何かあったときに表示します。

好きなのはサッカーか、それともチームか。続けたいものは何か

  1. TOP
  2. 心のお手入れ
  3. 好きなのはサッカーか、それともチームか。続けたいものは何か
  • 目的
  • 自分が成長する機会を増やす別の選択肢があることを知る
  • 理由
  • 成長する機会は他にもあると知ることで選手と才能が守られるから

1、サッカーが好きな人が活躍する機会

「活躍する機会」の「意味」を説明しておきます。
「活躍する」とは、「サッカーが出来る」という意味。
「機会」とは、「回数や経験」としましょうか。
「活躍する機会がある」とは、「サッカーが出来る回数(経験)が複数回ある」という意味にします。

「何点も取る」という「意味」ではありませんよ。
「サッカーを楽しむことが出来る」という「意味」で使います。

「楽しむことが出来る」は「試合に出場出来る」という「意味」です。
「試合」については、「公式や非公式」は気にしませんよ。
「出場機会に恵まれる」という意味で考えてくださいね。

  • 「サッカーが好きな人」が「活躍する機会」

「サッカーが好きな人」は、「活躍する機会」が多いですよね。
「サッカーが出来る環境」なら、「活躍する機会」が得られるでしょう。

「活躍出来るか」と、「選手の上手さ」は関係ありませんよ。
「草サッカー」でも「選手として出場出来る」なら、「活躍出来た」と判断します。
「公園で友人や知人と行うサッカー」だとしても、「出場時間がある」なら、「活躍出来た」と考えます。

「サッカーチーム」に所属していても、「試合に出場出来ない」なら、「活躍する機会」が無いと判断します。
たとえば、「上手い選手の周りで球拾い」や「水分補給の準備等」しかしないなら、「活躍していない」と考えます。

「活躍する機会の多さ」と、「本人の能力」には関係がありません。
「その場にいるサッカー好き」が、「全員サッカーを楽しめる」なら、「サッカー選手」が「活躍する機会の多い理想的な環境」と言えるでしょう。

「サッカーおでん」では、「選手は試合(公式、非公式問わず)に出ることで上手くなる」と考えています。
「試合」とは「練習」であり、「試合に出さない」のは「選手から上手くなる機会」を奪うこと。

「サッカーが好きな人」が「活躍する機会」は非常に多い。
「公園で行うサッカー」や「部活やサークルのサッカー」等、「活躍出来る場」は多い。

スポンサーリンク

2、チームが好きな人が活躍する機会

「チームが好きな人」とは、「所属チームでサッカーをしたい人」のこと。
「チームが好きな人」は、「活躍する機会」が少ない。

「選手の能力が高い」なら、それなりに「出場機会に恵まれる」が、「これから上手くなる選手」は「出場機会が非常に少ない傾向」にある。
よって、「チームが好きな人」が「活躍する機会」は非常に少ないと判断します。

「出場出来る人数」には限りがあるので、「試合に出ることが出来ない選手」もいるでしょう。
「チームを複数登録する」ことで、「出場選手を増やすこと」は可能ですが、「限られた枠の中」に入る必要があります。

「出場出来ない」可能性が高いなら、「活躍する機会」は自然と減ってしまいます。
「活躍する機会が減る」とは、「上達する機会が減る」のと同じ。
「選手」にとっては、「良い環境とは言えない」でしょう。

「指導者の好き嫌いで出場出来るか」が決まれば、「上手さ」は必要無い。
「指導者の子供」や「指導者の友人の子供」が「謎の連続出場をする」ことは珍しくないかもしれません。
「上手い選手が正当に評価されない環境」では、「上手い選手」も「成長の機会」を奪われます。

「チームが好きな人」が「活躍する機会」は非常に少ない。
「上手くなる」ためには、「少ない枠」を勝ち取る必要がある。
「少ない枠を勝ち取る」には、「試合に出る」必要があります。
「試合に出る」ためにも、「試合に出場」しましょうでは、何も解決しないでしょうね。

スポンサーリンク

3、サッカーが好きな人とチームが好きな人、どちらが活躍するか

「サッカーが好きな人」と「チームが好きな人」、どちらが活躍すると思いますか。
「活躍する」を「試合の出場時間」と考えると、自然と答えが出そうですね。

「サッカーが好きな人」は「活躍する機会」が非常に多く、「チームが好きな人」は「活躍する機会」が非常に少ない。
「活躍する」のは、「サッカーが好きな人」と言えるでしょう。

「活躍する」ことで、「上手く」なります。
「上手くなる」とは、「サッカー選手本人」が「昔の自分よりも能力が向上する」という意味であって、「他の人よりも上手くなったか」ではありません。
「昔の自分」よりも「上手く」なったのなら、「大成功」ですね。

たとえ、「他の選手よりも優れていない」としても、「選手が成長した」のなら、「指導者や周りの人」も喜んで良いでしょう。
「選手が成長出来る環境」を提供するのは難しいので、「成長に協力した皆の功績」です。「本人だけでなく周りの人」も、「胸を張る」といいでしょう。

「サッカーが好きな人」の方が、「活躍する」

スポンサーリンク

4、自分が好きなものを考えよう

「自分が好きなもの」は何か、答えられますか。
「サッカー」が好きなのか、それとも「今のチーム」が好きなのか。

「サッカーが好き」なら、「自分が成長する機会」を増やしてください。
「今のチームが好き」ならば、「チームと一緒にいる時間」を増やしましょう。
「チームと一緒にいる」のが好きなら、「選手として下手」でも問題無いですよね。
「下手なまま」でも、「チームと一緒」ならいいのですから。
「自分が好きなもの」は何か、真剣に考えるといいでしょう。

「サッカーで悩みがある人」は、「自分が好きなもの」は何なのか考えてください。
「今のチームが好き」なら、「サッカーの悩み」ではなく、「人間関係の悩み」になるので、「サッカーおでん」は力になれそうにありません。
もし、「自分の能力に関する悩み」なら、「サッカーおでん」が協力出来るかもしれません。

「悩み」があるなら、「自分の悩み」は何か考えてください。
もし、「サッカー選手として悩んでいる」なら、「別の選択肢を提案」出来ます。
「人間関係の悩み」なら、他の人に助けてもらってください。「人間関係の悩み」は「サッカーおでんの専門外」なので助けることが難しいです。

「自分が好きなもの」は「サッカー」か、それとも「今のチームに所属すること」か。
時間はかかるかもしれませんが、「サッカーボールを触って」いれば答えは見つかるでしょう。

スポンサーリンク

5、自分が続けたいものを続けよう

  • サッカーが好きな人はサッカーを続けよう

「自分が好きなもの」は、「これからも続けたい」ですよね。
「サッカーが好き」なら、「サッカー」を続けてください。
「サッカーを続けたい人」を受け入れてくれる環境は、「選手が考えている以上に多い」です。

もっと「サッカーを楽しみたい」なら、「サッカーを楽しめる環境」を探すといいでしょう。
意外と身近な場所にあるかもしれませんよ。

  • 今のチームが好きな人は同じチームに所属し続けよう

「自分が所属しているチームが好きな人」は、「同じチームの人と一緒にいる」といいでしょう。
「選手としての能力向上」に興味があるなら、「空いた時間」に「自分なりに身体を動かす」といいです。

「チームに所属するだけでは満足出来ない」なら、「選手としての成長」も考えてください。
「選手としても上手くなる」方が、「同じチームの人と一緒にいる時間」が楽しくなるかもしれませんよ。

  • 自分が好きなものを続けよう

サッカーが好きな人
「サッカーが好きな人」は、「自分の能力や年齢」に関係なく「サッカー」を楽しんでください。
「高校を卒業」しても「大学」で、「社会人」になっても「社会人サッカー」を楽しむといいでしょう。

「学校を卒業したあと」も、「サッカーを楽しむ機会」はありますよ。
「自分が好きなサッカー」と、「一生付き合う」といいでしょうね。
「私」も「自分の身体が動く限り」、「サッカー」を楽しもうと思います。

「60歳以上」の人も、「サッカーの試合」を楽しんでいるようです。
自信はありませんが、「80代」もいた気がする。
「70代」は若い方だった気が。

チームが好きな人
「自分が所属しているチームが好きな人」は、「限られた時間」を大切にしてください。
「学生」の場合、「卒業までの時間」を大事する必要があるでしょう。
「限られた時間」で「想い出を増やす」のもいいでしょうね。

スポンサーリンク

6、気付かないだけで他の選択肢もあるかもしれない

「サッカーが好き」で「サッカーの悩み」があるなら、「他の選択肢」も考えてみませんか。
「今のチーム」ではなく「サッカーが好き」なら、「別の環境でサッカーを続ける選択肢」も出てくるでしょう。

「所属しているチーム」が「選手にとって良い環境と言えない」なら、「他の環境」を探すことも考えてください。
「チームを変更すること」で「負担になること」と、「同じチームにいること」で「苦しむこと」を比較して決めるといいです。

「選手や保護者側」は非常に弱い立場です。
「無能な指導者」に「選手と才能」を「潰される」よりは、「別の環境」で「能力を伸ばすこと」を考えた方がいいかもしれません。

「選手や保護者」が考えているほど、「指導者は綺麗な生き物」ではありません。
「子供が悩んでいる」のは、「指導者が原因」かもしれませんよ。

  • 保護者へ

「自分が守りたいもの」は何か。
「子供の笑顔」か、「子供が苦しむ姿」か。
「選手が苦しんでいる」なら、「大人である保護者」が、「他の選択肢を提案する」のもいいかもしれませんよ。

「指導者が原因」なら、「選手がどれだけ努力」しても絶対に解決出来ません。

  • 悩んでいる選手へ

「好きなものを満足するまで味わって生まれる苦しい時間」は問題ありませんが、「指導者が喜ぶために押し付ける苦しい時間」は味わう必要はありません。
「心の中」では、すでに「答え」が出ているのではないですか。

  • サッカーを楽しむ機会を増やすという選択肢

「所属しているチーム」を変更するのが難しいなら、「全く別のチーム」にも所属するのもいいでしょう。
「社会人のチーム」に参加するのもいいですよ。

「大人と一緒にサッカーを行う」ことで、「一気に上達」します。
「自分よりも能力が優れている相手(子供対大人等)」と戦うことで、「成長も早く」なります。

「追加で所属するチーム」を探すときは、「理解のある大人のチーム」がいいでしょう。
出来れば「子供時代に出場機会に恵まれずに悩んだ経験のある大人がいるチーム」が好ましいです。

「サッカーチーム」だけでなく、「フットサルチーム」もいいでしょうね。
「保護者もチームに参加」して、「我が子と一緒に楽しむ」のも「素敵な想い出」になりますよ。
「一番近い場所」で、「我が子の成長」を感じるのもいいでしょう。

「保護者が参加するとき」は、「バスタオル」を準備してください。
「涙」も拭かないといけませんから。

「小さい身体」で背負っているのは、「ランドセルだけでは無い」のですよね。


  • 2017年2月10日。初期組
  • 最新版です。

日の丸サッカーおでんを順番に読む

スポンサーリンク

日の丸サッカーおでん



  • ここから「サッカーおでん」

サッカーおでん

  • ここまで「サッカーおでん」

最新情報は「サッカーおでん」でご確認ください。

スポンサーリンク

ご感想やご意見等の入力欄一時停止中(送信出来ないので停止中)

名前: 

文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い

ご感想やご意見等

「日の丸サッカーおでん」からの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信出来ない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。

「日の丸サッカーおでん」誕生


更新するファイルを間違え、タイムスリップしていたかも。
最終確認、2018年10月23日

「日の丸サッカーおでん」誕生。
サイトマップを申請しないと。

  • 自己紹介
  • はじめまして、「日の丸サッカーおでん」の「日陰の太陽」です。一緒に「サッカー」を楽しみませんか。
  • 詳しい自己紹介へ
  • サイトの紹介
  • 「日の丸サッカーおでん」は「日本代表と日本人選手」を応援しています。 「サッカーおでん(本家)」もありますよ。
  • 詳しいサイト紹介へ

日の丸サッカーおでんメニュー


Copyright © 2017 socceroden All Rights Reserved.