになるために日本人はお金を使えというわけですね。

日本人の税金やお金等を日本人に使わず、東アジアに流せということです。自分が住んでいる都道府県が日本人のお金を東アジアに流していないか確認するといいでしょう。

都道府県知事で分かる地元の特徴
住んでいる場所の都道府県知事の所属政党を調べると分かります。どの政党が多数派か。また、どのような政策を掲げているかを調べると教師や教育の質が予測出来るでしょう。(政党名を隠す場合もある)

ただし、政党や政策を調べるときは周りに言わないようにしましょう。日本人の命を奪っている集団や、日本人の命を奪った人達を支援している先生達もいますからね。絶対に言わないこと。

「日本人とはルールが全く違う相手」も存在するので、「日本人のルールが通用するとは限らない」と思っておくと助かることが少なくありません。
まずは、「相手のルール」を調べることから始めましょう。


「異常な指導者」が日本人を絶対に褒めない理由。
「褒める」という行為は「正解を教える」のと同じです。
「正解を知られる」と「日本人選手に罰を与えるのが難しくなる」ため「正解を教えることは無い」
「日本人選手を攻撃することが目的」なのですから、「守り方」を教えるわけがありません。

  • 日本人の反撃に怯える異常な指導者達

「日本人差別をする東アジア系(日本国籍取得者も含む)」は「日本人」が怖い。
ここは「はっきり」と言っておきましょう。
「異常な指導者」ほど「日本人選手」を怖がっています。

「正常な指導者」とは「選手に敬意を払える人」で、「異常な指導者」は「選手に敬意を払わない人」のことでした。
「異常な指導者」は「日本人差別を行う」と考えて良いです。

「海外の話」を聞いていると、面白いことが分かります。
「サッカー」でよく聞く「リスペクトしよう(敬意を払おう)」という言葉。

言っていることは正しいですよね。何も間違ってはいない。
間違ってはいないのですが、「間違っている」

何を言っているのか分かりませんよね。「サッカーおでん」はいつも変なことを言いますから。

「侮辱」されたと感じたら、どうするか。
大勢の前で罵倒されたら、どうしますか。
「悲しいので下を向きますか」
「日本人選手」は、「悲しんでいる自分」を想像するでしょうか。
「海外」は違うようです。(海外だと範囲が広いけど気にしない)

「大勢の前で侮辱された」ため「指導者」に反撃する。
「指導者の命」を狙うかもしれません。
「命を奪わない程度に襲撃する」こともあるでしょう。
「指導者に仕返しをする」のではなく、「指導者が大事にしているもの(家族等)」に怒りをぶつけるかもしれません。

「人前で相手を侮辱したら報復される世界」では、「選手を罵倒する指導者」はいなくなるでしょうね。

なぜ「いなくなる」のか。
答えは簡単ですね。「あの世にいくから」

「異常な指導者」は「反撃してこない相手にだけ強気」
「日本人男性を差別する指導者」は、「女性(日本人女性とは言っていない)」は「反撃してくる」が「日本人男性は反撃しない」と言っています。

「反撃してくる人は怖いから反撃しない人を狙う」と言っていることに気付いていましたか。

「日本人差別(男女)をする指導者」は、「反撃してこない日本人」を攻撃する。
「反撃をしない日本人」が「いつか反撃する」かもしれないので、選手に報復される前に「罵倒されるお前(選手のこと)が悪い」「罵倒されることで成長する」と洗脳して予防しています。(選手が悪いのだから指導者への報復禁止という内容)

発言内容を丁寧に確認すると、「日本人に反撃されるのは怖い」が「日本人差別はこれからも続ける」となっているはずです。

「え、異常な指導者は日本人選手に怯えていない」って?
そんなことはありませんよ。
「異常な指導者」が「日本人選手の報復」を恐れている例を紹介しましょう。

「異常な指導者」は報復されるようなことをしていると理解して「日本人を罵倒」している。

  • 報復されそうになると態度を変える指導者

「選手に敬意を払う指導者」は「昔教えていた選手」が来ると喜ぶでしょう。
昔話をしたり、今何をしているか聞くかもしれません。
では、「選手に敬意を払わない異常な指導者」はどうでしょうか。

「別のスポーツ」の話ですが、「指導者に罵倒されていた選手(試合に出ていなかった選手)」が、「昔所属していたチーム」に顔を出した。
「異常な指導者」は「元教え子」を歓迎しない。
それはなぜか。

簡単ですね。
「選手に何をしたか」覚えているからです。

「指導者に恵まれなかった選手」は「異常な指導者の話」に驚く。
「異常な指導者」が「元教え子の世代」を褒めだした。(訪問して来た選手は全く褒められていないことに注目)

「あの年代(世代)は今でも覚えている。良い選手が集まっていて誰を出すか悩むぐらい素晴らしいチームだった(お前はダメだったが、という意味)」

「選手に敬意を払わない指導者」が「訪問して来た選手の世代」を褒めた理由が分かりますか。

簡単ですよね。
「報復される」と思ったから。

「自分を恨んでいるであろう選手」が呼んでもいないのに来たとなると、「報復しに来た」と思うでしょう。
「相手の世代を褒める(訪問して来た選手は褒められていない)」ことで「相手の復讐心」が消えるなら、いくらでも褒めるでしょうね。

「現役のときに自分を罵倒していた指導者」が「卒業したあとに褒める」ことはあるのか。

残念ながら無いでしょうね。
「褒める」ことがあるとしたら、「報復されないための命乞い(いのちごい)」。

「命乞い(いのちごい)」
命を奪わないで欲しいとお願いすること。

「選手を褒める指導者」は「選手が現役」のときから褒めます。

「気分を良くした選手」には悪いですが「異常な指導者の嘘」にだまされた。
本人は全く褒められていないのですが「元選手」は「指導者に評価されていた(別の選手が)」と知り、「異常な指導者」に良い印象を持ったようです。(現役のころは嫌っていたようですが……)

「簡単な嘘にひっかかる人」ほど「異常な指導者に狙われる」ことが多いです。(試合でフェイントに弱い選手を狙うのと同じ)

「知恵のある選手」を痛めつけると「社会的に罰」を受けますからね。
「簡単な嘘にだまされる選手」が「生贄(いけにえ)」に選ばれます。

「生贄(いけにえ)」
他の選手を支配するために「苦しみを押し付けられる選手」のこと。

目の前にいる「元教え子」を褒めずに、同じ世代の選手を褒めるだけで命が助かるなら、いくらでも褒めるでしょうね。
「異常な指導者」は「反撃された経験」もあると思うので、「扱いやすい選手の見分け方」や「反撃されたときの逃げ方」を知っているはずです。

異常な指導者は言い訳だけは超一流でしょうから。

「加害者に褒められた」ことで「被害者が自分が苦しんだ過去」を忘れ、「加害者を好きになる」のは健全とは言えませんが、「苦しんだ選手」が「一つの結論」を出したことは尊重しないといけないのかもしれません。

「同じスポーツ選手」としては結論を支持出来ませんが、「専門知識の無い素人の私」が反対すると傷口が広がりそうなので、黙っておいた方がいいかもしれない。

「人格を破壊された選手」が「異常な指導者に植え付けられた性格」を受け入れるという最悪の結果になったこと、「異常な指導者が罰を受けていないこと」、「異常な指導者が野放しにされることで新しい被害者が生まれること」を考えると、この結末は全く支持出来ません。

  • 結末を支持出来ない理由
  • 異常な指導者に植え付けられた性格を被害者が受け入れたこと
  • 異常な指導者が罰を受けていないこと
  • 異常な指導者が野放しにされることで新しい被害者が生まれること
  • 被害者が次の異常な指導者になる可能性があること

「異常な指導者」は「反撃してこない選手」や「扱いが楽な選手」を見分ける「嗅覚」が発達している。
「騒がない被害者を嗅ぎ分ける才能」は「超一流」

「異常な指導者」は「集団で反撃」されると困るので、「仲間を見捨てるように教育」します。
「仲間を助ける選手」が多いと「異常な指導者」が反撃されますからね。
「異常な指導者」が「報復を恐れる」のは「反撃に弱い」から。
「異常な指導者は、攻撃は得意だが守備が苦手」

「異常な指導者に狙われる選手」は「おとなしい性格」ではありませんか。
「攻撃されない選手」は「口が悪い」、「文句を言いやすい」、「攻撃的」、「保護者が指導者に反論する」といった特徴がありませんか。
「反撃しないおとなしい選手」を「攻撃的な選手」に攻撃させる。
「指導者に向かう攻撃」を「おとなしい選手」に向けさせることで「攻撃的な選手を含めた他の選手の管理」が楽になります。

  • 誰を罵倒するのか

「異常な指導者」を観察すると共通点が見つかるでしょう。(指導者だけでなく報道関係も同じ)
簡単にまとめると、相手が「日本人男性なら大勢の前で罵倒する」が「海外の人なら人前で怒鳴り散らすことはない」

なぜ「海外の人を怒鳴り散らさない」のか。
簡単ですね。
「尊厳を傷付けられた」と感じて「命」を奪いに来るかもしれないから。(命を奪わない程度に報復することもあるでしょう)

「海外での指導経験」から「人を罵倒するのは良くない」と学習するのが「まともな感性を持った指導者」なのですが、残念ながら「異常な指導者の学習機能」は停止しているようです。

「日本と海外の違い」に触れることで「指導者としての能力を高める」のが「指導者」として自然な姿でしょう。
「報復されるかどうか」でしか「相手を認識出来ないような異常な指導者」は「サッカー界」から去った方が良い。

「異常な指導者」が「日本人差別をする理由」は非常に醜いもの。
「日本人選手に敬意を払わない指導者」は「自然と消える時代」になります。

「東アジア原産の呪い(日本人差別)」と勘違いされないように、「下手で無能であると自覚している指導者」は、今すぐにでも「日本人選手に敬意を払うべき」だ。

「日本国と日本人のルール」が変更されたときに巻き込まれても知りませんよ。
「自分が苦しんでいるとき」に「選手達」が助けてくれると言い切れますか。
「指導者(自称サッカーに詳しい人)」は「日本人選手への接し方が正しいか」考え直した方がいい。

時代は変わりましたよ。

  • 指導者に知性はあるのか

「自分を苦しめる存在」を求める人はいるでしょうか。
多分、いないですよね。

「命を奪おうとする相手」を好きになる人はいるでしょうか。
おそらく、いないですよね。(ただし、異常な状態から自分を守るため、異常な価値観を一時的に正常とする生存戦略等は除く)

「苦しむことは素晴らしいことだ」と主張する指導者もいますが、「相手に苦痛を与える立場」としての発言ですよね。
「苦しむ側」として発言することはないはず。

なぜ「日本人の不幸を望む指導者」は「指導者は苦しみを味わう側では無い」と言い切れるのか。

「日本人選手に敬意を払わない指導者」を「人間として扱う人」はいるのか。
存在すると思いますか。
「相手が怒っていない」のと「腹を立てているが怒りを抑えている」のは全く違いますよ。

「サッカー」が求める「リスペクト」は、「誰に対して行うもの」でしょうか。

サッカーの育成や指導に関わる人間(報道関係も含む)が発信する情報に触れると、「日本人選手はリスペクトの対象ではないから、日本人以外をリスペクトしろ」と書いてある。
日本人選手にも敬意を払えではなく、日本人をリスペクトするなという内容ばかりですね。なぜだろうか。

「指導者だけをリスペクトしろ」と考えるのも素晴らしい発想だと思います。
「選手と保護者は指導者をリスペクトしろ」と命令するのも良いですよね。

ところで、「サッカーがリスペクトを大事にする理由」は「何」だと思いますか。

「何かをしましょう(例えばリスペクト)」と言うのは、その「何か」が出来ていないからですよね。
「リスペクトが出来ている」なら「リスペクトが大事」とは言わない。
「相手をリスペクトしよう」という文章が「指導者だけをリスペクトしよう」という意味なら、「指導者に敬意を払わない人が多い」ということでしょう。

「指導者に敬意を払わない人が多い」とは「指導者に報復する人」が珍しくないということでしょう。
「指導者の安全を確保するため」に「サッカーはリスペクトを大事にしている」のか。
どう思いますか。


「サッカーのリスペクト」について、興味深い話を読んだことがあります。
「海外のリスペクトと日本のリスペクトは違う」
「どこが違う」のか。

「海外のリスペクトは指導者や審判等の安全を確保するため」で、「日本のはふわっとしている」
詳しく確認していないので適当な理解で説明しますが、「海外は死者を出さないように、日本は気持ち良く試合が出来るように」といったところでしょうか。
「報復」を考えると「リスペクトの意味」が変わってきますよね。

「サッカーが大事にするリスペクト」が「気持ち良く試合が出来るように」という目的で作られたのならば、「サッカーが人権を大事にしていることや差別や暴力に反対していること」とバランスが取れませんよね。

「人権」や「差別や暴力」といった言葉も一緒に出てくるので、「リスペクトも非常に大事な何か」が込められていると考えるのが自然でしょう。

「海外の指導者の話」や「日本と海外の違い」を聞くと、「サッカーが大事にしているもの」とは、「安全な環境」なのでしょう。
「人権を守る」とは「人の命を守る」こと。
「差別や暴力に反対する」ことも「人の命を守る」こと。
「日本サッカー」とは違う「海外のサッカー」では、「多くの血が流れた」のかもしれません。

「過去に多くの命が散った」なら、「サッカーがリスペクトを大事にする意味」が理解出来ますよね。

「リスペクトの意味」を想像するために「日本のJリーグ」にも触れておきましょう。
「海外の選手や指導者」が「Jリーグの良さ」を語るときに出てくる「女性と子供が観戦出来る」という部分。
最初読んだときは意味が分かりませんでしたが、そのままの意味です。
「女性と子供が観戦出来るぐらい安全だ」という意味。
「海外の試合会場」は「危険」なのでしょうね。

「リスペクト」という単語からも、様々な想像が出来ます。
「命を失うことが珍しくない世界」では「相手に敬意を払うこと」が重要になります。
「自分の命を守る手段」として「リスペクト」がある。

海外では、人の命が軽いのかもしれませんね。
海外の治安を考えると理解しやすいですね。

「長生きしたいなら相手をリスペクトしろ」

「何て世界」だ。

「海外で仕事をする人」は、「人前で誰かを侮辱することの怖さ」を知っているかもしれません。
「海外で働く人や日本人以外と仕事をする人」の方が「相手に敬意を払う大切さ」を言われるでしょうね。

「日本人選手」にも「敬意」を払いましょう。

  • 日本人男性を差別する指導者は危険

「日本人男性を差別する指導者」は非常に危険です。
なぜ、「日本人差別をする指導者」ではなく「日本人男性を差別する指導者」なのか分かりますか。

勘違いしないで欲しいのですが、「日本人女性への差別を認めているわけではない」ですからね。
「日本人男性への差別」だけでなく「日本人女性への差別」にも反対ですよ。

「日本人(男性と女性)差別」ではなく「日本人男性への差別」と言うのはなぜなのか。

答えは簡単です。
「日本人男性差別をする指導者」は「東アジア系の呪い(日本人差別)」が大好きなことが多いから。(一般的に女性よりも力が強いとされる男性を平気で攻撃する集団は、過去に男性の命(特に警察官等)を奪っている可能性が、他の集団よりも高いと感じるから。)

動物の狩りでもそうですが、誰かを攻撃するときは自分が怪我をしないように弱い相手を狙うことが多いです。それを考えると、訓練された男性(警察官等)を攻撃するのは非常に特殊です。もしかすると、特殊な人間しか入手出来ない装備(軍人用)を複数所持しているのかもしれない。

上の方で「東アジア原産の呪い(日本人差別)」には2種類あると書きました。
「日本人男性だけを攻撃する東アジア原産の呪い(日本人差別)」と、「日本人男性と日本人女性を攻撃する東アジア原産の呪い(日本人差別)」ですね。

「日本人全体を攻撃する日本人差別」は比較的見つけやすいのですが、「日本人男性だけを攻撃する日本人差別」は見分けるのが非常に難しい。

「見分けにくい」というのは「より悪質である」という意味です。
「見分けにくい日本人差別」は放置されることが多く「被害が拡大する」ことが珍しくありません。

「見分けるのが難しい」と対応が遅れて「取り返しのつかない状態」になりやすい。
(病気でも早い段階から自覚症状が出るものは見つけやすいですが、自覚症状が出にくい病気だと本人が気付いたころには非常に厳しい状態であることが珍しくない)

素朴な疑問として「日本人男性だけが攻撃される」なら「日本人女性には全く関係が無いのでは」と思う人もいるかもしれません。
このように考える人は「良い人に恵まれている」か「想像力が足りないか」でしょうね。(たぶん、想像力と危機感が足りない)
なぜ「想像力が足りない」と言えるか分かりますか。

「東アジア」は「女性不足(花嫁不足)」らしい。

「想像力」を働かせる。
「日本人男性を攻撃する」のは、「日本国と日本人を守る防御力を無くしたいから」
「日本人男性がいなくなった世界」では「日本人女性を守る存在」が無くなります。
「日本人男性の次に攻撃される」のは「日本人女性」です。

サッカーで考える。
「フォワードとミッドフィルダーが無力化された状態」になると、「相手の攻撃」を防ぐのが難しくなる。
「ミッドフィルダーよりも前の選手が抜かれた状態」では、「ディフェンダーやゴールキーパー」だけで「相手の攻撃」を跳ね返さないといけない。

日常生活で考える。
「玄関のカギ」や「カギを閉めた窓ガラス」を「破壊しようとする侵略者」がいても「何も問題はありませんと言える人」はいますか。

「自分が痛い思いをするわけではない」のですから、「自宅の玄関や窓ガラス」が破壊されても何も問題ありませんよね。

「自分を守る存在」が消えたとしても、「自分が無事」なら「恐怖」は存在しませんか。

そんなことはありませんよね。

特殊な場合を除き、「自宅の玄関や窓ガラス」を破壊されたら、警察等、専門機関に相談するでしょう。
「自分が怪我をしていない場合」でも「専門機関に相談する」のは自然なことです。

なぜ、相談するか分かりますよね。
今回は「自分を守るものだけ(侵略者を阻むもの)が攻撃されたが、次は自分が攻撃されるかもしれないから」

「侵略者を止めようとする存在」は大事にしないといけません。
「自分が生き残るため」にも「自分を守ってくれる存在」を助ける必要があります。(サッカーの攻撃なら守備側の選手が攻撃陣を助ける。守備なら攻撃側の選手が守備陣の負担を軽くする等)
「私はお前のことを助けないが、お前は私を助けろ」と言われて喜ぶ人はいないでしょう。

「自分を見捨てた人間を積極的に助けようと思う人は少ない」
このことを考えると、「日本人女性は自分を守るためにも、日本人男性への差別に反対する」必要があります。(東アジア系は日本人男性差別に反対することに反対します。東アジア系は日本人男性を差別するべきと主張するので見つけやすいでしょう)

「日本人男性」は「日本人女性よりも先に攻撃される」ことで「警察等(仲間)を呼ぶ時間」を作っている。(サッカーなら相手の攻撃を遅らせるですね)
「日本人男性」の次は「日本人女性」ですよ。

「サッカー」で考えるなら、「最初に攻撃される人(一番ボールに近い選手)」が「相手の攻撃を遅らせる」ことで「仲間が戻る時間を作る」といったところでしょうか。
「仲間を呼びチームとして戦う」方が良い結果になることが多い。

「攻撃を遅らせようとした最後の選手(味方ディフェンダー)」が倒れたら、「ゴールキーパー」だけで対応しないといけないので「相手側が有利」になりますよね。

「一番目の味方が倒される前」に、「チーム全員で守る」のが理想です。(自分達の陣地に戻る等)

上の方に「東アジアでは女性(花嫁)が足りないらしい」と書きました。
「報道」や「向こう側の書き込み」を読むと「女性不足」らしい。

「日本人女性を差し出せ」と主張する東アジア系もいますからね。(原文はもっと汚い内容)
「日本人男性がいる」から「日本人女性」が「東アジアに来ない」と言う人もいます。(原文はもっと暴力的な内容)

「日本人男性」の次に攻撃されるのは「日本人女性」
「日本人女性」を攻撃するために「日本人男性を先に消そうとする」のでしょう。

「祖父母の若い時の話」を知っている人も知らない人も、「日本人男性と日本人女性が協力して自分達を守る大切さ」を知った方が良いでしょう。
「サッカー」が出来るのは「安全が確保されているから」

昔、「日本人男性(若くて健康な)が少ない地域」を「東アジア」に攻撃されたことがあります。
「日本人女性だけで守る」のは非常に難しい。
細かいことは語りませんよ。

差し出せと言う側と、差し出してきた側

簡単な解説。
「東アジアの秩序」の「上」とは、無条件で優れているという意味。「下」とは無条件で劣っているという意味。「上の血」をもらうことが「下の幸せ」であり、「下は上のものになりたがるのが当たり前」と考える東アジアの思想。(下の血を減らし、上の血をもらうことが正しい生き方だと考える東アジアの思想)

「下は上に服従すべきだ」と考える集団は、「上に言われたら下の「何か」を差し出すべきだ」と言うかもしれない。
「生まれた国や血で上下関係が決まる」と考える集団は、「下が上に服従すること」を大事にする。

この思想を持たない人は、「立場が低い下のものが反発するのでは」と考えるだろう。
一般的な考えとは異なる価値観を持つ集団は、そうは思わないようだ。

「下」は「上に服従している」と思うのではなく、「下を探せば服従させていい」と考えるようだ。
「服従している側」が「服従させたい下を見つけた」とき、「秩序を守れ」と言うだろう。(秩序ではなく、伝統や常識と言うこともある)
「服従する側が主張する秩序」とは何なのか。

答えは簡単だ。
「服従する側が主張する秩序」とは「東アジア原産の日本人差別」のことだ。
「日本人」が「東アジア原産の日本人差別」に従うのが「東アジアにとっての秩序」だ。
「日本人差別に反対する日本人」は「東アジアの秩序を乱している」と言われるだろう。

「下は上に差し出すべきだ」の文章は「花嫁を差し出せ」という意味だ。
「日本人差別を行う東アジア系」は「日本人は常に加害者である」と主張するだろう。

「日本人は被害者になれないと考える東アジア系」は、「花嫁を差し出さない日本人男性」を攻撃する。
「東アジアの平和を乱している」
「上である私に下であるお前は従え」という意味だ。

女性を差し出してきた側は、「日本人女性を差し出さない日本人男性を攻撃する」
日本人男性がいるから「日本人女性が東アジアに来ない」と考えるかもしれない。(日本人男性が妨害しなければ日本人女性は東アジアに来るはずだと主張している東アジア系は珍しくない)

「東アジアの秩序を重んじる東アジア系」は、「日本人男性が日本人女性を差し出さない」のは「日本国は下ではない」と反論されたと思い激怒するだろう。(「日本国が服従しない(花嫁を差し出さない)」とは、東アジアでは「日本国の方が上だ」という意味だから)

「上に服従しているが、下から奪うことで心を満たそうとする集団」は「日本人男性」を激しく攻撃するだろう。
「上に服従することを大事にしてきた東アジア系」は、「日本人男性」に「日本人女性」を差し出せと要求する。
「女性を差し出すのは下である証明」だと考えると、報道機関が発信する情報が理解しやすい。

日本人と海外の人が結婚するときの扱いを思い出して欲しい。
報道機関が好んで報道する夫婦の組み合わせ。
日本人は男性だろうか。それとも女性だろうか。

報道機関が好んで取り上げるのは、日本人女性と海外の組み合わせ。
これの意味が分かりますね。
「上に女性を差し出してきた下(東アジア人)」が「日本人男性」を攻撃するときは、「日本人女性と海外の組み合わせ」を出してくる。(日本人には伝わっていないが……)

東アジア系が日本人の結婚相手を決めるとしたら、「日本人女性を東アジア人」と結婚させるだろう。
「日本人男性」の結婚相手は「日本人女性にはならない」だろう。(おそらく黒人女性になるはず。東アジアの思想を理解すれば自然と予測出来る)

「自国の女性が日本人男性と結婚する」と「日本人男性に女性を奪われた」となり、「異国の女性」は祖国の男性から裏切りもの扱いされるかもしれない。
これとは逆に、「日本人女性と結婚した東アジア系」は「日本人男性から日本人女性を奪った」、または「日本人女性を差し出させた」と喜ぶだろう。

「お前は何を言っているのか」と思うなら、報道関係者が出してくる国際結婚の組み合わせを確認して欲しい。
おそらく、日本人男性を攻撃する内容になっているはず。(日本人男性に気付かれないような侮辱の仕方でしょう)

「下が上に差し出す秩序」では「差し出す側が下」になりますね。
「日本人女性を差し出せ」と主張する側は、「お前が下であることを差し出すことで証明しろ」と言っている。
この意味分かりますか。

これが分かれば、報道関係者や指導者等の発言が一気に理解出来ますよ。

「差し出すのは下の立場」でしたね。
日本人女性が海外の人と結婚する場合、「東アジアの秩序」で考えると「女性を差し出した日本が下」になります。
「日本人女性が減り」、「東アジアの秩序では日本が下」になる。
これは「日本人差別をしたい東アジア系」にとって最高の結果ですね。
では、「日本人男性と海外の組み合わせ」だと、どうでしょうか。

「東アジアの秩序」では「差し出すのは下の立場」でした。
「海外の女性が日本人男性と結婚する場合」、「東アジアの秩序」で考えると「女性を差し出していない日本が上」になります。
また、「海外の女性が減り」、「東アジアの秩序では日本が上」になる。
この結果は「日本人差別をしたい東アジア系」にとって、受け入れがたい内容でしょう。
「東アジアの秩序では下であるべき存在」が「上」になっていますからね。

「日本人差別を好む東アジア系」にとっては、「日本人男性が海外の女性に好かれること」は地獄のような苦しみでしょう。
「東アジアの秩序では下であるはずの日本」が「上」になっている。
非常に攻撃的になるでしょうね。

「下が上に差し出してきた歴史を持つ東アジア」では、「日本人男性が好かれることや評価されることは絶対にあってはならない」
「日本人男性が海外から高く評価される」と、猛烈な勢いで否定する集団が発生します。

それは、今回紹介した内容で理解出来ると思います。
「日本人差別に従わない日本人男性」が評価されるのが気に入らないからです。
「日本人男性よりも自分達の方が評価されるべきだ」と考えているからでしょう。(日本人男性よりも自分達が評価されない現実が気に入らないようです)

異常な指導者が日本人を絶対に褒めない理由が分かりますね。東アジアの秩序で表現するなら、日本人だから優れているはずがないと考えるからです。(上の血が入っていないという意味。東アジアの思想では下の血扱いだから)

異常な指導者が、日本人の血が薄い選手ほど褒める理由が分かりますね。報道等でも、必ず「日本人ではない方の血」を褒めるはずです。(強烈な日本人差別が身近に溢れている)

「東アジア系の秩序」では、「日本人女性が東アジア系(3チーム)の誘い(遺伝子)」を断ることはありえないため、実際に断られると激怒し攻撃します。

「東アジア系の秩序の中で生きる人間」にとっては、「日本人女性が東アジア系の誘い(遺伝子)を断ったという事実」は存在してはいけないし、日本人に知られてもいけない。(東アジアの秩序では拒否された側が日本人よりも下になるから)

政治や海外の情報に触れている人は分かりますよね。

東アジア系(日本国籍取得者も含む)は、日本人の血を消せと言っている。
日本人の血を消せとは、日本国を滅ぼせという意味です。
宣教師(報道では市民団体や平和団体、女性団体)が侵略者なのが分かりますね。

少しおまけです。
「女性を差し出せと言う側」が主張する内容に、「日本人女性は好かれるが日本人男性は好かれていない」というものがあります。
これも苦しい内容ですね。
「日本人女性は人気があるが日本人男性は人気がない」として考えましょう。
「人気がある日本人女性と結婚する日本人男性」は「人気がないのでしょうか」
「評価が高い人から評価される人」は「素晴らしい」のでは。

日本人女性と結婚するのは日本人男性が多いのですから、日本人男性は人気であると言えますね。
「東アジアの秩序では人気がないはずの日本人男性」が「日本人女性に求められている」なら、「東アジアの秩序が間違っている」のでしょう。

満足しているなら要求することは無い。
これが正しいならば、他国の女性を求める「東アジア系の男性」は自国の女性に満足していないのではないか。
自国の女性に満足している日本人男性は、他国に女性を差し出せとは言わないだろう。(まず、男性や女性を差し出せと言うこと自体がおかしいが……)

東アジアを含め海外の話を聞くと、海外の人は周りからの評価と自分への自信にズレがある気がする。
「日本人男性は私に惚れて当然だ」と主張する海外の女性や「日本人女性は当然自分に惚れているが素直になれないだけだ」と言い張る海外の男性を見ると、何とも言えませんね。
仮に、「海外の女性や男性」が魅力的だったとしたら「同じ国の男性や女性」が放っておかないでしょう。

国際結婚を否定しているわけではありませんよ。

「東アジアの秩序」を理解すると、報道関係者が日本人の妻と海外の組み合わせを好む理由が分かりますね。
ああ、そういう意味で出しているのか、と。
報道機関が日本人妻と海外の組み合わせを取り上げるのは、「日本人女性を差し出せ」「東アジアの秩序を守れ」という非常に強い主張なのでしょうね。


「男性を滅ぼせと主張する東アジア系の集団」
世の中には色々な団体があるようで、中には「本当ですか」と思うものもあります。
「東アジアでの男女間の争い」が「日本国内」に持ち込まれることがあります。

「東アジアの男女間の争い」で腹を立て、「日本人男性や日本人女性に八つ当たり」するのでしょう。

日本国内にある「女性の人権を守れと主張する団体」が「日本人男性を攻撃する」のは、「日本人女性の人権」を守りたいからではなく、「男性を滅ぼしたいから」でしょう。
情報が少ないので扱うか迷ったのですが、「日本サッカー」だけでなく「日本国と日本人の未来」のためにも触れておきます。

日本国内で活動している「女性の人権を守れと主張する団体」の中には、「日本人女性の人権」ではなく「女性(東アジア系)の人権だけ」を守ろうとしているものが少なくありません。
そう思うのは、「日本人女性の人権が侵害された」ときに「女性の人権を守れと主張する団体」が沈黙することがあるから。

一番分かりやすいのが「普段は男性を攻撃している」のに、「加害者側が東アジア系」だと完全に沈黙するところ。(男性全体を攻撃しているように見えて、実は日本人男性だけを攻撃している)

「男女の事件」でも「加害者が東アジア系」だと静かになります。
また、「海外で日本人女性が被害者」になった場合でも「女性の人権を守れと主張する団体が沈黙」することが少なくない。

「東アジア原産の呪い(日本人差別)」は「日本人男性を差別するもの」と「日本人男性と日本人女性を差別するもの」があると言いましたね。
この2つを簡単に説明すると「日本人の死者を増やすためのルール」です。

このルールで考えると「加害者が日本人男性」なら「攻撃する」、「加害者が男性でも東アジア系」なら「攻撃しない」
「被害者が日本人女性で加害者が日本人男性」なら「日本人男性を攻撃する」が、「被害者が日本人女性で加害者が外国籍(特に東アジア)」なら「沈黙」

被害情報を隠すことで犠牲者を増やす
「東アジア原産の呪い(日本人差別)」は「日本人の犠牲者が増えるように行動する」と考えると分かりやすいです。
例、「海外で日本人が被害者になった事件」を隠すことで「同じような犠牲者」を増やそうとする。

「日本人が被害者になった」と報道すると、「危険な国や地域」に旅行する日本人(次の犠牲者)が減りますからね。

「病気」や「事件事故」等、「日本人が旅行を中止する情報」は隠されると考えて行動してください。(テレビや新聞、ラジオ、雑誌等が命を落とす可能性がある国と地域への旅行をすすめることもある)

病気を日本国内に持ち込ませようとする報道機関
少し前に海外で病気が流行り、日本国内に持ち込ませないための方法が話し合われたことがありました。たしか、病気を日本国内に持ち込ませないことを第一目標としたはず。

その当時、病気を広げる原因の一つと言われていた動物には近寄らない、触らないようにと情報が出された。「その動物を食べることで病気に感染するのでは」との情報もあったが、日本人の間では食材として扱われないので問題ないと思われた。

しかし、日本国民とは異なる価値観を持つ報道関係者が、病気が流行している時期に、食べるなと言われている動物を「日本人は食べに行け」という内容の情報を発信した。日本人に「その動物の料理を食べに行け」と言うのは、日本人に不幸になれと言うのと同じです。

日本人を不幸に導く情報

サッカーでも同じだと考えて良いでしょう。
「シュートがはずれるようになる情報」が目立ちます。

「サッカーを知らない指導者が多い」のではなく「日本人の不幸を願う東アジア系の指導者が多い(または声が大きい)」のではないか。(サッカーサイトやブログ、雑誌等も含む)
「間違っていること」を「素晴らしい」と言う。(「暴力行為」を「たまぎわが激しい」、「相手を壊しに来る行為」を「気持ちが強い」と褒める等)

「日本サッカーをリスペクトする海外指導者や海外の選手」からの「日本人選手への助言(良い所を伸ばす方法)」が「日本人に届く前に削除されている」ことが珍しくない。(いわゆる、報道しない自由)

ひどいときには「全く逆の意味(日本人を褒める内容が否定的な意味)になって報道される」こともあります。(いわゆる、捏造ですね。捏造した側は誤解を招く表現と呼ぶようです)

日本国内には「日本人に向けられた強烈な悪意」があふれていますからね。

一番濃い日本人差別は、「日本人は加害者になることはあっても、被害者になることは無い」というもの。
「加害者」とは一般的な意味ではなく、「無条件で差別していい相手(親族や子孫も含む)」という「日本とは違う東アジアのルール」があると思ってください。(「謝罪は死後も罵倒して良いと宣言する行為」と考える国と地域の人は、絶対に謝ることは無い)

「日本人や国際社会のルールでは加害者になる東アジア人」が「被害者のように振る舞う」のは「東アジアのルールを採用しているから」と考えると「謝らない理由」が想像出来るでしょう。(「日本人は加害者にしかならないという日本人差別」と、謝罪は死後も攻撃して良いという宣言になるという2つの理由から)

また、「日本人を加害者にしたがる(謝罪を要求する)」のは「日本人は無条件で攻撃され続けるべきだ」という「差別意識」があるから。(政治や国際関係のニュースに触れると東アジアの複数の国と地域の理解が早くなります。)

「相手のルールを知ること」が「自分や家族を守ること」につながります。
「過去の報道やこれから起きる出来事」に「一番濃い日本人差別」を当てはめて考えるといいでしょう。

非常に高い確率で「相手の言動」を当てられるはずです。
「異常な指導者がこれから何をするか」も分かるでしょう。
なぜならば、「日本人とは異なる東アジアのルール」を採用しているから。
相手のルールを知ることは、相手の未来が見えるのと同じです。

サッカー情報で調べる。
「サッカーに興味がある人向けの情報」を探してください。
「指導者が発信する情報」や「サッカー教育サイトや雑誌」等も良い材料になります。
「指導者」と「選手(日本人とする)」が出てくるとき、「指導者は悪くない」、「選手(日本人とする)が悪い」となっているはずです。

読まなくても分かります。
「悪いのは常に日本人選手で指導者は被害者だ」という内容でしょう。
「新聞やテレビ、雑誌」等でも内容は同じです。
「日本人が加害者になることはあっても、被害者になることは無い」と東アジアのルールを主張しているでしょうから。

より専門的な内容を知りたいなら、「加工されていない国会中継」等「政治」に興味を持つといいです。(日本人差別に反対する政治家ほど攻撃される)
「こちら側が一歩下がる」と「二歩目や三歩目」も要求されます。

最初から大きな要求(命をよこせ等)をしても拒否されるので、小さな要求から行う傾向にあります。
「東アジア系同士」で手を組んで「あいつの要求には従ったのに私の要求に従わないのは差別だ」と言い、「集団」で「二歩目、三歩目」を求めてくるでしょう。

「サッカー」なら「小さな罰から受け入れるように要求」して「少しずつ罰を大きく」する。
「小さい攻撃」をしても「反撃してこない」なら「攻撃を大きく」して、「受け入れる罰の大きさ」を観察する。(服従させやすい相手を探す)
これを複数の選手に行うことで「生贄(いけにえ)にする選手」を探します。

「生贄(いけにえ)」
他の選手を支配するために「苦しみを押し付けられる選手」のこと。

「反撃しようとする日本人」には「大人の対応をしましょう」と言い「反撃を禁止する」場合もあります。(東アジア系の日本の政治家や報道関係者等が好みます)

周りにいませんか。
「被害を訴えよう(おかしいと言おう)」とすると「相手と同じになってしまう」、「こちら側が大人になって」と言う加害者の協力者。(日本人差別に反対するのは子供だ、という東アジア側の思想ですね)

「専門機関に相談すること」は「大人げない行為ではありません」
「被害届を出すこと」は「加害者と同じになる行為ではありません」

「加害者の協力者」の話を丁寧に聞くと「加害者が被害者扱いされている」ことに気付くはずです。(被害者は加害者扱い)

相手を攻撃するのは問題無くて反撃することが悪いことなら、こちら側から積極的に攻撃しろということでしょうか。

「仕事をしない指導者」に「日本人選手」が「仕事をして欲しい」と言った。
これを「選手や保護者、指導者向けのサッカー関連サイト」は、「指導者に仕事をすべきだと主張した選手は未熟だ」と扱った。
最初読んだときは私の勘違いだろうと思ったが、そうではなかった。
選手や保護者、指導者に助言する立場の人間が、目の前で起きたことを理解出来ていないように思える。
そのような人々が様々な人に助言している。
「私の知らない世界」に出会えた気がする。
加害者と被害者が固定された世界。(元記事を探したが見つけられず)

  • 日本人を背後から撃つ工作員(スパイ)

「日本人」は「日本人男性」と「日本人女性」で出来ていますよね。
「敵国から攻撃された」とき、「日本人男性が先に出る」でしょう。
「日本人女性が最初に出る」のは少ないはずです。
「敵国の攻撃」は「海の向こうから」だけでなく「日本人男性の背後から」も行われます。

「日本人男性を背後から撃つ人」を早く探し出さないと、「日本国の守備」が崩壊します。
「前線(日本人男性)」が崩れたら、次は「日本人女性がいる場所」が戦場になるでしょう。
「相手と戦う場所」が「自分達のゴール」に近いほど被害が出やすい。
これは、「サッカーの試合」でも同じですね。

「サッカーの試合」で「相手が攻撃」してきた。
「相手ゴールの近く」でボールを奪えたなら「反撃がしやすい」
「相手」が「日本側のゴール」に近付くほど「相手が有利」になります。
「ボールを奪おうとする味方」を背後から攻撃するのは、「相手を助ける」のと同じ。
たとえ日本代表のユニフォームを着ていたとしても「敵国側の選手」でしょう。

「日本チームを守ろうとする味方」を助けるためにも、「味方を背後から撃つ工作員(スパイ)」を早めに見つけましょう。
「敵国の工作員(スパイ)」は「ゴールキーパーよりも後ろ」にいるかもしれませんよ。
「異常な指導者」が「日本人選手に敬意を払わない」のは「日本人を背後から撃つため」でしょうね。

「侮辱されることで人間は成長する」と考えるなら、「日本人選手に反論されることを下手で無能な指導者達は歓迎すべきだ」

「日本人に敬意を払わない指導者」は「反撃に弱い」

日本人の不幸を願う東アジア系
「警察官」が「犯人」を無力化するために武力を行使することがあります。
「犯人が負傷する」と「日本人犠牲者が増えません」よね。
「不幸な人が増えない」のは「日本人」にとっては素晴らしいことですが、「日本人の不幸を願う東アジア系」にとっては悪夢のようなもの。

「犯人」が「警察官を襲撃した」ときに「警察官が反撃する」
この「警察官の反撃」を「自称平和と人権を愛する集団」が否定する。
「警察官の命が奪われるような状況」でも「警察官の反撃」を徹底して罵倒し続けることで「警察官の判断力を奪う」

「警察官の負傷等」は無視して「加害者に怪我をさせるな」と主張し続けると、「サッカー」と同じことが起こります。
「撃てるときに撃たない」と「自分だけでなく仲間も苦しむ」
「シュートははずれても死なない」ですが、「犯人逮捕を失敗すると死者が増える」ことがある。

「警察官が発砲する」たびに「自称平和団体が抗議」をすると、「撃つべきところで撃てなくなる」
「撃たない方が良いのでは」と考えた瞬間に「犯人に撃たれて命を落とす」

意味が分かりますか。
「日本人を守ろうとする人」を「日本人の振りをして背後から撃つ集団」は少なくないですからね。(「政治家 背後から撃つ」で調べるのも面白い)

「警察官が命を奪われそうな状況」でも「外国人犯罪者を守れ」と主張する団体もいます。
「日本人差別をする東アジア系(日本国籍取得者も含む)」は、「日本人を守ろうとする警察官の命」よりも「日本人の命を奪おうとする東アジア系の命」を大事にします。
これは「警察官の命」よりも「殺人犯の命」の方が重いと言っているのと同じです。

「東アジアのルール」を簡単に説明すると「日本人の死者を増やすルール」でしたね。
このルールで考えると、「加害者が死亡または負傷する」と「日本人の犠牲者が増えない」。

「日本人の不幸を増やすため」に「東アジア系(日本国籍取得者も含む)」は、「加害者を無力化する警察官の行動を制限する」ことを選択する。「東アジア系のルール(思想)」を知ると、相手の行動が予測出来ますね。

似たようなものに、「日本人の命を奪った犯人を死刑にするな」があります。(「日本人選手の命を奪った指導者を処罰するな」も似ていますね)

「日本人の命を奪った犯人」が「死刑」になると、「次の犠牲者が出ない」ですよね。
日本人の常識では考えられないかもしれませんが、「日本人のルール」と「日本人差別を行う東アジア系(日本国籍取得者も含む)のルール」は違います。
「日本人の命を奪った東アジア系」が「国に帰る」と「英雄」になることがある。

「なぜ英雄になるのか」
「日本人の命を奪ったから」です。

「サッカーの上達法」を知りたくて読み始めたのに、「お前は何を言っているんだ」と思う人もいるでしょう。
読み続けるか判断する前に、1つだけ確認させてください。

「日本人の犠牲者が増えると喜ぶ集団」や「日本人の命を奪った人達」を支援する「先生達」もいる。
「日本人の命を何とも思わない人」が「日本人選手を育てる」と思いますか。
「日本人とルールが違う人達が存在する」ことを知らないと、「上達の邪魔しかされない」ですよ。

「自分の命を守ることを優先する」
これが一番大事。
次に大事なのが「自分の心を守ること」

「日本人の振り」をして「背後から日本人を撃つ東アジア系」に気を付けてください。
「誰が味方」で「誰が敵国の工作員(スパイ)か」、早めに知った方が成長が早くなります。

「先生」に直接聞いたらいけませんよ。
「日本人側」とは限りませんからね。
難しいことは「プロ(大人)」に任せましょう。

「日本人差別をする東アジア系」の主張を聞いていると、「日本人の死者が増える」ようにしたいようです。
「命を奪われる状況でも警察官は反撃するな」と言うのは、「警察官の命を何とも思っていない」のと同じですよね。

「警察官は日本人の不幸を減らすために働く人達」ですから「警察官の命を大事にしない」のは、「日本人の不幸を増やそうとしている」のと同じ。

「警察官(選手)の命(選手生命)を奪いやすい環境にするため」に「報道関係者」は「情報を加工する」と考えて「ニュース」に触れてください。
「サッカーおでん(日の丸も含む)」が言っている内容が「大げさでは無い」ことが分かるはずです。

「サッカーおでん(日の丸も含む)」は「子供も見る前提」で作っているので、どうしても「全て」を伝えるのは難しいです。
ここでは「日本人チームを守る自衛隊や警察官等」が「日本人の振りをした敵国の工作員(スパイ)」に「背後から撃たれている」と理解するだけでいいです。

「誰が背後から撃ってくるのか」を知りたいなら、「国会中継」と「新聞やテレビ等の報道」を比べるといいでしょう。
「国会中継」はインターネットでも視聴出来るので、話題になっている内容から触れるといいです。
「日の丸を燃やし切り刻む人達」が見つかりますからね。

「日の丸を燃やす人達」が分かっても、「周りには言わない」でください。
「自分の心の中」にしまっておきましょう。
「日本人の命を奪っている集団(東アジア系)」もいますからね。
難しいことは「大人(プロ)」に任せましょう。

サッカーの試合では危険な相手にはマークが付きます。それと同じように、日本人への危険度が上がれば上がるほど、日本国の守備陣からのマークがきつくなります。警察官や自衛隊等を攻撃している東アジア系(日本国籍取得者も含む)が日本国の守備陣からマークされていても不思議ではありませんよね。


  • チームの雰囲気

例えば、「特定の選手を侮辱」したとしましょう。
「誰かを馬鹿にする指導者」と一緒にいて、「チームの雰囲気」が良くなりますか。
なりませんよね。

「チームを勝たせたい」なら「選手が自信を持って戦える言葉」を選ぶべき。
「敵国の工作員(スパイ)」なら「チームがバラバラになる言葉」を選ぶでしょうね。
「他者への攻撃が良いこと」ならば、指導者は「選手に反撃されることを歓迎」すべきだ。

「食べ放題」で考えるなら「汚い言葉を使う人」と一緒だと「食事が楽しくない」
「食事が楽しくない」と「美味しいもの」も「美味しいとは思えなくなる」
「料理を楽しみたい」なら、「食事を心地良い時間にしてくれる相手」と付き合うべきだ。

「不快な言葉を使い続ける人」との食事は避けた方がいい。
「同じ価値観を持つ人」と「料理」を楽しんだ方が賢いでしょう。

「サッカー」でも同じです。一緒にいて楽しい人達と「サッカー」をしましょう。

「サッカーが求めるリスペクト」という言葉は、「異常な指導者」が考えているほど「軽い」ものではありません。

  • 指導者の心構え

「優れている人も必ず衰える」
「赤ん坊は成長する」
この「2つの事実」から、「指導者としての心構え」が分かりますよね。

「優れている人も必ず衰える」ことから、「いつまでも指導者が選手より上手いと思うな」という考え方。
「赤ん坊は成長する」ことから、「これから自分を超えていく相手の成長を見逃すな」という考え方。
「指導者」として活動したことの無い「小さい頃の私」でも想像出来たこと。(「私」は指導者になったことも、なるつもりもありませんよ)

「周りに攻撃的な人間」でも「結論」は同じになります。
「優れている人も必ず衰える」ことから「いつまでも相手を攻撃出来るとは限らない」
「赤ん坊は成長する」ことから、「衰えた自分よりも相手が強くなる未来が訪れる」

この2つのことから、「相手を一方的に攻撃出来ない」ことが分かります。
「相手を一方的に攻撃出来ない」とは「安全に攻撃出来ない」という意味で、「自分も血を流す」ということ。
「血を流す」のが「自分とは限らない」ことも考える必要があります。
そうなると、「相手に敬意を払う生き方」をした方が賢いと判断出来ます。

「性格が良くても悪くても、相手に敬意を払う生き方の方が賢い」
サッカーは楽しむためのものであって、人を傷付けるための道具ではない。

「日本人差別を行う東アジア系」は「反撃されない」ように「力の弱い子供」を狙います。日本人が「大人になる前」に潰そうとする。
「大人になる前」とは「子供」のことですね。「子供が集まる場所」である「学校」に「日本人差別を行う宣教師(「日本人の子供を盾にする人々」)」が集まりやすいようです。
「保護者の反対」を押し切って「日本人の子供」を東アジアに行かせたがる「先生達」がいませんか。短期間でも東アジアに日本人の子供を差し出したいのかもしれませんよ。(何とか遠征)

  • 異常な指導者が好かれないのは知性を感じないから

「相手を攻撃したら反撃されるかもしれない(相手にも感情がある)」と想像出来る人は、「周りに敬意を払う」でしょう。(普通は攻撃しないのが当たり前ですよ)
「日本人に反撃されるかもしれない」と思う人は、「日本人選手の戦意を奪う」ことを優先するでしょう。

「攻撃したら必ず報復される」
こう考える人ほど「リスペクト」という言葉に敏感だと思います。

「日本人の手足を縛ろうとする」のは、「日本人に報復されるようなことをした自覚」があるから。(日本人に報復されると思うから日本の国防費を減らせと言うのでしょうね)
「日本サッカー」でよく聞く「リスペクト」という言葉。
「サッカーおでん」が、この記事を公開したときから「重くなる」でしょうね。

「道を渡るときは左右をよく見て渡ろう」
この文章は「自分が生き残るため」のもの。
「死なないための知恵」ですね。
「日本人や日本サッカーに敬意を払わない人」のためにも、「日本サッカーを一気に強くしましょう」か。

「リスペクト」という言葉は、「報復されないための言葉」
「自称サッカー上級者」なら当然知っているとは思いますが、「命を奪われないための知恵」ですよね。
「異常な指導者」が「まだ生きている」のは「日本人が優しいから」
「日本人に敬意を払わない人達が凄いからではありません」

「ラブリーでキュートな指導者達へ」
「やる気が無い生徒」や「消極的な生徒」、「分からないことを質問しに来ない生徒」で困っていませんか。
「私」は「おとなしく自分の意見を言わない生徒」でした。
「指導者」から見たら「出来の悪い生徒」だったかもしれませんね。

「私」が教師に質問しなかった理由は、「質問に答えられるほど賢いとは思えなかったから」
「私」が教師に近付かなかったのは、「人としての魅力を感じなかったから」
「私」が教師に意見を言わなかったのは、「年下の意見を聞けるほど人として成熟しているとは思えなかったから」

「私」は「教師に興味を持てなかった」
「自動販売機」を想像するといいでしょうか。
欲しい知識があるときに「相手が望むもの」を入れて、必要なものを取り出すような感じ。
「私」は「自動販売機を全く使わない不真面目な生徒」でした。

「異常な指導者」を観察していると、「知性を感じない」
「日本人選手を罵倒出来る根拠」がよく分からなかった。
「絶対に報復されないという自信はどこから来るのだろうか」
「異常な指導者」は「相手が絶対に報復しない前提」で生きている気がする。

なぜ、「不幸になりたがる」のか。
なぜ、「死を引き寄せようとするのか」
全く理解出来ない。

「学校の先生」ではなく「塾の講師」には「興味深い人」がいました。(2人)
「知識と知恵を惜しみなく与えてくれた講師」には大きな影響を受けています。
「サッカーおでん」が「無料で情報を発信している」のは「魅力的な塾講師」と出会ったからです。(塾はお金を取るけどね)

詳しい内容は「サッカーおでん(本家)が無料で上達法を公開する理由」をご覧ください。(ここは「日の丸サッカーおでん」、移動先は「サッカーおでん(本家)」)

ここに戻る移動先(リンク)を準備していないので向こうに行ったら戻れません。(ここは刺激が強い内容も含まれるので最初の注意書きを読んだ人だけ進むようにしたいため)

移動したいときは、ここを最後まで読んでからの方がいいかもしれません。
この記事の最後にも移動先を追加しているため、読み終わってから移動することをおすすめします。

注意。一方通行です。ここには戻れません。

「サッカーおでん(本家)が無料で上達法を公開する理由」

  • 知性

「私」が日本人選手に優しいのは、「同じチーム(ブルーチーム)」だから。
「私」が下手で無能な指導者に「きつい(「厳しい」では無い)」のは、「仲間(ブルーチーム)ではない」から。

最近は「指導者も情報を発信」しているので面白いですね。
「個人の感想」ですが、「この程度の理解でも指導者になれるのか」と思うことがあります。
中には素晴らしい人もいると思うのですが、「この指導者、残念なぐらいサッカーを理解していないな」と分かる人も多いです。

全員が上手くなれるとは限らないので「下手くそな指導者」がいても不思議ではありませんよ。
「下手」でも良いのですが、「これから上手くなる選手に敬意を払わない」のはダメ。

「下手で無能な指導者に否定されて落ち込んでいる選手」に「指導者よりも君の方がサッカーが上手だよ」と伝えたい。(苦しい状況でも戦っている選手は周りに勇気を与えるが、チームの雰囲気を悪くする指導者は不幸しか撒き散らさないから)

「ブラジルの言葉」に「うまいのはペレだけ、あとは同じ」というものがあるそうです。
「この言葉を知らない」なら、「指導者として勉強不足」
知っていても「選手に敬意を払えない」なら、「人として失格」

ここに戻る移動先(リンク)を準備していないので向こうに行ったら戻れません。(ここは刺激が強い内容も含まれるので最初の注意書きを読んだ人だけ進むようにしたいため)

(移動先にこの場所に戻る方法を用意していないため、食べ放題の続きに興味があるなら、最後まで読んでから移動することをおすすめします。)
この記事の最後にも移動先を追加しているため、読み終わってから移動することをおすすめします。
「うまいのはペレだけ、あとは同じ」
「うまいのはペレだけ。あとは同じ」上手くなる機会を与えよう

「相手を否定しよう」と思えば、「小さなこと」でも攻撃出来ますからね。
「サッカーが上手で優秀な指導者」しか生き残れない環境になったとき、「下手で無能な指導者」はどうするのか。
大丈夫だろうか。

「選手に攻撃的な指導者」を見ていると、「ああ、サッカー選手としての自分に自信が無いのだな」と分かります。
「指導者として活動していれば自分が下手くそだ」と分かるのですから「選手よりも練習」しないと。
「これから上手くなる選手」を「罵倒している時間」などありませんよ。

「無能」なのは治せませんが「下手」なのは何とか出来る。
「異常な指導者」は「下手でしょう?」(ペレ選手ではありませんよね)
上手くなれなかった過去が、指導者をリスペクトから最も遠い場所に連れて行くのでしょう。

「指導者の無能さ」は治せませんが、「下手な指導者」なら「サッカーおでん」が改善出来ますよ。

「昔出来なかったこと」があるなら、「サッカーおでん」と一緒に上達するといいですよ。
「異常な指導者は歓迎しない」ですが、「同じサッカー選手」としてなら「少しだけ歓迎します」(少ししか歓迎しないのは日本人選手に敬意を払わなかった罰です)
「日本人選手に敬意を払える指導者」は「選手と同じぐらい歓迎します」(ただし、対応が選手のあとになる可能性があります)

「この指導者、でたらめなことを教えているな」と分かりますからね。
「自分で生み出した考え方(深く理解している考え方)」なら「絶対に間違わない」はずなのに、「とんでもないこと」を言っている人もいる。

「料理の味付け」で例えるなら、「塩分が欲しいなら砂糖を入れましょう」と言うようなものですからね。
「目玉焼き」なら、「綺麗に焼くコツは卵をよく混ぜることです」と言うようなもの。(混ぜるのは玉子焼き)
「知っている人」から見たら、「でたらめなことを教えているな」と分かりますよね。

おそらく、「誰かが説明している内容」を「理解せずに使用しているから」でしょうね。
途中までは「砂糖を入れると甘くなります」と説明しているのに「結論では砂糖を入れると塩辛くなります(しょっぱい)」となっている。

「勉強熱心」なことは素晴らしいのですが「結論が間違っている」なら「生徒に悪影響が出る」ので好ましくない。(日本人への嫌がらせなら間違った結論を教えるのが正しいのかもしれません)
「悪意のある指導者」に教わると「上達が遅くなる」

「成績を上げるため」に「頭の悪い先生」を選びますか。
選びませんよね。
「頭の良い人は成績が悪い人の気持ちが分からない」から「成績が悪い先生に教わるべきだ」と言いますか。
言いませんよね。

「学習塾」は「先生の能力(受験勉強の上手さ)」で選ぶでしょう。
「サッカー指導者」は、どうですか。
「下手な選手の気持ちを理解して欲しい」から「下手な先生」を選びますか?

「選手を育てる」とは「出来ない原因を特定して解決策を教えること」であって、「選手を罵倒すること」ではありません。
「調子に乗っている異常な指導者」を「何十年」叩き続けても、「下手くそで無能なまま」です。

「選手が天狗にならないように一度鼻を折る」と馬鹿げたことを言う「異常な指導者」もいると思いますが、「日本人選手を痛めつけて興奮したいだけ」でしょう。

「指導者として活動する」前に、「ブラジルまで届きそうなムダに長い鼻」を叩き折ってから「指導者としての勉強」を始めた方がいいですよ。

異常な指導者が選手と向き合えないのは「伸び過ぎた鼻を叩き折れと再教育してくれる人」がいないからでしょう。

異常な指導者にも、やり残したことがありますよね。
もう一度、サッカー選手としてサッカーを学びませんか。
「下手で無能な指導者」は「邪魔」ですよ。

「日本人選手や保護者達へ」
「日本人差別を行う東アジア系(日本国籍取得者も含む)」が「日本人選手」を守るはずが無い。

日本人選手の幸せのために頑張っている指導者もいると思いますが、頑張れば頑張るほど「サッカーから遠い場所に行く」と思います。
それは、「別の場所に希望を見つけたから」ではなく、「絶望しか見つけられなかったから」
サッカーとのつながりが薄れていくでしょう。

「日本人の幸せに貢献したい人へ(元プロ選手やアマチュア選手、保護者等も含む)」
「苦しい状況」で戦っていると思いますが、「自分を守る」ことも考えてくださいね。
もうすぐ「サッカー界」が大きく変わるので、それまで「体力を温存する」ことを考えてください。(すでに変化は起きていますよ)

今後「サッカーおでん(本家も含む)」が「力をお借りする」こともあるかと思いますが、そのときはよろしくお願いします。
多少遠回りするとは思いますが、ご了承ください。
一緒に「日本国」と「日本のサッカー(世界)」を盛り上げていきましょう。


正常な指導者と健全な育成環境で育つ選手は、練習が休みになると悲しむ。
異常な指導者を持つ選手は、練習が休みだと喜ぶ。


  • 2020年12月07日。追加組
  • 最新版です。

上で案内した「サッカーおでん(本家)が無料で上達法を公開する理由」への移動先。

注意。一方通行です。ここには戻れません。

「サッカーおでん(本家)が無料で上達法を公開する理由」

上で案内した「うまいのはペレだけ。あとは同じ」上手くなる機会を与えよう」への移動先です。

注意。一方通行です。ここには戻れません。

「うまいのはペレだけ、あとは同じ」
「うまいのはペレだけ。あとは同じ」上手くなる機会を与えよう

おまけ

この記事を書き始めてから公開するまで非常に時間がかかった。
最初に書いたのはいつだろうか。精神面を刺激する可能性があるため、時間をかけて修正を繰り返した。
前回確認したときは、すぐに公開するつもりだったので日付が残っている。2019年1月11日とあるが、これを書いているのは2019年10月5日だ。
前回の修正(2019年1月11日のこと)も書き上げてから時間が経っていたはず。
精神面に踏み込む内容であるこの記事は一番熟成されている。
どこまで踏み込むか悩んだが初心者向けになるように気を付けた。触れている情報は報道等で確認が取れているもの。
公開の準備が済んだころに事件があり情報を修正。熟成後に公開のための最終確認を行うと別の事件が発生し再び熟成。
熟成期間が伸びたのは、文章を磨くために使った時間と外部からの影響を避けるための期間が必要だったから。
サッカーおでんのブログで記事内容に触れてから、長い時間が過ぎた気がする。(2019年10月5日現在)

上に書いた文章を確認しているのが2019年10月21日。熟成している。

そして、更に熟成されている。2019年11月21日。

気付いたら2020年1月3日。

一度修正し、時間をあけて再確認するため他の作業をしていたら2020年4月16日。もう少し修正したい。

一通り確認をした。多少修正した部分もあるが、前回確認したときと変わらないはず。読み終わるまでの時間を計る。途中で席を離れることもあったが、書いた本人が読み終わるまで5時間かかった。内容を一番理解している人間でも5時間かかった。他の人は読めるだろうか。知識が無いと理解が難しい部分もあるかもしれない。2020年5月2日。

もう一度確認。前回確認したときに追加したい文章が出たため、一部修正。少し足りない部分もあるので追加したい。時間を計ったら、4時間42分ぐらいだった。読み終わるまでに5時間かかると考えよう。画像も修正したい。

一つ上の文章は、おそらく2020年5月3日のもの。日付を記録するのを忘れていた。2020年5月6日。画像の修正をした。

これを記録するまでの間、おしゃぶりとおむつの文章を追加していた。勝ち点の説明も加えていたので、ここに記録されていない期間も、この記事を修正している。最初から、もう一度読んだ。5時間21分という記録。もう少し情報を追加したい。勝ち点の画像を修正するかもしれない。

上の文章は、たぶん5月30日。
一通り読んだ。5時間31分。長いかもしれない。確認していると文章を追加したくなる。追加した文章で分かりやすくなったはず。誰も読まないかもしれないが、自分用として完成させたい。最後まで読まなくても、途中まで読めば大丈夫だと思う。勝ち点の画像は修正なしでいこうと思う。2020年5月31日。
少し前は5万文字ぐらいだった。その後、6万文字ぐらいになったはず。気づいたら8万文字に近い7万。困った。

一通り確認した。時間は4時間50分。修正箇所が少なかったからか、読むのも早かった。ここから最後の修正をしたい。2020年7月24日。別の作業をしながらの確認。

他の作業が一段落ついたので熟成具合を確認。サッカーおでん(本家)の説明が分かりやすくなるように作業をしていた。少し前に覚えたことと新しい知識を組み合わせた内容。私の予測よりも世界の動きが速くなりそうな感じがするため、この記事の仕上げを急ぐ。あと数回読んで完成にしよう。この記事を公開してから文字コードを変更するか、公開前に修正するかで悩む。これを記録しているのは2020年11月26日。何か、カギカッコが多いな。

文字コードを変更してから初めての確認。一回見た感じでは、大丈夫な気がする。あと数回読んで公開しよう。海外の動きが速くなりそうだ。早めに完成させたい。読み終わるまで6時間ぐらい。途中休憩していた時間もあったため、もう少し短いはず。2020年11月30日。

2020年12月3日。文字コードを変更してから二度目の確認。善きサマリア人の法を追加した。一度完成した文章に、おまけを追加していくからか話の流れが凄いことになっている気がする。サッカー選手や保護者の知識量が分からないため、説明が非常に難しい。知識が無くても想像力で補ってくれると助かるが……。読んでいる途中にサマリア人の話を入れたからか、読み終わるまでに7時間15分かかっている。読み終わるまで5時間から6時間ぐらいかかりますと書いたが、修正しないといけないかも。次ぐらいで完成にしたい。

2020年12月4日。私は老いたのかもしれない。少しだけ文章を追加した気がする。読み終わるまで7時間39分かかった。5時間ぐらいで読み終わるつもりが、予想よりも長くなった。そろそろ完成にしたい。次は、細かい部分の修正と、装飾等の確認をしよう。

2020年12月5日。読んだ。あとは微調整をして完成。読み終わるまで4時間9分。少し文章を追加した。読む量は一番多いはずだが、読む時間は一番短い記録に。今日は完成させるつもりで読んだ。

2020年12月6日。最後の確認として読んだ。今回は読み終わるまでの時間を予測した。予測では4時間36分だった。結果は4時間31分。数分読んでいない時間があったため、丁寧に計測すれば20分台になったかも。読み終わる時間の予想は仕事算を使った。(たしか、仕事算と呼ばれていたはず)


日の丸サッカーおでんを順番に読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ご感想やご意見等の入力欄

設定が不十分で2017年5月10日(水) 01:18:50以降の送信内容が文字化けしていました。過去に感想等を送ってくださった方には申し訳ない。

2021年6月10日(木)10:40から送信機能を復活させました。(パソコンで確認済)過去に感想等を送信しても反応が無かった方は、もう一度送信していただければ対応出来るかもしれません。

パソコンでの送信は成功していますが、ゲーム機やスマートフォン等でも機能するかは不明です。(ゲーム機やスマートフォン等を所有していないため)

過去に文字化けや空白として記録されているものが多くあります。もし過去に送信して頂いた方がいらっしゃるなら、よろしければ再び書き込んでいただけると助かります。

名前: 

文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い

ご感想やご意見等

「日の丸サッカーおでん」からの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信出来ない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。

「日の丸サッカーおでん(携帯版)」から来た人へ。

感想を送信するために「日の丸サッカーおでん(携帯版)」から来た人は、ここから戻れます。

「日の丸サッカーおでん(携帯版)」へ移動

運転開始。


日の丸サッカーおでん(携帯版)を追加し、おみくじ動画を削除。
2021年8月19日。
私の遊び場Armory3Dを使うを追加。
最終更新、2021年8月19日。

「日の丸サッカーおでん」誕生。

  • 自己紹介
  • はじめまして、「日の丸サッカーおでん」の「日陰の太陽」です。一緒に「サッカー」を楽しみませんか。
  • 詳しい自己紹介へ
  • サイトの紹介
  • 「日の丸サッカーおでん」は「日本代表と日本人選手」を応援しています。 「サッカーおでん(本家)」もありますよ。
  • 詳しいサイト紹介へ

日の丸サッカーおでんメニュー


Copyright © 2017 socceroden All Rights Reserved.