何かあったときに表示します。

楽しさが才能を育て、苦しみが選手を潰す

  1. TOP
  2. 心のお手入れ
  3. 楽しさが才能を育て、苦しみが選手を潰す
  • 目的
  • 楽しさが選手と才能を育てるので楽しい時間を増やそう
  • 理由
  • いつまでも大好きなものを楽しむため

1、楽しい時間と苦しい時間

「楽しい時間」と「苦しい時間」、どちらを選ぶ人が多いでしょうか。
おそらく、「楽しい時間」を選択する人が多いでしょう。
では、「相手に与える」としたら、どちらの「時間」を選びますか。

「人を指導する立場」になると、「苦しい時間」を与えたがる人がいるでしょう。
「自分が選ぶ」なら「楽しい時間」で、「選手に押し付ける」なら「苦しい時間」
「他人を苦しませるのが好きな人」もいるかもしれません。

「日本人に呪いをかける人」は、「日本人が苦しんでいる姿」が大好きなようです。
「あなたの指導者」は「心のある人間」ですか。それとも、「東アジア原産の呪い(日本人差別)をかける人」ですか。

  • 「楽しい時間」は想い出になり、「苦しめられた時間」は悪い感情を生む

「好きなこと」を続けていると、「苦しい時間」もあるかもしれません。
「本人が楽しんでいるときに生まれる苦しい時間」と、「他人が押し付ける苦しい時間」は別物です。

「自分から苦しい時間」を生み出すことはあるのか、少し信じられませんよね。

「本人が楽しむことで発生する苦しい時間」は存在しますよ。
「喜びが生み出す苦しい時間」は「嬉しい時間」です。
「本人が満足すること」で生まれるのが「嬉しい時間」で、「他人が強制すること」で発生するのが「嫌われる時間」です。

  • 「嬉しい時間」と「嫌われる時間」

「他人が強制することで発生する苦しい時間」は想像出来ますよね。
でも、「本人が満足することで生まれる苦しい時間」が理解出来ないかもしれません。
「本人が満足すること」で、なぜ「苦しい時間」が生まれるのか。

  • 「本人が満足すること」で生まれる「苦しい時間」

「好きなもの」を「満足する」まで「楽しんで」ください。
「甘いもの」や「普段食べられないもの」でもいいですよ。
「本人が満足することで生まれる苦しい時間」の正体が分かったでしょうか。
そうです、「満腹」ですね。

「本人」が「好きなもの」を「満足する」まで「楽しむ」ことで「お腹が一杯」になり、「苦しい時間」が訪れる。
「食べ過ぎる」と「お腹が苦しく」なりますね。
これが、「本人が満足することで生まれる苦しい時間」の正体です。

  • 「本人が満足することで生まれる苦しい時間」は何度でも訪れる

「好きなもの」は何度でも味わいたいですよね。
「自分が満足するまで食べる」と、「再び苦しい時間」が訪れる。

「本人が満足することで生まれる苦しい時間」は、「何度でも」訪れます。
「もう食べられない」と言っても、少し時間がたつと自然と「好物」に手が伸びる。
また、食べちゃう。そして、「苦しみ」が。

  • 「他人が満足するために押し付けられる苦しい時間」は次が無い

「他人が満足するために押し付けられる苦しい時間」は、次が来ません。
「押し付けられる側」にとっては、「嫌いな時間」ですからね。

「自分が嫌いな時間を何度も味わおうとする人」はいないでしょう。
「好きなものを食べて生まれる苦しい時間」と、「嫌いなものを押し付けられて生まれる苦しい時間」は全く違いますからね。
「押し付ける人」がいなくなると、「次」が無くなりますね。

  • 一度満足しても好きなものは再び味わいたくなる

「好きなこと」を「自分が満足するまで楽しむ」と、「疲れ」ます。
「筋肉痛」になることもありますよね。
「一度満足」しても、「好きなもの」は「再び味わいたく」なるものです。
「満足したからもうしない」と言っていても、また味わっていますよね。
「好きなもの」というのは、「人を何度も」惹き付けます。

スポンサーリンク

2、サッカーは楽しいか

「サッカー」が「好き」なら、「一時的にしなくても良い」と感じても、自然と「ボールを触っていること」が多いです。
「サッカーが楽しい」と感じられる環境を整えることが大事ですね。

  • 「指導者が満足するために押し付ける苦しい時間」は選手を不幸にする

「スポーツ指導」について色々な意見があるようです。
「指導者側の意見」ではなく、「元選手の意見」で気になる内容がありました。
「別の競技」で、「指導者が満足するために苦しい時間」を押し付けられていた「選手」。
その選手は、引退してから「その競技を見るのが嫌」になったそうです。

「スポーツを始めるきっかけ」は分かりませんが、最初は「好きなスポーツ」だったのでしょう。
「指導者が押し付ける苦しい時間」が「選手から好きなものを奪った」ことになります。
学生やプロの試合も見なくなったそうです。

「指導者が押し付ける苦しい時間」が、「選手の好きなもの」を潰した。
「選手」は、「指導者が気持ち良くなるために存在」しているのではありませんからね。
「好きなものが嫌いになった元選手」の話は悲しいものでした。

悲しい話の中でも、「指導者の悪質さ」と「選手の優しさ」が目立っていましたね。
「無能な指導者」は「選手の優しさ」を「悪用している」のでしょう。

「好きなものを潰された元選手」は、「必死で道具の使い方」を練習したそうです。
たとえ嫌いになったとしても、「手に馴染んだ道具を正しいこと」にしか使わないのが、「元スポーツ選手としての誇り」であり、「指導者がまだ生きている理由」でしょうね。

「人間には感情」がありますからね。
「子供」にも「敬意を持って」接するべきでしょう。

「試合中継」を見るのも「嫌」になるのは悲しいことです。
「好きなもの」を「満足出来るまで味わえる環境」と、「好きなもの」を「ずっと好きでいられる環境」が必要かもしれません。

スポンサーリンク

3、いわゆるエンジョイ勢とガチ勢

「スポーツ」を語るときに、「楽しむことを大事にする人」と「上を目指すことを優先する人」で分けられることがあります。
「いわゆる、エンジョイ勢」と「ガチ勢」ですね。
「エンジョイ勢」と「ガチ勢」、どちらが「より上手くなる」のか。

「スポーツ」を語るときには、「言葉の意味」を説明する必要があるでしょう。
「同じ言葉」を使用していても、「意味が異なる」なら話が咬み合わない。
「いわゆる、エンジョイ勢」と「ガチ勢」ではなく、「別の単語」を使用して説明します。

  • スポーツを楽しむ人と、そうでない人

「スポーツの楽しみ方」を語るとき、一般的に「上手くない人」が「エンジョイ勢」で、「上手な人」が「ガチ勢」と呼ばれている感じがします。
ここからは、「上手い人」は「上手い人」、「上手くない人」は「上手くない人」にしましょうか。そのままですね。

「いわゆる、エンジョイ勢」を「スポーツを楽しむ人」、「ガチ勢」を「スポーツで苦しむ人」と考えます。
「エンジョイ勢」と「ガチ勢」という表現は避けたいので、別の表現にしましょう。
そのままですが、「スポーツを楽しむ人」と「スポーツで苦しむ人」にします。

「いわゆる、エンジョイ勢」と「ガチ勢」が使用されるとき、相手の文章から感じる「上手い人」と「上手くない人」、「スポーツを楽しむ人」と「スポーツで苦しむ人」を抜き出しました。
「上手さ」と「楽しさ」を使って、「スポーツが上手になる人」の特徴を探りましょう。

  • 「上手い人」と「上手くない人」

「上手い人」は、すでに「上手い」ので問題ありませんね。
「上手くない人」は、「これから上手くなる」ので大丈夫でしょう。
この勝負は「引き分け」です。

ここで考えて欲しいことは、「上手い人」も「少し前まで」は「上手くない人」だったということ。
「上手い人」にも「上手くない時代」があります。
このことを考えると、「今、上手いかどうか」は気にしなくても良いでしょう。

関連ページ
「うまいのはペレだけ。あとは同じ」上手くなる機会を与えよう

  • 「スポーツを楽しむ人」と「スポーツで苦しむ人」

一般的な印象だと、「スポーツを楽しむ人」の方が「上手い」かもしれません。
「楽しむ」というよりも、「楽しめる」と表現した方がいいでしょうか。

「スポーツを楽しんでいる人」ではなく、「別次元の人(いわゆる、天才)」を想像してください。
「一般人が難しいこと」を、「別次元の人」は「楽しみながら行う」

「スポーツを楽しむ人」の方が、「上手くなる」感じがしませんか。

  • スポーツが上手くなるのは、スポーツを楽しむ人

ここでの結論としては、「スポーツを楽しむ人」の方が、「スポーツが上手くなる」としましょう。
実を言うと、ここはそこまで大事ではありません。
次からが楽しくなる内容かもしれません。
特に、「自称、ガチ勢」の人。

スポンサーリンク

4、幸福勢と苦痛勢、上手くなるのはどちらか

「いわゆる、エンジョイ勢」と「ガチ勢」という表現では、人によって受け取り方が違うので、別の表現にしましたね。
今回は、さらに踏み込んでみましょう。

「エンジョイ勢」は「楽しそうな印象」があるので、「幸福勢」としましょうか。
「ガチ勢」は「苦しみで顔を歪めている印象が強い」ので、「苦痛勢」と呼びます。

  • 幸福勢と苦痛勢、上手くなるのはどちらか

「幸福勢」は「上手く」なります。
根拠を求められると苦しいですが、「最後まで立っているから」と答えましょうか。

「上手さ」を「他者との能力差で判断する」のではなく、「死ぬまで同じスポーツを愛するか」で考えます。
「自分が好きなスポーツをする」のが「楽しい」のですから、「その競技とは一生の付き合い」になりますよね。
「一生の付き合いになる」とは、「最後まで立っている」ことです。

ここでは、「他者と比べてどの程度上手いか」は気にしません。
なぜ、気にしないのかというと、「上手くない人」は「まだ上手くない」と受け取っているからです。
「人間は成長します」から、「そろそろ寿命が尽きそうなころ」が「一番上手い」可能性もあります。

「サッカーおでん」では、「人間は成長する」という考えを採用しているので、「幸福勢」は「上手くなる」と結論付けます。

「苦痛勢」は「上手くならない」のか。

はい、「上手くならない」でしょう。
「それなりに上手くなる」ことはあっても、「上手くなること」は無い。
たとえ、「他の人よりも早く始めた」としても、「上手くならない」でしょう。
ここで言う「上手さ」とは、「最後まで立っていること」ですからね。
「一時的に他の人よりも先に行く」ことはあっても、「途中で脱落する」でしょう。
なぜならば、「苦痛勢」だから。

「自分とスポーツを結びつける何か」が消えた時、「スポーツに帰って来ない」でしょう。
たとえ、「先頭に立っていた」としても、「最後まで立っていない」なら「上手くない」
一般的な意見とは違うかもしれませんが、「苦痛勢」は「上手くならない」と結論付けます。

ここまでを読んでいると、「苦痛勢」に「厳しい」と感じるかもしれません。
「サッカーおでん」は「スポーツ選手」を応援したいので、「スポーツ選手が減ること」は避けたい。
説得力が足りず、少し苦しい結論になるかもしれません。
「苦痛勢が良いかどうか」ではなく、「苦痛勢を守っている」と受け止めてください。
ここで扱う内容は、「苦痛勢の救い方」が中心になります。

「幸福勢」は問題ありませんが、「苦痛勢」には、「少し残酷な内容」が含まれているかもしれません。
「自分は苦痛勢であることに誇りを持っている」と感じているなら、そのままで構いません。
もし、少しでも「苦痛勢に所属する自分」に「疑問」を持ったのなら、「幸福勢」への引越しをおすすめします。

スポンサーリンク

5、自分が目指す姿で決めよう

「サッカーおでん」のおすすめは「幸福勢」になること。
「苦痛勢」は、「下手になる」のでおすすめしません。

そろそろ仕上げをしないといけませんね。
「幸福勢」からは、「偉大な選手」が生まれます。
「苦痛勢」からは、「無能な指導者」が生まれるでしょう。

「自分が何になりたいか」を考えて、「幸福勢」と「苦痛勢」、どちらにするか決めてください。

「幸福勢」は、「スポーツをするのが好き」なので、「自然と上手く」なるでしょう。
「偉大な選手」になりたいなら、「幸福勢」を目指してください。

「苦痛勢」の「未来」は「暗い」でしょう。
「苦痛」から「精神的に不安定」になる。
「精神が安定していない」ので、「周囲の人に攻撃的」になる。
「人に当たる」ので、「人が離れて」いく。
「苦痛と人間関係が上手くいかない」ことが原因で、「より大きな苦しみ」が生まれる。
「苦しみ」が「苦しみ」を生み、「子供に悪影響を与える人物」が誕生する。

「自分が苦しんだこと」と、「他人が下手なこと」は違います。
「苦しんだ」から「上手くなった」のではなく、「意味があったと思わない」と、「心が壊れて」しまうのでは。
「心が不安定な状態」のまま「放置」していると、「心が壊れ」ます。
「心が壊れる」と、「人の気持ち」が分からなくなり、「自然と攻撃的」になるかもしれません。

もし、「苦痛勢」が「指導者」になったとしたら。
「上手くなれなかった自分」に「似ている選手」を「大事に扱わない」でしょうね。
「上手い選手」、「自分の心を安定させる選手」のみ「試合」に出すでしょう。

「苦痛勢」が進化すると、「罵倒勢(ばとうぜい)」になります。
「自分が上手くなるために時間を使う」のではなく、「自分より下手な人間を否定すること」に「時間を費やす」ようになるでしょう。
「自分が上手くなること」よりも、「他人を否定すること」を優先してしまうと、「成長」が止まります。

「罵倒(ばとう)」
汚い言葉でののしること。
激怒した監督を想像してください

「何のため」に「他人を否定する」のか。
おそらく、「他者を否定すること」で「不安定な心」を「癒そう」としているのでしょう。
「他人を否定すること」を優先すると、「自分が知らないこと」を探す時間が無くなります。

「自分が知らないことを探す時間」が無くなると、「成長」は止まりますよね。
「自分より下だと思っている人間」が、「自分を超えないように祈る」ことしか出来ませんから。

私のチームにも、「いわゆる、罵倒勢のようなもの」が存在しました。
「選手の上手さ」を比較したとき、「上手いと言われる選手」は「初心者の私」にも優しかった。(否定的な言葉は言わない。続けていると助言をもらったり)
「スポーツ選手だけでなく人としても出来た人」でした。
「攻撃的な人」は、「残念ながら下手」でしたね。

「罵倒勢」は、「初心者である私」を「否定すること」に「時間」を使った。
「私」は、「自分なりにサッカーを楽しむこと」に「時間」を費やした。
「経験者が褒めるチームメイトのこと」や、「経験者が憧れるプロ選手の凄さ」を聞いて、「自分のもの」に出来ないか考えた。

「私」は大学からサッカーを始めたので、「周りから見れば絶望的に下手」だったでしょう。

「練習の初日」でしたかね、「ボールに触らなくて良いから」と言われました。
「私」が触ると「負けるから」とも言われましたね。
「ミニゲームのパス回し」でしたが、「言葉がキツイ」

「初心者だと分からない経験者の上手さ」も、「数カ月」すれば分かるようになります。
特に「罵倒勢」の「下手さ」は、すぐに分かりました。
「下から数える上手さ」でしたから。

「目の前にある看板」は意識しない。
「看板は成長しない罵倒勢」と同じで「動かない」ので、気付いたら追い越していますよね。
「上手い選手」を目指して「サッカー」を続けていたら、「罵倒勢」は「沈黙勢」に変わりました。
その後、練習試合に「皆勤賞」のようなもので出たときに、「罵倒勢」が「失敗」しました。
後は決めるだけの「私のパス」を「枠の上」に飛ばして「味方も相手も驚き」

試合後に「私のパス」が褒められ、「罵倒勢の失敗」がからかわれる結果に。
「良いパスが来たのだから、あれは決めないと」といった内容だったと思います。
「見ている人は見ている」ことと、「罵倒勢の未来」を知った瞬間でした。

「私」は「甘い」ので、「罵倒勢」に「否定的なこと」は控えますが、「サッカー選手やスポーツ選手」として「上手くなりたい」なら、「罵倒勢」から抜けた方が良い。
「他人を罵倒している時間」が「もったいない」ですからね。
「貴重な時間」は、「自分を磨くこと」に使った方が良い。

「初心者の失敗を笑う罵倒勢」は、「他人の失敗を笑わない上級者」にからかわれる。
「罵倒勢は声が大きい」ので「多数派」だと感じるかもしれませんが、実は「少数派」
「罵倒勢」よりも、「他人を評価出来る上級者」の方が多いですよ。
「同じスポーツをする先輩達の頼もしさ」を感じた出来事でもありました。
「上手な先輩方」は「罵倒勢の上手な教育方法」を知っていたのでしょうね。
「主将(キャプテン)の一回の指導」で、「罵倒勢」の「暴言」が止まる。
「上に立つ人」は本当に凄い。

ここからは「私の想像」ですが、「自分が罵倒してきた相手」が「上手くなる」と立場が無いですよね。
しかも、「サッカーを始めて一年も経っていない初心者」に。
「尊敬や憧れ」は、「上手さ」だけでは生まれません。
「人柄」も含めて、「相手を目標にするか」を決めます。

当時は「目標の相手と上手く話せなかった」のですが、今なら「同じサッカー選手」として話せると思います。
「周りの評価が変わっていく瞬間」と「初心者も同じサッカー選手として見てくれる先輩達」と出会えたのは、「スポーツ選手」として幸せだったのかもしれません。

「罵倒勢」には優しくするつもりでしたが、最後に「大きな愛」を残します。
「罵倒勢」は、「絶望的にヘッタクソ」
「今まで何をしてきたのか」と、聞きたくなりますね。
「まだ上手くない人」は、「これから上手くなるから」問題ありませんよ。
「上手い人も下手な人」も、「同じサッカー選手」として「敬意を持って接します」
ただ、「罵倒勢(無能な指導者も含む)」は「同じ選手」だとは思わない。

スポンサーリンク

6、楽しさと苦しさのまとめ

「罵倒勢」とは、「品の無い言葉」で「攻撃」してくる生き物。
「罵倒勢」は「口の悪いガチ勢」だと考えていいでしょう。

「指導者に否定されることを恐れる」と、「ガチ勢」になる。
「汚い言葉でののしられる」ことで、「全身がガチガチ」になる。
「普段なら出来ること」も「緊張と不安」から「出来なくなる」
「失敗する」ことで、「無能な指導者の暴言」が増えて、「ガチガチ勢」に。

「暴力的な扱い」をされていると、周りの人にも同じようにするかもしれない。
「攻撃的になったガチガチ勢」は、「罵倒勢」に進化し、「無能な指導者」にまで上り詰めるかもしれない。

「無能な指導者」も「ガチガチ勢」も、「褒めること」が「ヘッタクソ」。「サッカー」は、「もっとヘッタクソ」

「罵倒勢」の何が悲しいかというと、「サッカーも罵倒」も中途半端なこと。
どちらか一つに集中していれば、多少はマシになっただろうに。
「罵倒勢なのに罵倒の仕方」もヘッタクソ。
「口の悪い人に囲まれて育った私」としては「罵倒勢のセンスの無さ」が悲しかった。
「サッカーの練習をしない」のなら、「罵倒の仕方」でも練習すればいいのに。

「私」は「人を褒めるのが苦手」なので日々努力しています。
「否定すること」は得意なのですが、「褒めるのは難しい」ですね。
気をつけていないと「性格の悪さ」が滲み出てしまいますから。
人前では「猫をかぶる」のに必死ですよ。

「猫をかぶる」
本性を隠す。ガオッ、ニャ、ニャーン。

  • サッカー選手の分類
  • サッカーが上手い人
  • 「幸福勢で上手な人(いわゆる、ガチ勢の上手な人)」
  • 今から上手くなる人
  • 「幸福勢で、まだ上手くない人(初心者)」
  • サッカーが絶望的にヘッタクソ
  • 「罵倒勢(いわゆる、ガチ勢の下手な人)」と「無能な指導者」

「サッカーが上手になりたい」なら、「幸福勢」を目指した方がいいです。
「大好きなもの」をいつまでも楽しめるようにしてくださいね。


  • 2017年2月10日。初期組
  • 最新版です。

日の丸サッカーおでんを順番に読む

スポンサーリンク

日の丸サッカーおでん



  • ここから「サッカーおでん」

サッカーおでん

  • ここまで「サッカーおでん」

最新情報は「サッカーおでん」でご確認ください。

スポンサーリンク

ご感想やご意見等の入力欄一時停止中(送信出来ないので停止中)

名前: 

文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い

ご感想やご意見等

「日の丸サッカーおでん」からの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信出来ない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。

「日の丸サッカーおでん」誕生


更新するファイルを間違え、タイムスリップしていたかも。
最終確認、2018年10月23日

「日の丸サッカーおでん」誕生。
サイトマップを申請しないと。

  • 自己紹介
  • はじめまして、「日の丸サッカーおでん」の「日陰の太陽」です。一緒に「サッカー」を楽しみませんか。
  • 詳しい自己紹介へ
  • サイトの紹介
  • 「日の丸サッカーおでん」は「日本代表と日本人選手」を応援しています。 「サッカーおでん(本家)」もありますよ。
  • 詳しいサイト紹介へ

日の丸サッカーおでんメニュー


Copyright © 2017 socceroden All Rights Reserved.