何かあったときに表示します。

心を守るお守りで誇りと才能を守ろう

  1. TOP
  2. 心のお手入れ
  3. 心を守るお守りで誇りと才能を守ろう
  • 目的
  • 心と身体を破壊しに来る悪意から自分を守る手段を覚える
  • 理由
  • 日本人選手の才能と身体能力の高さを奪われないようにするため

1、東アジア原産の日本人差別に注意しよう

「これから上手くなる選手」がいるように、「まだヘッタクソな指導者」も存在します。
「指導が下手でも善意があれば」問題ありませんよ。

「サッカーや選手」に「愛」を持って接すれば、自然と「指導も上達」しますからね。
「サッカー選手が成長する」ように、「指導者が成長する」のを待つといいでしょう。

「サッカー選手」に気をつけて欲しいのが、「東アジア原産の日本人差別」です。
「サッカーおでん(本家)」では「呪い」と表現しています。

「日本人差別をしないと死ぬ何か」は、「日本人を指導する立場」を好みます。
「教師」や「スポーツ指導者」、「教祖(宗教家)」ですね。
他にも「報道関係」も好むようです。

「教師」や「報道関係」の仕事だと、一度に多くの日本人に「呪い(日本人差別)」をかけることが可能ですからね。

「呪い(日本人差別)」は「サッカー解説者等の言葉」や「インターネット上のコメント欄」にも多く含まれます。
もちろん、「新聞や雑誌のような紙媒体」にも濃縮されていますよ。

「東アジア原産の日本人差別」に「自分の才能を潰されないよう」に気をつけてください。

「日本人」に「呪いをかけるため」に、「日本国籍を取得して日本の政治家」にまでなりますからね。
「ご先祖様」や「祖父母」等の話を聞いて、「自分と家族」を守ってください。

「日本人を否定しないと死んでしまう何か」がいますからね。
「考え方(ルール)」が全く違うので気をつけて。

「日本人の高い身体能力」を活かすには、「揺るぎ無い自信と誇り」が必要です。

「日本人を褒めるか」、「日の丸や君が代」を「燃やしたり切り刻んだりしないか」で「相手」を判断するといいでしょう。

「呪い」をかけるために「日本国籍を取得」しに来ますからね。
「日本人の常識」では対応出来ないので、「向こう側用のルール」で対処してください。
「サッカー指導者」にも「入っている」でしょうから、十分に気をつけてください。

まずは「心を守ること」から始めましょう。

「日本国籍を持っていると主張する人」でも、「日本と日本人に否定的な言葉ばかり好む人」は、自然と「向こう側の人」になるようです。

「向こう側の人」は、「日本と日本人」を「より否定する言葉」を好むので、知らない間に「過激さが増す」のかもしれません。(例、日本人差別語大賞)

「人の言葉に触れるとき」は、「呪い(日本人差別)」が込められていないか、必ず確認してください。
もちろん、「日の丸サッカーおでん(本家も含む)」の「言葉」も必ず「検査」してくださいね。
「日本人の厳しい審査を通る情報」は、「価値がある」でしょう。

「日本と日本人の甘い香り」が、「変なもの」まで呼び寄せる。

「サッカーおでん(本家)」
「心のお守り」もおすすめ

スポンサーリンク

2、相手から日本と日本人への愛を感じるか

「相手から日本と日本人への愛を感じるか」

普段意識することは無いかもしれませんが、「日本と日本人への愛を感じる言葉」をたくさん浴びる人は、「健やかに育つ」でしょう。
「成長したら強くたくましくなる木」も、「芽が出たばかりの頃」は、簡単に潰されてしまいます。

「野菜を育てるときに雑草を取り除く」ように、「大事なペットを守るために毒物を排除する」ように、「サッカー選手の才能を育てるとき」も「才能を潰しに来る呪いの言葉」を「一つずつ丁寧に取り除いて」ください。

「ウイルス等」から「身体」を守るために「手洗い、うがい」をするように、「自分の心」を守るために「吸収したらいけない言葉は排除」してください。
「日本人を対象にした呪い(差別)」の「悪質さが増して」います。

「日本人の全てを否定するため」に「指導者や経験者の振り」をしてきますからね。
しかも、「日本人の振り」をして「呪い(日本人差別)」を撒き散らす。
たとえば、「珊瑚礁にKYと傷をつける」、「ライアン毎日、嘘コネル」といったものや、「ウソバスターのウソバレター」など。

「日本と日本人を否定するため」に「捏造」までするようです。
「おや?」と感じる発言をする人を調べると、「配偶者が東アジア人」だったり。
そう言えば、「吉田さんが好きな新聞(珊瑚にKY)」の「捏造」も、「配偶者(東アジア人)の母親を有利にするため」に行われたと言われていますね。
「攻撃の仕方」が毎回似ていますね。

  • 「左側」が「東アジア語」で、「右側」が「日本語訳したもの」
  • 「海外から批判の声が」は、「東アジア(海外)の声が」
  • 「国際社会から批判の声が」は、「東アジア(国際社会)から批判の声が」
  • 「世界から批判の声が」は、「東アジア(世界)から批判の声が」
  • 「世界から孤立する」は、「東アジア(世界)から孤立する」

「具体的な国」を出さずに「ぼかした表現」をするときは、「東アジアの意見」と考えて良い。

「東アジア人ではない外国人」が、「向こう側の言葉を使用している場合」は、「配偶者が東アジア人」であることが珍しくない。
あとは、「東アジア関係で映画の撮影を行う(行った)」場合でしょうか。
「配偶者かお金(仕事等)」が多いですかね。

「東アジア」は「一つではなく」、「複数の国」ですね。
「国」が違うと、微妙に内容も変わるようです。

「日本人差別」に「日本人が怒る」と、「日本や日本人を否定しない報道(褒めているようで褒めていない)」で「誤魔化す」傾向にあります。

「日本や日本人を否定しない報道」と一緒に、「これだから東アジア(具体的な国名)はあなどれない」、「東アジア(あ)と比べて東アジア(い)は話が分かる(仲良く出来そう)」といった「日本語での擁護」が出て来るまでが「東アジア側の活動」ですね。

「上(政府や支配者等)が悪いだけで国民は悪くない」と「暴力的な擁護」もありますね。
「上が悪い」から「日本人に八つ当たりさせろ」ということですからね。「言い訳」からも「日本人差別が滲み出て(にじみでて)」いますね。

滲み出る(にじみでる)
隠れているものがジワジワと出てくる感じ

「反日教育」ではなく、「日本人差別思想」ですね。
「反日教育ではなく東アジアの思想」です。
「教育が原因」だと思わせた方が、「教育を止めたら変わる」と「日本人を勘違いさせやすい」から。
「向こう側のルール」では、「日本人は絶対に上にならない」

「日本が東アジアを支援した」のが「正しい受け取り方」でも、「東アジアのルール」では、「日本に支援させてやった」となります。
「日本と日本人を差別する」のは、「東アジアの思想(ルール)」です。「教育ではありません」からね。

「日本が東アジアの支援を打ち切ろう」とすると、日本だけに「大人の対応を(無条件に罵倒され続けろという意味)」と言う人が「報道関係者」に多いですよね。

「誰が日の丸君が代を燃やし切り刻むのか」、しっかり見てください。
「呪い(日本人差別)」に染まると、「色々な才能が潰れます」よ。

相手の言葉に、日本と日本人への愛があるか確認してください。

「暴力的な内容を綺麗な言葉で包もうとする」ことも多いです。
例えば「国に不満があるから日本人差別をするだけだ」という内容。
「不満があるから祖国を改善する」のではなく、「日本人差別をする」。これは間違っていますよね。
「家庭に不満があるから日本人を一方的に殴らせろ」と言うようなものです。

「上(政府等)に不満があるから日本人差別を行うのであって、日本人が嫌いなのでは無い」と「乱暴すぎる言い訳」もあります。
「好き嫌いではなく日本人差別(思想)だから」という意味ですよね。「好き嫌いよりも悪質」です。

「日本語の番組や文章」で頻繁に出てくる内容なので探してみてね。
「日の丸が燃やされたり切り刻まれたりする映像」の後に出てくることが多いですよ。
他にも「日本企業への襲撃事件」の後も多いですかね。

  • 日本人に自分を守るなと言うどこかの人

「サッカー」なら、「日本代表は攻撃も守備も禁止すべき」と言うようなものでしょうか。
「サッカーだと異常さに気付かれる」ので言わないようです。
「日本代表」を「日本国」にすると分かりますよ。
「日本だけが我が子を守る力を持ったらいけない」と言う「番組や新聞等」が多いですよね。

「サッカー」に置き換えて考えると良く分かります。
「日本は攻撃も守備も禁止」で、「向こう側が攻めて来ている状況」でも、「日本人のゴール(子供)を守らないようにしよう」ということですから。

「思想(ルール)」が違うでしょう?
「日本と日本人だけが一方的に攻撃されるべきだ」という内容を、「綺麗な言葉」で隠してあります。
より正確に表現するなら、「東アジア人が怪我をせずに日本人を攻撃出来るように日本は守備力も放棄せよ」でしょうかね。日本語訳すると、こうなります。

「向こう」が「攻撃する」のは、「日本のゴール」だけではありません。「心や才能、子供や領土」等もありますよ。

もちろん、「日本人選手(子供やプロ問わず)」も狙われていますよ。

  • 「否定が大好きな人」が「好む国」を探す遊び

少し遊びましょう。「好きなものを当てるゲーム」ですよ。
「否定が大好きな人」は、「他人を否定することは好き」だが、「自分が否定されることは大嫌い」だとします。

「何かを否定する」場合、「これから否定するもの」は「自分では無いもの」になりますよね。
「自分が否定する何か」が「自分と同じ」なら、「自分を否定すること」になりますから。

「正解では無いものを消していく」と、「好きなものが残ります」
「日本や日本人を否定する」ということは、「日本人ではない」のかもしれませんね。(国籍ではなく精神面)

「否定が大好きな人」が「否定する国」を一つずつ消していけば、「最後に残った国」が「その人の祖国」でしょうね。
「日本人差別をする人」の発言で「祖国探し」をするのも面白いかもしれませんよ。
例えば、「指導者の好きな国」や「担任の先生が絶賛する国」はどこか等。
「答え」が分かっても、「答え合わせは危険なので禁止」ですよ。
「自分の心の中」だけに隠しておきましょう。死者が出ていますからね。

スポンサーリンク

3、心を守ることで素晴らしい選手になれる

サッカーの試合中、日本人に対して「乱暴な行為」をする相手がいます。
とくに「東アジア」との試合の場合、「暴力と向こう側の審判」との戦いになります。

「相手に乱暴な行為をしてはいけない」という「ルール」が存在していても、「審判の笛に紙幣が詰まっている」と、「日本人選手を壊しに来る相手」に「カードは出ない」でしょう。
「否定的な言葉で心」だけでなく、「肉体も破壊しに来る」ので気をつけてください。

「紙幣の詰まった笛は鳴らない」
紙幣の詰まった笛は鳴らない

「暴力的」なのと、「球際の強さ」は違います。
「通り魔」と、「強い当たり」は別物です。
「間違った解説」に騙されないようにしてくださいね。

「上手くなる」には、「健康的な身体」が必要です。
「東アジア原産の呪い(日本人差別)」は、最初に「精神を攻撃」し、それでも「日本人選手の才能を潰せない場合」は、「物理的に肉体を破壊」しに来ます。

「日本人選手の置かれている状況」は、「非常に特殊」かもしれません。
「日本国内に侵入し続ける東アジア原産の呪い(日本人差別)」から「自分を守って」ください。

「サッカーを始めたとき」から「心を守れたら」、「素晴らしい選手」になれます。
「心だけでなく身体」も「守る」ようにしてくださいね。

「日本人選手が子供の頃」は「精神」を攻撃してくる。
それでも潰せないときは、「学生や代表候補等」の「肉体」を壊しに来る。

  • サッカーの技術は「相手の悪意」にも対応出来た方が良い

「サッカーの技術等」は、「サッカーおでん(本家)」で扱っています。
「サッカーおでん(本家)」で紹介する技術は、「破壊しに来る相手」とも「試合をする前提」で作られています。(暴力的な相手との試合は避ける方が良い)
「一般的な教え」とは違うので戸惑うかもしれませんね。

「サッカーおでん(本家)」
サッカーおでん

スポンサーリンク

4、ルールを守らない選手は退場になる

サッカーには「ルール」がありますよね。
「サッカー選手」は「ルール」を守る必要があります。
「選手のようなもの」は、「ルール」よりも「自分の感情や思想」を優先するようです。

著しく不正なプレー
相手競技者の安全を脅かすタックルまたは挑むこと、また過剰な力や粗暴な行為を加えた場合、著しく不正なプレーを犯したことで罰せられなければならない

いかなる競技者もボールに挑むときに、過剰な力や相手競技者の安全を脅かす方法で、相手競技者に対し片足もしくは両足を使って前、横、あるいは後ろから突進した場合、著しく不正なプレーを犯したことになる。

日本サッカー協会、サッカー競技規則、第12条ファウルと不正行為

上のリンク先は「pdfファイル」です。開くときはご注意ください。

「著しく不正なプレー」に、「相手競技者の安全を脅かすタックル」とあります。
試合中に「日本人選手の安全を脅かすタックル」が頻繁に行われる可能性があるので、「相手が暴力を振るう前提」で「試合を戦って」ください。

「暴力的かどうか」は、「過去の情報で判断」しましょう。
試合が始まったばかりは問題無くても、日本側が大量に点を取ると、「日本人を壊しに来る」こともありますからね。

「上品な相手とだけ戦いたい」ですが、念の為「乱暴な相手にも対応出来る技術」を習得しましょう。

「素晴らしい才能」を持っていても、「身体ごと才能を破壊」されたら大変ですからね。
「自分の心と身体」を「守ること」を考えましょう。

  • 乱暴な行為

乱暴な行為
乱暴な行為とは、身体的接触のあるなしにかかわらず、競技者がボールに挑んでいないときに相手競技者に対して、あるいは、味方競技者、チーム役員、審判員、観客またはその他の者に対して過剰な力を用いたり粗暴な行為を行う、または、行おうとすることである。

加えて、競技者がボールに挑んでいないとき、意図的に相手競技者やその他の者に対して頭や顔を手や腕で打つ場合、その力が微小なものでない限り、乱暴な行為を犯したことになる。

日本サッカー協会、サッカー競技規則、第12条ファウルと不正行為

上のリンク先は「pdfファイル」です。開くときはご注意ください。

「乱暴な行為」に「頭や顔を手や腕で打つ場合」とあります。
「日本代表」と「東アジア」との試合を振り返ると分かりますが、「手やヒジ、膝」で「日本人選手が攻撃されること」があります。
「日本人選手が血を流すこと」もあるでしょう。
サッカーをするときは、「強烈な悪意」に囲まれていることを自覚してください。

「日本人を壊しに来る生き物」は、「言葉でも日本人を攻撃」しますからね。
「日本人に否定的な言葉」には触れない方が安全です。
「日本人に呪い(日本人差別)をかける人」は「日本を良くするための罵倒だ」と主張することが多いですが、「日本人差別をして気持ち良くなりたい」だけ。

「日本人選手が暴力を振るわれたとき」に、「日本国内にある報道機関」を観察してください。
なぜか「日本人側が我慢すべき」という意見が多いでしょう。
または、「大人の対応」でしょうかね。

「どの新聞が何を言った」か、「どのテレビ局が向こう側を擁護した」かを、しっかりと覚えておいてください。「被害者である日本人が悪い」と擁護する場合もあります。
「強烈な悪意に囲まれていること」が分かるはずです。

サッカーでは、「対戦相手に乱暴な行為をした選手」は「退場」になります。
「サッカーの試合」では普通のことですよね。
これは「普段の生活」でも同じのはず。

「日本人に乱暴な行為をした外国人」は、「日本から退場」になるのが自然です。
「日本の伝統や文化等を破壊した人物」は、「ルールを守らないため」に「退場」になるのが自然な流れでしょう。(日本以外でも、問題を起こした外国人は国に送り返される)

「試合のとき」に「日本人選手を攻撃した加害者」を擁護する「報道関係者」は、「日本人に暴力を振るっても問題にするな」と主張します。

「サッカーのルールを守らない人」は「試合から退場」になる。
「日本国内のルールを守らない外国人」を「退場」させようとすると、「人道的観点」や「人権」と言って「報道関係者が反対」しますね。
「祖国のための活動」なのでしょうが、やり方を間違っていますね。
「被害者である日本人の人権」は無視されることが多い。

誰が自分の味方なのか、日頃から確認するようにしましょう。

  • 警告となる反則
  • 警告となる反則
  • 交代要員または交代して退いた競技者は、次の場合警告される:
  • ・プレーの再開を遅らせる。
  • ・言葉または行動による異議を示す。
  • ・主審の承認を得ず、フィールドに入る、または、復帰する。
  • ・反スポーツ的行為を犯す

日本サッカー協会、サッカー競技規則、第12条ファウルと不正行為

上のリンク先は「pdfファイル」です。開くときはご注意ください。

「警告となる反則」の「主審の承認を得ず、フィールドに入る、または、復帰する。」が気になる内容ですね。
「報道機関」が「特集」を組みそうな内容です。
「審判」を「日本」にすると、「日本の承認を得ずに、入る。または、再入国する」かな。

「サッカーのルール」を「身近なもの」に置き換えると結構面白いかも。
「サッカーのルール」は「普段の生活」でも使えるかもしれない。

「何か難しいもの」が出てきたとき、「自分が得意なもの」に「置き換えて考える」と理解しやすいです。


  • 2017年2月10日。初期組
  • 最新版です。

日の丸サッカーおでんを順番に読む

スポンサーリンク

日の丸サッカーおでん



  • ここから「サッカーおでん」

サッカーおでん

  • ここまで「サッカーおでん」

最新情報は「サッカーおでん」でご確認ください。

スポンサーリンク

ご感想やご意見等の入力欄一時停止中(送信出来ないので停止中)

名前: 

文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い

ご感想やご意見等

「日の丸サッカーおでん」からの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信出来ない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。

「日の丸サッカーおでん」誕生


更新するファイルを間違え、タイムスリップしていたかも。
最終確認、2018年10月23日

「日の丸サッカーおでん」誕生。
サイトマップを申請しないと。

  • 自己紹介
  • はじめまして、「日の丸サッカーおでん」の「日陰の太陽」です。一緒に「サッカー」を楽しみませんか。
  • 詳しい自己紹介へ
  • サイトの紹介
  • 「日の丸サッカーおでん」は「日本代表と日本人選手」を応援しています。 「サッカーおでん(本家)」もありますよ。
  • 詳しいサイト紹介へ

日の丸サッカーおでんメニュー


Copyright © 2017 socceroden All Rights Reserved.