何かあったときに表示します。

下手で無能な指導者が選手と才能を潰す

  1. TOP
  2. 心のお手入れ
  3. 下手で無能な指導者が選手と才能を潰す
  • 目的
  • 下手で無能な指導者から自分の才能を守る方法を知る
  • 理由
  • 下手で無能な指導者から選手の才能と未来を守るため

1、サッカーが上手い指導者は非常に少ない

「サッカーが上手い指導者」は、非常に少ないです。
「サッカーが上手い」とは、「サッカー選手としての能力が高い」という意味。
「指導者に下手な選手だと認定される」と、「試合に出ることが難しい」ですよね。

「下手」だから「試合」に出ることが出来ないのなら、「下手な人間」は「選手を指導」したらいけないのではないか。

「サッカーおでん」では、「下手な選手ほど試合に出るべきだ」と考えているので、「下手な指導者の存在」を「否定することはありません」
「下手であること」を理由に、「サッカーを取り上げること」は出来ない。
これが、「サッカーおでんの基本的な考え方」です。

「サッカーおでん」は、「下手な人でもサッカーを楽しめる」と考えているので、「サッカーが絶望的に下手な指導者」がいても「問題無い」と考えています。

「自分の思い通りにならない」ことも、「サッカーの楽しさ」であり、「魅力」ですからね。
「サッカーおでんの立場」をはっきりと宣言してからが本番です。

  • 「下手な人の意見」を積極的に受け入れる人は存在するか

「サッカーが下手な人の意見」を、真剣に聞きますか。
「サッカーおでん」は、「相手が上手いかに興味は無い」ので、「下手な人の考え」にも興味を持ちます。
「相手の話は自分に新しい刺激を与えるか」で判断することが多いです。

一般的には、「聞かない」という人が多いのではないでしょうか。

「下手な人の意見は無視していいのか」
「下手な選手」の「望み」を聞く必要はあると思いますか。
「上手くなってから文句を言え」という人もいるでしょう。
「この考え方」は、非常に面白いですよね。

「上手くなってから文句を言え」というのは、「下手糞は黙っとけ」ということ。
「サッカーおでん」は、「下手な人の願いも積極的に叶えよう」という立場です。

  • 「下手糞は黙っとけ」という言葉で泣く人、笑う人

「下手糞は黙っとけ」という考えは、誰を泣かせ、誰を笑わせるのか
「下手糞は黙っとけ」と怒鳴る人は「誰」ですか。
「泣いている人」は「誰」ですか。

「下手糞は黙っとけ」という言葉から連想するのは、「比較的上の立場の人間」と「そうでない人間」でしょうか。
「指導者」が「言う人」で、「選手」が「泣いている人」ですか。
この答えが一般的かもしれませんが、残念ながら「不正解」です。

「下手糞は黙っとけ」と言われて「泣く」のが「指導者」で、「笑う」のが「サッカーおでん(本家も含む)」です。
「サッカーおでん(本家も含む)」が「言う人」で、「指導者」が「泣く人」ですよ。

「正解」出来ましたか。
「サッカーおでん(本家)」を知っている人は、「正解出来た」かもしれませんね。
「サッカーおでん」は、「変なことばかり」言いますからね。

  • 「下手糞な指導者」ほど否定が好き

「サッカーが下手糞な人」ほど、「他者を否定するのが好き」です。
「サッカー指導者」が「一番重症」でしょうね。

「下手な人の願いを叶えてあげよう」と思えるかで、その人の将来が決まります。
「下手な人の願いを叶える」には、「それなりの上手さ」が要求されますからね。

「相手の願いを叶えられるだけの上手さ」が無ければ、「相手を黙らせて誤魔化す」しかありません。
そして、「選手と才能」が「潰れて」いく。

  • サッカーが下手でも試合を経験した方が良い

「サッカーおでん」は「下手な選手ほど試合を経験させるべき」という考えなので、「下手な指導者」にも「成長する機会を与えるべきだ」と言っても不思議ではありませんよね。

「サッカーおでん」は、「サッカーが下手糞な指導者」にも「優しく」接しますよ。
将来「素晴らしい指導者」になるかもしれませんから。

  • 下手な指導者がサッカーから追い出されたら

「下手だから」という理由で、「サッカーが下手糞な指導者」を追放していたら大変です。
「下手だからこそ成長する機会」を与えた方が良いのに、「追放」してしまうと、「下手糞な指導者」が、いつまでも「下手なまま」

「選手」としては、「練習台」になりたくないですが、「指導者も成長」しないといけないですからね。
「指導者と一緒に成長する方法」を考えながら、「上手くなる」といいでしょう。

スポンサーリンク

2、指導者はサッカーが上手な方が好ましい

「指導者」は「色々な選手」に「影響を与える」ので、出来れば「サッカーが上手な方」が良いですよね。
「運良く上手な指導者」に「当たれば」いいのですが、「はずれる」ことが多いでしょう。

「上手くない指導者」だとしても、「自分が工夫する」ことで、十分上手くなれますよ。
「サッカーが上手くなる」ために、「ルール」を覚えましょう。
「ルール」には、「サッカーのルール」だけでなく「指導者のルール」や「自分のルール」もありますよ。

「サッカーのルール」は、「複数ある」と考えてください。
「指導者に合わせて」、使用する「ルール」を変更しましょう。
「自分でサッカーを楽しむ」ときは、「自分のルール」を「採用」します。

「複数のルール」を頭に入れ、「ルールを使い分ける」ことが大事です。
簡単に説明すると、「面倒臭い指導者がへそを曲げない」ように、「指導者の好むルール」を使うということです。
「すぐにへそを曲げる指導者」は多いでしょうからね。「大人をあやす」のは大変だ。

スポンサーリンク

3、下手なのは我慢出来るが無能な指導者は嫌

「無能」だと伝わらないので、「悪影響がある」と表現した方がいいでしょうか。
「悪影響がある」でも少し遠いので、「下手にさせる」にしましょうか。
ここで扱う「無能な指導者」とは、「選手」を「下手にさせる人」のこと。

  • 無能な指導者は選手で実験をする

「無能な指導者」は、「選手」で「実験」をします。
「実験」で「上手くなる」なら良いのですが、「下手になる」から困ったものです。

「指導者の教えを守ること」で「サッカーが下手」になったら最悪ですよね。
「指導者を自由に選べない選手」も多いと思うので、「無能な指導者との付き合い方」を紹介しておきます。

  • 「無能な指導者」との付き合い方

まず、「自分のサッカー」を決めます。
「自分のサッカー」とは、「なりたい自分」ですね。
「遠くからシュートを決める」や、「ドリブルから点を取る」といったものです。
「自分が気持ち良く戦える方法」と考えてください。

「自分のルール」が決まったら、「指導者のルール」を探ります。
「指導者が激怒すること」で「指導者の考え」を予測してください。

「無能な指導者」は「おしゃべり」なので、「弱点」をペラペラ話すでしょう。
「自分が納得出来るか」で考えるのではなく、「指導者のルール」を見つけることに集中します。

「無能な指導者の話」を聞いていれば、比較的短期間で「指導者が考える理想のサッカー」が分かるでしょう。

「指導者のルール」の中に「納得出来た部分」があるなら、「自分のルール」に取り入れましょう。
「全てにおいて納得出来ない」なら、「指導者との付き合いが終わる」まで「一時的に保管」しておきます。
「無能な指導者のルール」が「不要」になったら、さっさと捨ててください。

「サッカーのルール(競技としてのルール)」は、誰が教えても似たような内容になります。
しかし、「自分のルール」に関しては「個人差」があるので気をつけましょう。
「自分のサッカー(ルール)」は大事に保存します。これを失うと「上手くなれない」ので注意。

「無能な指導者のサッカー(ルール)」は、「使用期限が来る」まで持っておきます。
「公共交通機関の切符」みたいなものですね。「それが必要なとき」は残しておき、「もう使わない」なら処分する。
「想い出として残したい」なら、「保存する」といいでしょう。

「自分のルール」と「指導者のルール」は「混ぜない」ようにしてください。
「サッカーのルール」は「サッカーで使うもの」ですね。
「学校の試験」では「サッカーのルール」は使いませんよね。
「足で鉛筆を持つ」のは難しいでしょう。

「サッカー」と「学校の試験」で「使うルール」が異なるように、「楽しいサッカー」と「指導者が強制するサッカー」は「使用するルール」が違います。
状況に合わせて「ルールを使い分けて」ください。

「自分のルール」を少しずつ育てることが大事ですよ。
「他の人のルール」で「魅力的な部分」があれば、「自分のルール」に「追加」しましょう。

「自分のルール」と「指導者のルール」を「別にすること」が、「選手と才能」を「守ること」に繋がります。
「選手の考え」を「尊重出来ない指導者」は、「成長しない」。
「成長しようとしない指導者」には、「選手と才能」を「伸ばすこと」は難しい。

スポンサーリンク

4、自分の指導者は有能か

ここまで、「無能な指導者」について扱いました。
「無能な指導者もいるのか……」で終わるのではなく、「自分の指導者」が「有能」か確認しましょう。
「選手に愛される指導者」は、「まだ指導能力が低い」としても、「将来素晴らしい指導者」になります。

「指導者の話」を素直に聞くのは素晴らしいことですが、「自分の才能を破壊する言葉」まで「受け入れる必要は無い」です。
「指導者が選手を評価する」ように、「選手側も指導者の能力を評価」してください。
「指導者の能力を評価すること」で、「今まで悩んできたこと」が解決することもあります。

「指導者の能力」だと「範囲が広い」ので、「サッカー選手としての能力」にしましょう。
「サッカー選手に求められる能力」とは、「ボールを扱う能力」ですね。
「身体の能力(持久力や瞬発力等)」は今回は考えません。

  • 「指導者の選手としての能力」を評価しよう

「自分を教えている指導者」が「上手いのか」気になりますよね。
「選手を何度も否定してきた指導者」の方が、「実は下手」かもしれませんよ。

「指導者は好き嫌い」で「態度を変えることもある」でしょうから、「上手いのに下手扱いされている選手」も多いかもしれません。

「選手」が思っているほど「指導者」は凄くない。「指導者」が考えているほど「選手」は「下手ではない」

  • 「シュート」と「ドリブル」で判断しよう

「サッカー選手としての能力が高い」かは、「シュート」と「ドリブル」を見れば分かります。
「サッカーがまだ上手でない選手」も、「相手が上手いかどうか」は分かりますよね。

「自分を指導する指導者」は「シュート」が上手か。「ドリブルを自由に行えるか」確認しましょう。
「指導者が下手扱いしている選手」よりも、「指導者はヘッタクソ」かもしれませんよ。

スポンサーリンク

5、指導者は自分の無能さを必死で隠す

「自分の指導者」が「上手か」確認出来ましたか。
「指導者の上手さ」を確認出来ないことはありませんよ。

「指導者がシュートやドリブルをすることが無いから確認出来ない」という人もいるでしょうね。
見なくても大丈夫。「お手本を見せない指導者」は「下手糞」です。

「ボールを蹴るのは楽しい」、「自分の上手さに関係なく試合に出場出来るなら出たい」と思う「選手」は多いでしょう。
「シュート」という「サッカー選手にとっての最高の喜び」を味わおうとしないのは「変」です。

「私」が「指導者」なら、「選手達」を「放置」してでも「シュート」を撃ちますよ。
「選手に指導してくれ」と言われても、「ボールを触るのが楽しいから自分で練習して」と言います。
「指導者になったとしてもボールを触るのは楽しい」のですから。

  • 「指導者がボールを触らない理由」とは

「指導者が選手達の前」で「ボールを触らない」のは、なぜだと思いますか。
「ボールを触ると命を落とすから?」
そんなことはありませんよね。
おそらく、「自分が否定し続けてきた選手達」に、「自分が下手なこと」を知られたくないからでしょう。

「相手との関係が良好」なら、「シュートを失敗」しても問題ありませんよね。
仲が良い相手なら冗談で「下手だな」と言えるでしょう。
「相手との関係」が良ければ、「自分が失敗する姿」を見せても問題ありません。
もし、「相手との関係が悪い」なら、話は違ってきますよね。

  • 選手の目が怖い指導者

「選手」を「恐怖で支配」してきた「指導者」は、「自分が下手なこと」を知られるのを恐れます。

「今まで偉そうに見下してきた」のに、「実は指導者が一番下手だった」となると、「指導者を見る選手の目」が変わりそうですよね。
「怖い指導者」から「下手なのに周りにはうるさい人」になってしまいます。

「選手を恐怖でしか動かせない指導者」ほど、「立場が逆転すること」を恐れるでしょう。
「選手より上にいたい」と思っていても、「選手よりも常に上でいること」は無理ですよね。

  • 「自分が知らないこと」と出会ったら

「指導者側が好むもの」と、「選手達が好むもの」は違います。
「選手の間で流行っているもの」は、「選手の方が詳しい」でしょう。
「選手が好むもの」を「指導者が知らなくても問題ありません」が、「知らないこと」と「出会いたくない指導者」はいるでしょうね。

「知らないこと」を「受け入れようとしない」のは、「成長する気持ちが無い」のと同じです。

普段から色々なものに興味を持っていると、「サッカーも自然と上手」になります。
「自分が既に知っていること」しか興味がないなら、「成長が止まり」ます。

「サッカーのことは全て知っている指導者」なら問題ありませんが、「知らないこと」はあるでしょうからね。
例えば、「足首の固定」や「軸足の位置」という言葉。
この2つの言葉の使い方で、「指導者のサッカー選手としての能力の低さ」が分かります。

「能力の高さ」ではなく、「低さ」としたのは、「悪意があるから」です。
「相手を否定しよう」と思えば、「簡単に出来ます」からね。
「相手を下手扱い」するのは、「非常に簡単」ですよ。

「自分が知らないこと」に「興味を持つ大切さ」が分かりますか。
「指導者」だけでなく、「夫婦」や「親子関係」にも必要ですよ。

スポンサーリンク

6、好きか嫌いかで評価が決まる

もし、「好きか嫌いか」で「評価が決まる」としたら。
「指導者の好き嫌い」で「評価が決まる」なら、「自分の頑張りは何だったのか」と思うかもしれません。
少し悲しい話になるかもしれませんが、落ち込まないでください。

どうしても「下を向いてしまう」なら、「足元にサッカーボール」を置きましょう。
「下を向く時間」も、「サッカーボールとの時間」に変えましょう。
「落ち込む」ときは、「前向きに落ち込んで」ください。

  • 「知らないことに興味を持つことの大切さ」とは

「自分が知らないこと」に「興味を持たない指導者」は「無能」です。
勝手に「無能」だと決めつけます。
「自分が知らないことに興味を持たない指導者」は「選手を成長させる」と思いますか。

周りに溢れる「自分が知らないこと」
「自分が知らないことに興味を持つ意味」が分かりますか。
「自分は指導者ではないから問題無い」と考えるのは間違いですよ。
「人と接する機会がある全ての人」に関係のある話です。

「自分が知らないことは毎日生まれる」
「毎日知らないこと」が生まれていますよね。
「夫婦」や「親子」で説明しましょう。

「昨日は元気だった配偶者」は、「今日も元気」か。
「寝る前は健康そうな顔だった子供」は、「今日も健康」か。
「配偶者や子供」が「熱」を出していないか。
ほら、「毎日知らないこと」が生まれているでしょう。

  • 「知らないことに興味を持たない指導者」が「無能」である理由

さあ、答え合わせです。
「夫婦や親子の話」で、「答え」が分かりましたか。

「指導者が知らないこと」とは、「まだ評価されていない選手の頑張り」です。
「下手扱いされている選手の努力」を知っているでしょうか。
「チーム練習のあとの個人練習」での「頑張り」を知っているでしょうか。
「子供の背中を見てきた保護者」は、「我が子の頑張り」を「涙が出るぐらい」知っているでしょう。

なぜ、「保護者が知っている選手の頑張り」を「指導者」は知らないのか。
それは、「指導者が選手に興味を持っていない」から。

「保護者の関心」は「我が子」に向けられるが、「指導者の目」には「我が子」が映ることは無い。
「過去の頑張り」を知らないと、「評価する機会」が与えられることは無い。
なぜならば、「再確認しなくても選手は下手糞なままだと思っている」から。

「昨日までは特に目立たなかった選手」でも、「急に上達していること」があります。
「子供が成長したか」は、「毎日確認しないと分からないこと」です。

「選手の成長に興味を持っている指導者」は、「選手が成長する機会」を与え続けるでしょう。
「選手が成長しているか評価する時間」も用意するでしょう。
もし、「指導者がサッカーに興味が無い」なら、「評価される機会」すら与え無いでしょう。

「自分の指導者が好きなものは何」か答えられますか。
「サッカーが好き」なのか、「自分が期待している選手が好き」なのか。
しっかりと、答えられますか。

「好き」だから「見る」。「興味がある」から「小さな変化」にも気付くことが出来る。
「興味が無い」と、「大きな変化」にも気付くことは出来ないでしょう。

  • 「無能な指導者」は選手と才能を潰す

「無能な指導者」は、「自分が知らないこと」に興味を持たないでしょう。
「好きなもの」や「好きな人」は、常に意識するかもしれません。
「好きなもの」を見る回数は自然と増えるので、「指導者に気に入られた選手」は「成長する機会」を多すぎるぐらい与えられるでしょう。

「自分」が「成長する機会」を得られなくても、「自分を責めない」でください。
悪いのは「見る目の無い指導者」であって、「評価されない選手」ではありません。
「子供が考えている」ほど、「指導者は立派な生き物では無い」です。
「無能な指導者は好きなものしか見ない」という前提で接するといいでしょう。

  • 「あなたの頑張り」は、サッカーボールとお天道様が知っています

「無能な指導者」に評価されなくても気にしないでください。
「あなたの頑張り」は、「サッカーボールとお天道様」が知っています。

「無能な指導者」に評価されないのは辛いですが、安心してください。
落ち込まずに前を向いていれば、「サッカーボール」が「サッカーの神様」に連絡してくれます。「ここに、凄い選手がいますよ」ってね。

「サッカーボールとお天道様」が見てくれているので、不安になることはありませんよ。
安心してくださいね。もうすぐ、「サッカーの神様」も見に来るでしょうから。

スポンサーリンク

7、指導者は選手の扱いに差をつけるもの

「指導者」は「選手の扱い」に「差」をつけるものです。
「指導者」を「綺麗な生き物」だと考えるよりも、「自分の好き嫌いで差をつけるもの」だと考えてください。
そうすれば、少しは気が楽になるでしょう。

  • 自分が知らないことに興味を持つ指導者は忙しい

「自分が知らないこと」に「興味を持っている指導者」も存在しますよ。
「知らないこと」は毎日生まれるので、「有能な指導者」は非常に忙しいでしょうね。
「特定の選手」だけを観察するだけでも忙しいので、「全ての選手」を見るのは不可能に近いでしょう。

「選手が努力をする」ように、「指導者側も努力」しています。
「努力しているのに能力が足りない指導者」には、優しく接してくださいね。
「有能な指導者」からは、「一つでも多くのこと」を学んでください。
そして、「選手としての能力を一緒に高める」といいでしょう。

  • 有能な指導者の目は2つしかない

「人間の目」は2つしかありません。
2つあっても、左右を同時に見ることは難しいでしょう。
見ることに集中すればするほど、確認出来る内容が少なくなります。
そのため、どうしても見ることが出来ない部分も出てきます。
「能力が足りないだけ」であって、「悪気があるわけではありません」からね。

「頑張っている人」には、「優しく」してくださいね。
「指導者側の能力の伸び」が遅いなら、「自分から見て欲しい」と言うのもいいでしょう。

「知らないことは毎日生まれること」や、「自分の能力が足りずに全てを見ることが出来ないこと」を知っている人は、「自分が見落とした可能性」も考えて、「選手の成長を再び確認する機会」を設けてくれるでしょう。

「自分の能力が足りずに選手の成長を見落としている可能性」に気付ける「指導者」からは、「偉大な選手」が育つはずです。

「見ること」や「知りたいこと」、「観察したい相手」が多いと、忙しくて「選手を否定する時間」が無いかもしれませんね。

スポンサーリンク

8、下手で無能な指導者が選手と才能を潰す

残念ながら「無能な指導者」は存在します。
「下手で無能な指導者が選手と才能を潰す」ことは多いです。
「選手本人の努力不足が原因」なら、「本人の頑張り」で「改善」することが可能ですが、「下手で無能な指導者が原因」なら、「指導者の考えが変わらない限り」、問題が解決することは無いでしょう。

「選手に興味を持つ」には、「非常に多くの時間と情熱」が必要です。
「我が子の変化」に気付かないこともあるのに、「一緒にいる時間が少ない選手」の「成長」に全て気付くのは難しいでしょう。
「情熱を持っている指導者」は、可能な限り「選手の才能を伸ばそうと努力している」はずです。

「サッカーの悩み」があるなら、「解決しない原因」を考えてください。
「選手が努力している」にも関わらず、「全く状況が変わらない」のなら、「指導者が原因」かもしれません。

  • 下手で無能な指導者は自分の感情を優先する

「指導者の好き嫌い」で「判断」されるなら、「選手の努力」では解決出来ません。
所属チームの指導者が「下手で無能」なら、「別の道」を考えた方がいいでしょう。
「下手で無能な指導者の嫌がらせ」で「嫌な思い」をしたときは、「自分の感情を指導者に向けて」ください。

「サッカー」は、「選手に嫌がらせ」をしません。
「自称サッカー指導者」が、「嫌がらせ」を行います。
「サッカー」や「サッカーボール」は、「選手を傷付けることは無い」と覚えておいてくださいね。
「ボールが潰れること」はあっても、「ボールが人を潰すこと」はありません。

「嫌いになる相手」を間違ってはいけません。
「下手で無能な指導者が悪い」のに、「サッカーやサッカーボールを嫌いになってしまう」のは、「サッカーやサッカーボール」が可哀想です。
「嫌う相手」を間違ってはいけませんよ。

「サッカー選手としての能力」を高めたいなら、「サッカーおでん(本家)」を試してください。
「下手で無能な指導者が教えることが出来ない内容を扱っています」(指導者は禁止するがサッカーでは禁止されていないこと)

  • 成長の速さには個人差がある

「成長の速さ」には「個人差」がある。
この考え方が正しいかは、「同じ条件で観察しないと分からない」ですよね。
この考え方に「良い印象を持つ人が多い」かもしれません。

「サッカーおでん(本家を含む)」の考え方は、「成長の早さ」は「呪い(日本人差別)の濃さ」で決まるというものです。
「選手の成長」を「妨害する強烈な悪意」があると、「健全に育つのは難しい」ですよね。

「成長の早さに個人差がある」のではなく、「妨害されない子の方が順調に成長する」のではないか。
もしそうなら、「選手の成長を阻害する邪魔者」を「排除」したら、一気に上手くなるのではないか。

「下手で無能な指導者が選手と才能を潰す」なら、「ヒマで物好きなサッカーおでんが日本人選手の才能を守りましょう」

「サッカーおでん(本家を含む)」は、「日本代表と日本人選手」を応援しています。
「今まで努力してきたのに結果が出せない」なら、「別の方法」を試した方がいいかもしれません。

  • 電池が切れた機械は動かない

「電池が切れた機械は動かない」
「機械を動かしたい」とき、「2つの選択肢」がありますね。
1つ目は、「電池を充電(交換)する」
2つ目は、「正常に動く機械に変える」

「機械の電池」は「簡単に充電(交換)出来ます」が、「指導者の情熱」は「充電」が難しい。
「故障した機械」を「何度も動かそう」としても、「動きません」よね。
「修理するための技術を習得する」前に、「学校を卒業する」でしょう。

「何のために努力」をしますか。
「死者を生き返らせる」ためか。それとも、「サッカーが上手くなる」ためか。
「時間は貴重」です。「サッカー選手としての時間」を「大事」に使ってください。

「下手で無能な指導者を成長させる」よりも、「自分を成長させる方」が「価値」がある。
「下手で無能な指導者」のために「自分の貴重な時間を使う」のは、もったいない。

「下手で無能な指導者」が「選手の頑張り」で「まとも」になるなら、とっくの前に「優秀な指導者」になっています。

「サッカーの試合」では、「何かを捨てること」もあるでしょう。
「サイド(外側)の守備」を捨てて、「中央の守り」を固めることもありますよね。
「自分が不利な状況」でも、「より生き残ることが出来る選択肢」を選ばないといけないこともあります。
「サッカー選手」には、「生き残るため」に「何かを捨てる判断力」も必要です。

「私」なら、「サッカー」を残し、「下手で無能な指導者」を捨てます。

「上手いかどうか」は、「好きか嫌いか」で決まる。
「好き」なら「上手い」、「嫌い」なら「下手」
「嫌う」のと「下手認定」するのに、「能力は必要無い」
ただ「嫌えば良い」のだから。

「うまいのはペレだけ。あとは同じ」という言葉を借りれば、「ペレ選手以外」は「下手」となります。
「下手な選手」なのに「試合に出場出来る人」と「そうでない人」がいる。
「同じ下手」でも、「下手で無能な指導者に好かれている選手」は、「試合に出る」でしょうね。

「下手で無能な指導者の否定的な言葉等」は、気にしないでくださいね。「ありがたがるもの」ではありませんよ。

「うまいのはペレだけ。あとは同じ」
「うまいのはペレだけ。あとは同じ」上手くなるための機会を与えよう


  • 2017年2月10日。初期組
  • 最新版です。

日の丸サッカーおでんを順番に読む

スポンサーリンク

日の丸サッカーおでん



  • ここから「サッカーおでん」

サッカーおでん

  • ここまで「サッカーおでん」

最新情報は「サッカーおでん」でご確認ください。

スポンサーリンク

ご感想やご意見等の入力欄一時停止中(送信出来ないので停止中)

名前: 

文章の長さ: 少し短い 短い ちょうどいい 少し長い とても長い

ご感想やご意見等

「日の丸サッカーおでん」からの返信を希望の方は、受信メールの設定等の確認をお願いします。メールを送信出来ない場合もあります。

エラー等で感想を送信出来ない場合はお問い合わせを、ご利用ください。

「日の丸サッカーおでん」誕生


更新するファイルを間違え、タイムスリップしていたかも。
最終確認、2018年10月23日

「日の丸サッカーおでん」誕生。
サイトマップを申請しないと。

  • 自己紹介
  • はじめまして、「日の丸サッカーおでん」の「日陰の太陽」です。一緒に「サッカー」を楽しみませんか。
  • 詳しい自己紹介へ
  • サイトの紹介
  • 「日の丸サッカーおでん」は「日本代表と日本人選手」を応援しています。 「サッカーおでん(本家)」もありますよ。
  • 詳しいサイト紹介へ

日の丸サッカーおでんメニュー


Copyright © 2017 socceroden All Rights Reserved.