何かあったときに表示します。

自分の勝利条件を決めることがサッカー上達への近道

  1. TOP
  2. 心のお手入れ
  3. 自分の勝利条件を決めることがサッカー上達への近道
  • 目的
  • 自分の勝利条件を決めて迷わないようにする
  • 理由
  • 勝利条件を決めることがサッカー上達への近道だから

1、自分の勝利条件を決めることがサッカー上達への近道

「サッカー」に興味があるなら、「自分の勝利条件」を決めてください。
「自分がサッカーに何を求めているか」が決まっていると、「上達も早い」です。

「サッカー経験」が長くても、「自分の勝利条件」が無いなら、「十分に追い抜くこと」が可能です。
「大学からサッカーを始めて」も、「十分圧倒出来る」と思います。
「相手も勝利条件を決めている」なら、「少しだけ苦戦する」かもしれません。

「一般的なサッカー選手」なら、「追い抜ける」ので大丈夫です。
「相手がペレ選手」なら「苦しい戦い」になるかもしれません。
「ブラジル代表」にも「圧勝するつもり」で、「サッカー」を始めましょう。

「自分の勝利条件」を決めたら、達成出来るように工夫します。
「サッカーおでん(本家含む)」では、「一般的なこと」は扱いません。
「一般的なサッカー」に圧勝するのは意外と簡単です。

「渋滞している道」を進むのは難しいですが、「渋滞していない道」なら気持良く進めますよね。
「渋滞している道(日本語サッカーや欧州の強豪国)」で「先を走っている自動車」を、「渋滞していない道を使用して」追い抜きます。

「周りよりも遅くサッカーを始めた人」や、「社会人等、学ぶ機会が無かった人」も安心してください。
意外と簡単ですからね。「行き止まり(渋滞)」は「何十年」待っても「行き止まり」

スポンサーリンク

2、選手を勇敢にする勝利条件

  • 勝利条件を決めよう

「自分の勝利条件」を決めてください。
「勝利条件」は「選手としての能力を向上させるもの」にしてくださいね。

「選手が勇敢になる勝利条件」は良いですが、「恐怖や恐れを生み出す勝利条件」は良くありませんよ。

  • 選手が勇敢になる勝利条件とは

「選手が勇敢になる勝利条件」とは、「選手に自信を与える勝利条件」のこと。
たとえば、「シュートを一回以上撃つ」
「シュートを決める」ではなく、「シュートを一回以上撃つ」なのは、「シュートを撃つ大切さ」を理解するため。

最初から「シュートを決める」でも問題ありませんが、「控えめな選手」は「シュートを避ける」傾向にあります。
「美味しい場面を周りに譲る(ゆずる)性格」なら、「シュートを自分で撃つことは良いことである」と理解するところから始めましょう。

「譲る(ゆずる)」
他の人に与えること

「選手側の勝手な思い込み」で、「シュートを撃ったらいけない」と考えることもあります。
「私」もそうでしたが、「シュートを撃っても良いこと」から覚えるといいです。
「選手の間違った認識」は、「正しいもの」に変えてください。

シュートを撃てるようになったら
「シュートを一回以上撃つ」を達成出来るようになったら、「試合中に10回以上シュートを撃つ」に変更してください。
「勝利条件を満たすこと」が出来たら、次の「勝利条件」を設定します。
「サッカー選手」として「正しい姿」になれるように「勝利条件」を決めます。

選手が勇敢になる勝利条件
「何かを出来るようになること」が、「選手の勇敢さ」を育てます。
「シュートを撃てなかった選手」なら、「シュートを撃てるようになること」が「勇敢さが育った証拠」になります。
「シュートを撃てる選手」なら、「より多くのシュートを撃てること」が、「勇敢さが育った証拠」になるでしょう。

勇敢さは行動することで育つ
「勝利条件」は、「勝ち」として認められる条件です。
「サッカー選手の勝ち」とは「点を取ること」であり、「チームが勝利すること」でもあります。

「シュートを撃つこと」、「より多くのシュートを撃つこと」は、「チームを勝利に近付ける行為」ですよね。
「チーム」を「勝利に近付けるもの」が、「選手を勇敢にする勝利条件」です。
「チームが勇敢になる条件」なら、問題ありませんよ。

「チームが勇敢になる条件」があるなら、「チームが臆病(おくびょう)になる条件」も存在しそうですよね。
次は、「チームが臆病になる条件」を扱います。
「選手やチームが臆病になる条件」を設定したらいけませんよ。

「臆病(おくびょう)」
怖がりやすいこと。勇気が無いこと

スポンサーリンク

3、選手を臆病にする敗北条件

  • 選手を臆病にする敗北条件

「敗北条件」は、「選手」を「臆病」にします。
「敗北条件」ではなく、「勝利条件」を設定してください。

  • 敗北条件は絶対に設定しないように

「選手を臆病にする敗北条件」に関しては、皆さんの方が詳しいかもしれません。
「敗北条件」は、「選手の能力を下げるもの」と考えてください。

「選手を臆病にする敗北条件」は、「恐怖や恐れを生み出す」ので、絶対に設定しないでください。

すでに設定されているなら、「一刻も早く消して」ください。
「敗北条件を設定している」と、「サッカーが下手」になります。
「本来なら得られた能力」も「得られません」からね。

  • 選手が臆病になる敗北条件とは

「敗北条件とは何ですか」と聞かれたら、「無能な指導者が言うもの」と答えるでしょう。
「敗北条件」とは、「負け」になる条件のことなので、「失敗と認定されるための条件」だと考えてください。
「何かを失敗しないこと」が、「敗北条件」です。

「敗北条件」を満たしてしまうと、「無能な指導者が激怒」します。
「無能な指導者が激怒する」と、「選手は萎縮(いしゅく)します」よね。

萎縮(いしゅく)
怖さで本来の能力を発揮出来ないこと。
症状が悪化すると精神や呼吸等に乱れが出ます。

「敗北条件」が多いと、「上手くなるための時間」が、「怒られないための時間」になります。
「無能な指導者に怒られない技術」は上達しても、「サッカー選手としての能力」は伸びません。

「シュートをはずすな」、「ドリブルをするな」、「アウトサイドキックを使うな」等ありますよね。
「無能な指導者が禁止すること」だと考えていいでしょう。

「トラップを失敗するな」や、「パスを奪われるな」もあるかもしれません。
「敗北条件」は、「選手への罰」と一緒に存在することが多いです。
「無能な指導者が罰を与える条件」だと考えていいですよ。

  • 罰が選手から勇敢さを奪う

「サッカー選手に必要なもの」は、「勇敢さ」であって、「罰」ではありません。
「日本人を罰したがる無能な指導者」は、「選手と才能」を「潰す」でしょう。
「罰」は、「選手の才能」を摘みとるもの。
「選手が成長する環境」に「罰」は必要ありません。

「東アジア系の指導者」は、「人格を徹底的に否定する指導」を好むようです。
「下品な言葉で人としての尊厳を踏みにじる」ことで、「子供の強さが鍛えられる」と考えているようです。
「成長と失敗は切り離せないもの」
「失敗を認めない」のは、「成長を認めない」のと同じ。

「東アジア」は、「失敗した人間の命を奪う教育法」
「失敗したら命が奪われる環境」では、「成長や発展」は無いでしょう。
「罰や恐怖が人間を育てるという東アジアの教育法」が正しいのなら、「指導者の人格を否定すべき」ですよね。
「東アジアの思想」を採用するなら、「指導者が無能」なのは「保護者や選手が指導者に十分な罰」を与えなかったから。

「指導者や教師」が「自分の能力を向上させる」ときに、「私の人格を否定してください」と言いますか?
「受験生」が「成績を上げる」ときに「否定してくれ」と頼みますか?
頼みませんよね。
「東アジアが発展するため」に、「東アジア人」が「日本人に東アジアの存在を全否定して欲しい」と言いますか?
否定ではなく「事実を指摘する」だけでも「人権侵害だ」と騒ぎますよね。

「罰や暴力」が「人間を成長させる」のか。
「罰や暴力」は、「人間の成長を止める」
「罰や虐待」を行うのは、「相手を成長させるため」ではなく、「自分が気持ち良くなるため」

「日本を良くするために日本を罵倒して何が悪い」と「日本人差別をする東アジア人」が言いますが、「日本人が東アジアを良くするため」に「外国人犯罪率の改善法を真面目に語る」と「差別だ」と騒ぎますよね。
「日本人を一方的に罵倒して気持ち良くなりたい」だけですから、「東アジアの改善策」には興味がないのでしょう。

「サッカーとは関係の無い話」に聞こえるかもしれませんが、「関係あります」よ。
「日本人を罰することを生きがい」としている「東アジア系の指導者」も少なくないですからね。
「無能な指導者(東アジア系)」が、「選手(日本人)」を「一方的に痛めつけたい」というだけです。(指導でも教育でもありません)

「成長のため」ということにして、「日本人が罰を無条件で受け入れる」ようにするため。

  • 痛みが蓄積されると壊れやすくなる

「傷だらけの心」よりも、「傷の無い心」の方が強いです。
「人格を否定し相手を罵倒」しても、「人間は壊れる」だけです。
「子供の命を奪った親」が「しつけ(教育)のつもりだった」と言いますよね。
「暴力は人間を破壊」します。

「罰や痛み」が「人間を強くする」なら、「事故や事件の被害」で悩みません。
「無能な指導者の虐待」で、「スポーツ選手」が「スポーツを嫌いになる」のは、「虐待の後遺症」で「昔の嫌な記憶」を思い出すからでしょう。

「罰を与える考えを持つ指導者」は、「選手を信頼」していない。
「体力が残っていると問題を起こす」から、「身体が動かなくなるまで強制的に運動させる」ようなもの。

「無能な指導者」は、「選手の育て方が分かりません」とは言えないでしょうからね。
少しでも多くの「罰」を与えて、「指導しなくても良い時間」を作っているのかもしれない。
「育て方が分からない」とは言えない。「育て方を勉強するつもり」も無い。
「罰を与えて楽しむ」ことしかしない。

  • 罰を与えるほど、選手はサッカーが下手になる

「罰を与える」ほど、「選手」は「臆病」になります。
正確に表現するなら、「選手を脅し続ける」と「指導者の顔色を伺うだけの選手になる」でしょうね。
「慕う(したう)」のではなく、「ガチガチになりながら一時的に従う」だけ。

「慕う(したう)」
良い感情を持つ

「サッカー」では、「選手の判断力」が求められます。
「罰で萎縮した脳みそ」は、「簡単なことも失敗する」でしょうね。
「罰」とは、「サッカー選手」を「下手にするもの」
「無能な指導者」の「虐待を受け入れる」ほど、「選手も才能」も「死」にますよ。

考えることを止めた選手
「無能な指導者」の「呪いを受け入れた選手」は、「脳みそが機能しない」
「私」が「サッカー」を始めたばかりのころは、「一部の経験者がふざけている」のかと思いましたが、「付き合いが長くなる」につれ、「脳みそが機能していない」ことが分かりました。
「日常生活では脳みそが機能している」のですが、「サッカーのときは機能しない」

「じゃんけん」で「グー」しか出さない「選手」は「優秀」か。
「自らの意思でグーを出す」のではなく、「グー以外を出すと無能な指導者が罰を与える」から、「チョキとパー」を出さない。

「無能な指導者」は「そこに存在しない」のに、「指導者の亡霊」に従っている。
普段は「会話も出来る普通の人」なのに、「サッカーになると同じ失敗を繰り返す」
「帰宅部出身(大学からサッカーを始めたので)」から見ると、「不気味」でしたね。

「能力が成長しない選手」は、「作られた人形」と同じです。
「格闘ゲームやアクションゲーム」をしたことのある人は伝わるかもしれませんが、「次に何を行うか全て順番が決まっているボス」を倒すのは簡単ですよね。
「じゃんけん」だと、「グー、チョキ、パー」と順番に出し続けるようなものです。

「相手の規則性」に気付くまでは「苦戦」しますが、「行動する順番」が分かれば、「全勝」も可能です。
「規則性を探す能力」は、「遊び」で磨かれます。

「私の能力を育てた」のは、「格闘ゲームやアクションゲーム」です。
「ボス戦(敵の大将との戦い)」で「遊ぶ」のと同じ。

「サッカー」でも同じですよ。「最初の15分程度は相手の規則性を探る時間」です。
「罰を与えられた選手」は「観察力や判断力」が「残念な人」になるのでしょう。

スポンサーリンク

4、自分の勝利条件を決めよう

「自分の勝利条件」を決めてください。
「勝利条件」は、「選手を勇敢にするもの」を選びましょう。
「自分の勝利条件」を決めますよ。「自分の」ですからね。
「自分一人の力」で「結果を出せるもの」にしてください。

  • 自分の勝利条件は他人に左右されないものにする

「自分の勝利条件」を決めるときに、「他人の行動で左右されるもの」は良くありません。
例えば、「試合に出る」や「味方に点を取らせる」ですね。

「自分が完璧」でも、「相手の能力が足りていない」と「成功しない」ですよね。
「選手に問題は無い」のに、「無能な指導者が原因」で「試合に出れないこと」も多いです。
「自分が最高のパス」を出したのに、「味方が反応出来ず」に「点に繋がらないこと」も珍しくないです。

自分の勝利条件」ですからね。「相手の勝利条件」ではありませんよ。

  • 「自分の勝利条件」と「相手の勝利条件」
  • 「自分の勝利条件」
  • 「自分の力だけで達成出来るもの」

「シュートを撃つ」、「点を取る」が「自分の勝利条件」になります。

  • 「相手の勝利条件」
  • 「自分の力だけでは達成出来ないもの」

「試合に出る」、「味方に点を取らせる」は、「相手の勝利条件」になります。
「選手を試合に出さない」のは、「無能な指導者の能力が足りない」からです。
「選手を試合に出す」ためには、「無能な指導者」が「成長する必要」がありますよね。
これは「無能な指導者の勝利条件」ですよね。「勝利条件」とは「人を成長させるもの」ですから。(成長するのは無能な指導者)

  • 困っている味方を助ける

「困っている味方を助ける」は、「自分の勝利条件」です。
「困っている味方がいない」と「達成出来ない」から、「相手の勝利条件」のような気もしますよね。

「困っている相手を助ける」には、「味方の状況を知る必要」があります。
これは「周りを見る能力」が無いと難しいです。
「周りを見る能力が求められる」のは、「助ける側」ですよね。
「味方が困っていて」も、「助けない選択肢」もあります。
「助けるかどうか」は、「助ける側」で決まるので、「自分の力だけで達成出来るもの」となり、「自分の勝利条件」になります。

「勝利条件を達成するために誰の能力が必要か」で考えるといいですよ。
「困っている味方を助ける」には、「助ける側の能力」が必要なので、「自分の勝利条件」

「試合に出る」には、「指導者の能力」が必要なので、「相手の勝利条件」
「味方に点を取らせる」は、「味方のシュート能力」が必要なので、「相手の勝利条件」

「指導者の無能さ」は、「選手側の努力」では、どうしようも出来ません。
「目標を間違う」と、「貴重な時間を失うこと」になります。
「自分の勝利条件」を設定し、「サッカー選手としての能力」を「伸ばして」くださいね。

スポンサーリンク

5、自分の勝利条件を満たすには

「勝利条件」が決まったら、それを満たすために工夫しましょう。
「勝利条件」を満たすために「試合」で行動します。

「自分が期待した結果」と、「実際の結果」が同じか確認してください。
「試合中」に「期待した結果」が得られたのなら問題ありません。
「新しい勝利条件」を設定するか、「同じ条件を再び満たせるか」試すのもいいでしょう。

  • 「勝利条件」を満たせなかった場合

「試合中」に「勝利条件」を満たせなかった場合は、「結果」を確認します。
「何が原因」か「自分で予測」してください。

難しく考える必要はありません。「精神的なことが原因」か「技術が足りないことが原因」か程度で大丈夫です。
「勝利条件」が「シュートを撃つ」ことの場合は、「シュートを撃てなかった原因」を考えますよ。

「シュートを撃てなかった」のは、「自分の精神が原因」か。それとも、「技術が足りないから」か。
「シュートを撃とう」と思えたのなら、「精神面」は問題無いでしょうね。
「シュートを撃とう」と考えていたのに、「シュートを選択しなかった理由」を思い出してください。

例えば、「相手の守備」が良かったのなら、「守備の上手い相手」を「上回るシュート技術」を習得すれば問題ありません。簡単ですね。
「技術的な問題」は簡単に解決出来るので、気にする必要はありませんよ。
「精神的なことが原因」なら、「自分の考え」を変える必要があるので、少し時間がかかる人もいるかもしれませんね。

  • 「勝利条件」を満たせた場合

「試合中」に「勝利条件」を満たせた場合は、「それよりも上」が無いか確認してください。
「まだ上がある」なら、「上を目指す」のもいいでしょう。

「すぐに上を目指す」よりも、「同じ勝利条件」を「毎試合満たせるか」試し、「今の勝利条件が簡単になった」ことを確認してから「上を目指す」方がいいでしょう。
「一回満たせたら次に進む」というのではなく、「確実に満たせると確認してから次に進む」ようにしてください。

「自分が満たせる勝利条件を増やし」て、「自信」を付けてください。
「新しい勝利条件」に挑むときは「上手くいかないこと」もあるので、「新しい勝利条件に挑み続けるための自信」を「十分に得る」ようにしましょう。

「上手くいかない」ときは、「自分が得意な勝利条件に一時的に変更」して「自信を回復」させてください。
「自信がある状態」で「新しい勝利条件」に挑みますよ。
「自信を失いかけたら」、「自信を取り戻すため」に、「得意な勝利条件で自信」を稼ぎます。
「一気に成長しようとする」のではなく、「少しずつ上手くなる」ようにしましょう。

「勝利条件」を満たせなくても、死ぬことはありません。
「焦らず」に「のんびり」挑んでください。
「焦り」は「自分の能力を下げる」ので気をつけましょう。

スポンサーリンク

6、勝利条件が決まっていれば迷わない

「覚えることが多い」と、「自分の役割」が何か分からなくなります。
「サッカー」は「勝つこと」が目的ですから、何をすればいいか分からないときは「シュート」を選択すれば問題ありません。

「困ったときはシュートを選択」する。「困っていないときもシュートを選択」する。
簡単ですね。「サッカー」は「相手よりも多く点を取れば勝ち」になります。
「シュートを選択」していれば、「自然と勝っている」でしょう。

「戦術」や「戦略」は、「勝つため」に生まれるものです。
「難しいこと」が分からなくても、「点を取ること」を目指していれば、「自然」と「選手としての能力が伸びる」でしょう。

「サッカーを勝手に難しいもの」にしない。
これ、大事です。「サッカーは相手よりも多く点を取れば勝ちになる」ということを理解しておけば大丈夫です。

「シュートを相手より多く決めて勝とう」を「難しく表現したもの」が、「戦術や戦略」だと考えておけばいいでしょう。
「簡単なことをカタカナで難しく見せる」のが好きな人もいますからね。
「何か難しいこと」を言われたら、「点を多く取れ」、「勝て」と言っていると考えてください。
「ほぼ正しい」ですから。

  • 「勝つため」に何かを行う

「勝利条件」が決まっていれば、「途中」は気にしなくても大丈夫です。
「途中」も理解出来るようになると、「サッカー」が「より楽しく」なりますよ。

最初は難しいので、「周りの人の意見」は「勝つための方法」だと考えましょう。
「勝つための方法」だと分かっていれば、「変なことを言う人」が分かります。
「勝つため」ではなく、「指導者を気持ち良くさせるための指示」もありますからね。
「無能な指導者の言うこと」は、「適当」に流せば良いでしょう。

気をつけて欲しいのが「奇跡」ですね。
「無能な指導者」も「ときどき正しいこと」を言いますよ。
「いつ奇跡が起こるか」分からないので、まずは「無能な指導者の話」を聞く。
「自分の成長に繋がること」なら「大事に保管」する。
「無駄なこと」なら、「さっさと捨てましょう」

「サッカー上達のため」に何をすればいいか分からないときでも、「シュートを選択」してください。
「シュートを撃っていれば」、「ボールが次に何をすべき」か教えてくれます。
「シュートが入った」ら、そのままの調子で続ける。「シュートがはずれた」ら、「はずれた原因」を考えて修正する。

「守備的な選手」も「シュートを選択」してくださいね。
「シュートを撃つ経験」は「守備の上達」にも繋がりますよ。
「ゴールキーパー」も「得点王」を目指してください。
「サッカーおでん(本家も含む)」は、「どの選手も得点王を目指すべき」だと考えています。

「サッカー」は「簡単」ですよ。「相手より点を取れば勝てる」のですから。

「シュート技術」は、「試合中にシュートを撃つこと」で磨かれます。
「練習中(試合中)」に「シュートを撃たない」のは「変」ですよね。
「練習中(試合中)」は、真剣に「シュート練習」をしてください。
「練習(試合)時間」は限られていますからね。

「上手くなれる時間」なのに「シュートを撃たない」のは、「才能と時間」が「もったいない」ですよ。
「自分の才能」を「泣かせない」ように、「試合中にシュート練習」をしましょう。
「シュートを撃つ」ほど、「自分の才能」が「喜びます」よ。
「自分の才能」を、たくさん「笑顔」にしてあげてください。

「迷った」なら「シュート」
「勝っているとき」も「シュート」
「負けているとき」も、「シュート」
「シュート」を撃っていれば、何も怖くない。


  • 2017年2月10日。初期組
  • 最新版です。

日の丸サッカーおでんを順番に読む

スポンサーリンク

日の丸サッカーおでん



  • ここから「サッカーおでん」

サッカーおでん

  • ここまで「サッカーおでん」

最新情報は「サッカーおでん」でご確認ください。

スポンサーリンク

ご感想やご意見等の入力欄一時停止中(送信出来ないので停止中)

名前: 

文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い

ご感想やご意見等

「日の丸サッカーおでん」からの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信出来ない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。

「日の丸サッカーおでん」誕生


更新するファイルを間違え、タイムスリップしていたかも。
最終確認、2018年10月23日

「日の丸サッカーおでん」誕生。
サイトマップを申請しないと。

  • 自己紹介
  • はじめまして、「日の丸サッカーおでん」の「日陰の太陽」です。一緒に「サッカー」を楽しみませんか。
  • 詳しい自己紹介へ
  • サイトの紹介
  • 「日の丸サッカーおでん」は「日本代表と日本人選手」を応援しています。 「サッカーおでん(本家)」もありますよ。
  • 詳しいサイト紹介へ

日の丸サッカーおでんメニュー


Copyright © 2017 socceroden All Rights Reserved.