何かあったときに表示します。

「うまいのはペレだけ。あとは同じ」上手くなる機会を与えよう

  1. TOP
  2. 心のお手入れ
  3. 「うまいのはペレだけ。あとは同じ」上手くなる機会を与えよう
  • 目的
  • 選手の心を守るお守りを手に入れ、成長する機会を獲得する
  • 理由
  • 『うまいのはペレだけ』と知り、選手の心と成長する機会を守るため

1、『うまいのはペレだけ。あとは同じ』というブラジルの言葉

うまいのはペレだけ。あとは同じ

テクニカル・アドバイザー:アデマール・ペレイラ・マリーニョ 発行者:阿部林一郎(2002)『世界をリードするブラジルサッカー―メンタルからテクニックまで学べる』日本文芸社

『うまいのはペレだけ。あとは同じ』
この言葉は非常に魅力的な言葉です。
「多くのサッカー選手」に「勇気を与える」のではないでしょうか。

この言葉を聞くと「指導者の影響力」が強いことが分かります。
「指導者が有能」なら、「多くの選手達が才能を開花」させるでしょう。

『うまいのはペレだけ。あとは同じ』という言葉の意味を、本の中で説明されています。

『どんな名選手にも苦手なプレーはある。それはプロの一流選手でも同じ。右足でも左足でもフリーキックを決め、脚も速く、ヘディングも強い。そんな欠点のない選手はペレだけ。

テクニカル・アドバイザー:アデマール・ペレイラ・マリーニョ 発行者:阿部林一郎(2002)『世界をリードするブラジルサッカー―メンタルからテクニックまで学べる』日本文芸社

「サッカー以外」でもそうですが、「相手から要求される内容」が増えることがあります。
始めたばかりの頃は楽しくても、知らない間に「苦しい時間」になっていたという人は多いのではないでしょうか。

「上を目指すこと」は大切ですが、「すぐに欠点の無い選手になれ」と言うのは乱暴かもしれません。
「言う側」は偉そうにするだけですが、「言われた側」は「苦しみ」ます。

「欠点の無い選手はペレだけ」という言葉を胸に刻み、「サッカーボールと楽しい時間」を過ごしてください。

「欠点の無い選手はペレだけ」という前提で、「指導者」は「選手」と接するべきでしょう。

だからペレ以外は同レベル。つまり、おまえはヘタだから試合に出さない、とコーチが言うのはおかしい』ということです。

テクニカル・アドバイザー:アデマール・ペレイラ・マリーニョ 発行者:阿部林一郎(2002)『世界をリードするブラジルサッカー―メンタルからテクニックまで学べる』日本文芸社

もう、涙が出そうですよね。
「小さい頃から始めたのに上手くいかない人」や「他の人より少しだけ遅く始めた人」、「社会人になってから興味を持った人」に、「勇気を与える」のではないでしょうか。

「大好きなもの」が「自分を苦しめるもの」になってしまうのは辛いですよね。

「苦しい思い」や「辛い経験」をしてきた人ほど、『うまいのはペレだけ。あとは同じ』という言葉の重さが分かるのではないでしょうか。

「子供の興味」を、「潰すか育てるか」は「大人次第」
「何かを始めようとする人」の「背中を押す人」がいれば、「人は強く」なれるでしょう。

もし、「周囲に背中を押してくれる人」がいないなら、「サッカーおでん(本家と日の丸)」がその役割を果たしましょう。

「頑張っている人」や「一歩を踏み出せない人」に、『うまいのはペレだけ。あとは同じ』という言葉を贈ります。
「自分の心を守るお守り」にしてください。「お子さんや選手たちのお守り」にするのもいいかもしれませんよ。

スポンサーリンク

2、少年時代のペレは入団テストに3回落選した

1、『うまいのはペレだけ。あとは同じ』というブラジルの言葉では、「ペレ選手」は「欠点の無い選手」だと紹介しました。
その「ペレ選手」も、「少年時代」は「入団テスト」に「落選」することもあったそうです。

そのパーフェクトといわれるペレも少年時代にクラブの入団テストを受けに行き3度落選したことがあるのです。

テクニカル・アドバイザー:アデマール・ペレイラ・マリーニョ 発行者:阿部林一郎(2002)『世界をリードするブラジルサッカー―メンタルからテクニックまで学べる』日本文芸社

「偉大な選手」も、「少年時代」に上手くいかなかったことがある。
「欠点の無い選手」と呼ばれている人も、「少年時代に落選した」と聞くと驚きますよね。

「偉大な選手」は、「昔話」でも「周りを勇気付ける」から凄い。

「私」が「サッカーを始めたとき」は、「上手くいかないこと」が多かったです。
「上手くいかないことばかり」でも「前を向けた」のは、「偉大な選手達」から「勇気」をもらったから。

「私の周り」には、「私を否定するものばかり」存在していた。
「私を肯定するもの」は、「一つも存在しなかった」

「自分の中で信じるもの」があっても、「しょせん素人の考え」
「笑われること」や「否定されること」はあっても、「褒められること」はありませんでした。

「否定されるだけ」では、「心が壊れてしまう」
そこで、「自分が信じるもの」を「より強固なもの」にするための「お守り」を探しました。

「素人の考え」を「心のお守り」にしてくれたのが、今回紹介している「世界をリードするブラジルサッカー、メンタルからテクニックまで学べる」です。
「サッカーと言えばブラジル」という印象だったので、「ブラジル人の意見」が欲しかった。

一般的には「ボールの扱い方」から練習するのかもしれませんが、「私」は「心を守ること」から始めました。
「自分が信じていること」と「同じこと」を「言ってくれる人」を探す。

「世界をリードするブラジルサッカー」に出会えたときは、本当に嬉しかったです。
「しょせん素人の考え」を「サッカー選手としての自信」に変えてくれたのですから。

「心のお守り」を見つけると、「サッカー選手としての誇り」も自然と得られます。
一度「心のお守り」を得てしまえば、「周りを圧倒出来るだけの自信と誇り」が発生します。

「心のお守り」を得る前は「私を不安にさせた言葉達」も、「圧倒的な自信と誇り」の前では「しょせん経験者の戯言(たわごと)よ」となる。

「戯言(たわごと)」
くだらない、どうでも良い言葉。

「悪代官」みたいですね。サッカーと関係ないけど「私は、ちゃんばらが好き」
「頑張っている選手に攻撃的な人」は、「ばったばった」と斬り捨てたいですね。
おっと、サッカーの話に戻さないと。

「サッカー」だけでなく「人生」でもそうですが、「上手くいかないとき」もあります。
必要以上に落ち込まないようにしてくださいね。

「人間ですから落ち込むこと」もあるかもしれませんが、「自信を失わないよう」にしてください。
「欠点の無いペレ選手も少年時代は上手くいかないこともあった」ことを思い出してください。

スポンサーリンク

3、ペレに送られてきた白紙の小切手とメッセージ

「少年時代に入団テストに落選したペレ選手」も大人になります。
「成長したペレ選手」の話も、「多くのサッカー選手」を「勇気付ける」でしょう。

ペレは大人に成長してからイタリアのユベントスから移籍を申し込まれました。そしてそのとき、ペレの手元には白紙の小切手とメッセージが送られました。

テクニカル・アドバイザー:アデマール・ペレイラ・マリーニョ 発行者:阿部林一郎(2002)『世界をリードするブラジルサッカー―メンタルからテクニックまで学べる』日本文芸社

「白紙の小切手」の話は、聞いたことがある人もいるかもしれません。
気になるのが相手から送られてきたメッセージです。

そのメッセージには『移籍金額は好きなだけ書いてください』とあったそうです。

テクニカル・アドバイザー:アデマール・ペレイラ・マリーニョ 発行者:阿部林一郎(2002)『世界をリードするブラジルサッカー―メンタルからテクニックまで学べる』日本文芸社

「少年時代に入団テストに落選した少年」が、「大人」になってから「白紙の小切手とメッセージ」を受け取る。
この話を聞いて「変」だと思いませんか。

「少年時代に入団テストに落選した少年」が、「素晴らしい選手」と評価される。
「白紙の小切手」を受け取ることは、「能力が高い」ということですよね。
「能力が高い選手」が「少年時代に入団テストに落選」した。

もし、「ペレ選手の能力を確認した人」が「両方とも優れた人物」だとしたら、面白いことになりますよね。
「指導者の中には焦る人」も出てくるかもしれません。

  • 評価する側が両方とも正しい場合

少年時代を判定した人物が正しい場合
「少年時代のペレ選手を判定した人物」が「正しい」場合、「少年時代のペレ選手」は「欠点の無い選手ではなかった」のでしょう。

大人のペレ選手を判定した人物が正しい場合
「大人になったペレ選手を判定した人物」が「正しい」場合、「大人のペレ選手」は「素晴らしい選手」だったのでしょう。

両方とも正しい評価の場合
「少年のペレ選手」と「大人のペレ選手」の評価が正しい場合、「ペレ選手は成長した」と考えられるでしょうね。

「少年時代」は「入団テストに落選する選手」でも、「成長」して「素晴らしい選手」になれることを教えてくれますね。
このことは、「まだサッカーが上手では無い選手達」を「勇気付ける」でしょう。

「まだ上手くなくても」、「これから上手くなれば」良いですよ。
「落ち込んだり」、「自信を失う」必要はありません。
「ペレ選手の話」が「希望」を与えてくれるでしょう。

「子供の頃」は「特別な選手」ではなくても、成長することで「欠点の無い選手」になる。
「将来素晴らしい選手になるか」は、「子供の頃」には「分からない」

  • ペレ選手の能力が子供の頃から変わらない場合

「ペレ選手の能力」が「子供の頃」から変わらない場合
「ペレ選手が優れている」場合と「特別ではない」場合を考えます。

「ペレ選手が優れている」場合
「ペレ選手」が「少年時代から優れている」なら、「入団テストで落選にした大人の評価能力」が足りないことになります。
「子供の頃のペレ選手を判定した大人」の「能力が足りない」ことになり、「大人のペレ選手を評価した大人」は、「見る目があった」ということになります。

「ペレ選手が特別ではない」場合
「ペレ選手が特別ではない」なら、「入団テストで合格させなかった大人」は「見る目があった」ことになります。
「大人のペレ選手」に「白紙の小切手を送った大人」は、「見る目が無い」ことになります。

「ペレ選手」の活躍を考えると、「ペレ選手が特別ではないという考え」は間違いでしょうね。
そうなると、「ペレ選手は素晴らしい選手であるという考え」が正しいことになります。

「ペレ選手が素晴らしい選手であること」と「子供の頃から能力が変わらない場合」を組み合わせて考えると、「少年時代のペレ選手を落選させた大人」は、「見る目が無かった」と言えそうです。

「少年時代のペレ選手を落選させた大人」は「見る目が無い」と言える。
(ただし、「ペレ選手の能力が子供の頃から変わらない」と、「ペレ選手が素晴らしい選手である」という条件を満たす場合)

  • 人の能力は変化するのか

「ペレ選手」の「子供時代」と「白紙の小切手」の話を聞くと、「人間の能力は変化する」という考えと、「人間の能力は変わらない」という考えが浮かびますね。

「人間の能力は変化するのか」判断が難しいので、「赤ん坊」を観察して「答え」を探しましょう。

「赤ん坊」は「走ること」が出来ません。「上手に話すこと」も出来ないでしょう。
しかし、「成長する」ことで、「走ること」も「会話」も出来るようになります。

「赤ん坊の成長」を観察すると、「人間の能力は変化する」と考えるのが自然です。
「人間の能力は変化する」のなら、「まだ上手ではない選手」も「将来偉大な選手になる」可能性がありますよね。

「人間は成長すること」で「能力を伸ばすことが出来る」なら、「上達する前の段階で上手くならない」と決め付けるのは正しくないことが分かります。

「人間は成長する」ので、「自分の今の能力」で「上手くなるのを諦めたり自信を失う」のは間違っています。
「これから上手くなる選手」に対して、「下手だから試合に出さない」と「指導者」が言うのも間違いですね。

「素晴らしい才能を持った選手」も「上手くなる機会」を奪われたなら、「能力を伸ばすこと」は出来ないでしょう。
「暴力的な指導者の言葉」は、気にしない方がいいです。
「タイムマシン」であなたの未来を見て来たわけではないのですから。

スポンサーリンク

4、ペレを落選させたコーチも、その道のプロ

「人間は成長すること」を教えてくれた「ペレ選手の話」

「白紙の小切手の話」のあとに、もう少し説明が続きます。
このあとに続く内容も、「サッカー選手」を「勇気付ける」でしょうね。

「指導者」にとっては、「過去の行いや、これからの指導方針を見直すきっかけ」になるかもしれません。

ペレを落選させたコーチももちろん、その道のプロのはず。つまり、子どものころはパッとしなくても大人になったらどうなるかはわからないということです。そんな可能性のある子どもたちを「ヘタだから試合に出さない」とは誰も言えないわけなのです。

テクニカル・アドバイザー:アデマール・ペレイラ・マリーニョ 発行者:阿部林一郎(2002)『世界をリードするブラジルサッカー―メンタルからテクニックまで学べる』日本文芸社

「素晴らしい選手」も「失敗すること」があるように、「その道のプロ」も「分からないこと」があります。
「子供の頃しか知らない」で、「大人になったときの能力を決めつけること」は間違っていますよね。

「下手だからこそ、試合に出さないといけない」
「サッカーおでん(日の丸も含む)」では、「試合が練習」だと考えています。
「試合に出さないこと」は「選手に練習をさせないこと」
「練習を禁止されて上手くなる」のは無理でしょう。

「自主練習」は「準備運動」であって、「練習ではありません」
「試合はサッカー選手にとっての教材」です。

「教科書等を禁止」されて、「能力を伸ばす」のは難しい。
「小学生」が「準備運動(ストレッチ)だけ」で、「大学生向けの試験で満点を目指す」のと同じぐらい無謀なこと。

「サッカーの試合」は「答え合わせの時間」です。
「自分が得意なこと」や「苦手なこと」を知ることから、「上達」が始まります。

「選手から答え合わせの時間を奪う」のは、「本人がどの程度上達している」か「知る機会」を奪うようなもの。
「上達した」のと、「上達したつもり」は違いますよ。

「付き合う相手を選ぶ」ように、「指導者」も「選ぶ」ようにしてください。
「暴力的な指導者」に連れて行かれると、「才能も行方不明」になりますよ。

「指導方法」については、個人の判断で決めることなので、「指導者側の考え」を「尊重」します。
「子供が成長する」ように、「これから有能になる指導者」もいるでしょうからね。

「能力の無い指導者」が「成長する機会」を奪うのは好ましくない。
「選手」と違って、「指導者は周りに与える影響」が大きいですからね。
「死ぬ気で能力を伸ばして欲しい」。

「私」は「人を指導することの恐ろしさ」を知っているので、「指導者」としてではなく、「同じサッカー選手」として情報を発信しています。
一番気楽な位置からの観戦です。ずるいですからね、私は。

アマゾンの紹介では、発売日が1998年になっています。
私が購入したのは平成14年(2002年)に発行したものです。
1998年のものと内容は同じだと思いますが、確認が出来ないため、自分が所有している本の発行年数を記載しました。


  • 2017年2月10日。初期組
  • 2017年3月12日。タイトルを修正

日の丸サッカーおでんを順番に読む

スポンサーリンク

日の丸サッカーおでん



  • ここから「サッカーおでん」

サッカーおでん

  • ここまで「サッカーおでん」

最新情報は「サッカーおでん」でご確認ください。

スポンサーリンク

ご感想やご意見等の入力欄一時停止中(送信出来ないので停止中)

名前: 

文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い

ご感想やご意見等

「日の丸サッカーおでん」からの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信出来ない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。

「日の丸サッカーおでん」誕生


更新するファイルを間違え、タイムスリップしていたかも。
最終確認、2018年10月23日

「日の丸サッカーおでん」誕生。
サイトマップを申請しないと。

  • 自己紹介
  • はじめまして、「日の丸サッカーおでん」の「日陰の太陽」です。一緒に「サッカー」を楽しみませんか。
  • 詳しい自己紹介へ
  • サイトの紹介
  • 「日の丸サッカーおでん」は「日本代表と日本人選手」を応援しています。 「サッカーおでん(本家)」もありますよ。
  • 詳しいサイト紹介へ

日の丸サッカーおでんメニュー


Copyright © 2017 socceroden All Rights Reserved.